赤ちゃんの日焼け止めは紫外線吸収剤不使用がおすすめ!紫外線散乱剤との違いは?

紫外線が降り注ぐ晴れた日

赤ちゃんに日焼け止めが必要なことは、今や広く周知されています。一方で、赤ちゃん用の日焼け止めは様々な種類が販売されていて、何を基準に選べば良いのか分からないですよね。そもそも、なぜ大人用の日焼け止めを赤ちゃんに使ってはいけないのでしょうか?そんな疑問を抱いているママも多いはず。今回は、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ時に気をつけたい「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」ついてご紹介します。赤ちゃんにおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めもピックアップしました。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

赤ちゃん用日焼け止めの成分表示

1.紫外線吸収剤

「紫外線吸収剤」という名前だけを聞くと、「紫外線を吸収する成分?」というイメージを抱きますよね。ドラッグストアで販売されている、大人向けの日焼け止めの大半にこの紫外線吸収剤が使われています。

紫外線吸収剤は、日焼け止めの化合物自体が紫外線のエネルギーを一度吸収し、熱エネルギーに変えて放出する「化学反応」によって、皮膚に紫外線が届くのを防いでくれいます。

白浮きしにくくクリームの伸びがよいのがメリット。日焼け止めを特有の塗ったあとの肌がきしむ感じを極力抑えてくれます。

また、例えばSPF50、PA++++といった、SPFやPAの値が高い日焼け止めに使われていることが多く、紫外線カット効果が長続きするのも紫外線吸収剤の特徴です。

日焼け止めに使われている紫外線吸収剤には、以下のような成分があります。

  • ジエチルアミノヒドロキシンベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • オクトクリレン
  • t-ブチルメトキシベンゾイルメタン
  • オキシベンゾン-4
  • オキシベンゾン-9
  • サリチル酸オクチル
  • ホモサレート
  • ポリシリコン―15

2.紫外線散乱剤

一般的な日焼け止めは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方を組み合わせてUVカット効果を高めていますが、赤ちゃん用や敏感肌用の日焼け止めには紫外線散乱剤のみを使用しているものも。

紫外線散乱剤として使われる、酸化チタンや酸化亜鉛の粉末が紫外線を反射し、紫外線が皮膚へ届くのを物理的に防いでくれます。

原料となる成分には自然由来のものが多く、紫外線吸収剤に比べて赤ちゃんのお肌に対する刺激が少ないため、安心して使うことができます。

一方でお肌への負担が少ない代わりに、白浮きしやすい、持続性があまりなく汗などで流れやすいなどのデメリットが。こまめに塗り直すことが必要です。

紫外線散乱剤には、以下のような成分があります。

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛

なお、酸化チタンはUV-Bをより防ぎ、酸化亜鉛はUV-Aをより防いでくれます。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の特徴と違い

紫外線吸収剤 紫外線散乱剤
・化合物自体が紫外線を吸収し皮膚へ紫外線が届くのを防ぐ
・白浮きしにくい
・まれにかぶれる人がいる
・粉末が紫外線を反射し皮膚へ紫外線が届くのを防ぐ
・白浮きしやすい

赤ちゃんには紫外線吸収剤不使用の日焼け止めがおすすめ

赤ちゃん 日焼け止め 紫外線吸収剤不使用

デリケート肌の赤ちゃんには、紫外線吸収剤よりも紫外線散乱剤を使った日焼け止めがおすすめです。

紫外線吸収剤入りの日焼け止めが、いくらUVカット効果が高く、使い心地がよくても、赤ちゃんの肌に負担がかかってしまっては元も子もありません。

紫外線吸収剤をおすすめしない理由

紫外線吸収剤が配合された日焼け止めは、UVカット効果が長続きする、白浮きしにくい、肌がきしみにくい、テクスチャの伸びがよい、などのメリットがある反面で、化学成分を配合しているため、まれにアレルギー反応を起こし、かぶれてしまう人がいます。

紫外線吸収剤の効果や使いやすさから、使用者の評判や口コミ評価が高いものが多いですが、肌への負担が大きくなるため、赤ちゃんへの使用には注意が必要です。

また、紫外線吸収剤を使用した日焼け止めには、他の添加成分や化学成分が含まれていることが多いです。

紫外線散乱剤がおすすめな理由

一方で、紫外線吸収剤が不使用、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めは「ノンケミカル」ともいわれ、赤ちゃんの肌への負担を極力減らしています。

紫外線散乱剤配合の日焼け止めは、成分のやさしさにこだわっており、無添加、オーガニック成分配合といったものが多いです。

中には新生児から使用できるほどやさしい成分でつくっている日焼け止めも。

ただし、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めであっても、赤ちゃんの肌質によって合う・合わないがあります。

使用前には、二の腕の裏側など肌のやわらかい箇所で、パッチテストをおこなってから使うようにすると安心です。

紫外線吸収剤をカプセルに包んだ日焼け止めが増えている

最近では、紫外線吸収剤を使用しつつも、成分が直接肌に触れないように、カプセルやパウダーに閉じ込める技術を採用している日焼け止めが増えています。

赤ちゃんの日焼け止め紫外線吸収剤不使用のおすすめ商品は?

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

●容量:80ml
●税込価格:2,538円 ※お得な定期便あり
●SPF/PA:SPF15 PA++

Amazonや楽天ランキングでNo.1も獲得している人気のアロベビー。

紫外線吸収剤不使用なのはもちろん、天然由来成分100%処方で新生児から使用OK。

さらには、虫除け効果もあるので、1本で夏のアウトドア対策ができます。虫除けといっても、赤ちゃんには負担となるディートは不使用で安心して使えます。

紫外線吸収剤不使用なのに白浮きしにくく、ママとの兼用もおすすめです。

ミストタイプで動き回る赤ちゃんに塗りやすく、お湯だけで落とせる使いやすさもおすすめポイント。

肌へのやさしさを一番に考慮されている日焼け止めのため、SPF15とUVカット効果の持続時間は短めです。想定持続時間は5時間程度となるため、効果的に使うためには2~3時間おきにこまめに塗り直すことをおすすめします。

アロベビーUV&アウトドアミストのバナー

ユースキンS UVミルク

ユースキンS UVミルク

出典:www.amazon.co.jp

●容量:40g
●税込価格:オープン価格
●SPF/PA:SPF25 PA++

ユースキン製薬会社による子供用・敏感肌用の日焼け止め。ミッフィのパッケージも人気の理由です。

紫外線吸収剤不使用、アルコールフリー、無香料、無着色、弱酸性と、肌に低刺激の成分で処方されています。

専用クレンジングは不要で、普段使っているソープで落とせます。

使い方によっては白浮きしやすいため、少しずつ塗り伸ばすのがポイントです。

また、40gの小容量に少し物足りなさを感じるかもしれませんが、持ち運びのしやすさ、使い切りたい人にぴったり。1,000円前後の価格で買えるのでプチプラ派におすすめの日焼け止めです。

MAMA BUTTER(ママバター) UVケアミルク アロマイン

ママバター UVケアミルク アロマイン

出典:www.bxe.co.jp

●容量:60ml
●税込価格:1,944円
●SPF/PA: SPF30 PA+++

天然保湿成分のシアバターを配合したママバターの日焼け止めは、紫外線吸収剤不使用でUV-Aもカットします。

虫が嫌がるローズマリーやユーカリなど、5種類のエッセンシャルオイルをブレンドした天然アロマの香りで、公園やアウトドアシーンに役立つ1本。

乳液タイプなので伸びがよく、動き回る赤ちゃんにも簡単に塗れますよ。

みずみずしいテクスチャーでベタつかず、白浮きもしないサラッとした使い心地。赤ちゃんはもちろん、ママの化粧下地としてもおすすめの日焼け止めです。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めを徹底比較!赤ちゃん日焼け止め比較総合11選

赤ちゃんの日焼け止め選びに紫外線吸収剤と紫外線散乱剤について知ろう

赤ちゃん

日焼け止めに使われる紫外線カット剤には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、デリケートな赤ちゃんには紫外線吸収剤不使用の日焼け止めがおすすめです。

大切な赤ちゃんのお肌に使うものだから、安心で安全のこだわりのものを使いたいと思うのがママ心。

日焼け止めを選ぶ際には、紫外線吸収剤不使用かどうかを確認することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加