赤ちゃんの日焼け止めは保湿力の高さで選ぼう!保湿が魅力のおすすめ7選!

赤ちゃんの薄くデリケートな肌を紫外線から守るためには、日焼け止めが欠かせません。しかし、赤ちゃんは乾燥しやすく、特に夏は日差しの下で肌の水分が失われがち。紫外線対策をしながら保湿もできる日焼け止めがおすすめです。今回は、保湿をしながらUVケアもできる、赤ちゃんにおすすめの日焼け止めをご紹介します!

赤ちゃんの日焼け止めは保湿力にも注目しよう

赤ちゃんの脚に保湿力の高い日焼け止めを塗っている様子

オゾン層の破壊によって、昨今の紫外線量はますます強くなり、より一層の赤ちゃんのUV対策が重要視されています。

皮膚がとても薄い赤ちゃんは、紫外線による悪影響を受けやすい状態です。

そのため、赤ちゃんにも日焼け止めを塗り、紫外線による水ぶくれや熱の症状、さらに将来の皮膚がんや白内障を引き起こす可能性を防ぎましょう。

しかし、赤ちゃんは肌のバリア機能が整っていないため、照り付ける太陽や外気によって肌の水分が奪われたり、日焼け止めの刺激で乾燥したりします。

赤ちゃんの日焼け止めは、肌への優しさはもちろんですが、保湿力の高さにも注目してみましょう。

天然由来やオーガニックの保湿成分が配合された日焼け止めは、保湿力が高く、赤ちゃんの肌にも優しい処方ですよ。

保湿力が高い赤ちゃんの日焼け止め!おすすめ7選

1.アロベビー UVモイストミルク

アロベビー UVモイストミルク
出典:www.alo-organic.com

≪アロベビー UVモイストミルクの商品詳細≫
●容量:60g
●税抜価格:2,400円
●SPF/PA:SPF15/PA++
●紫外線吸収剤:不使用
●主な保湿成分:シアバター、ホホバオイル、オリーブオイル、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、アロエベラ液汁、バオバブオイル

「赤ちゃんの日焼け止め」として人気の高いアロベビー。99%以上の天然由来成分、国産、オーガニック認証機関「エコサート」認証基準でつくられているなど、赤ちゃんへの優しさにこだわっています。

日焼け止めと虫除けが1本になったUV&アウトドアミストが一番人気の商品ですが、保湿力の高さで選ぶのであればUVモイストミルクがおすすめです。

「保湿力にこだわりたい」「赤ちゃんがとても乾燥しやすい」場合におすすめの日焼け止めです。

シアバター、ホホバオイル、バオバブオイルなどの保湿成分をたっぷり配合。一般的な日焼け止めよりもしっとりうるいおい、乾燥しにくくなっています。

さらに保湿成分の配合、クリームタイプからミルクタイプに変更したことで、伸びのよいテクスチャーとなり、従来品で挙げられていた「白浮き」問題を解消。

生まれたばかりの新生児から使用可能で、お湯で洗い流せます。

アロベビー UVモイストミルクのおすすめポイント

生まれたばかりの新生児から使えるほど肌に優しく、保湿成分をこれほどまでにたっぷり配合した日焼け止めは、アロベビーだけでしょう。

赤ちゃんの乾燥肌や、肌荒れが気になる場合は、こちらの日焼け止めがおすすめ。日焼け止めの保湿力よりも、虫除けとの兼用を重視するのであれば、アロベビー UV&アウトドアミストアウトドアミストを選んで。

2.パックスベビー UVクリーム

パックスベビー UVクリーム
出典: www.taiyo-service.co.jp

≪パックスベビー UVクリームの商品詳細≫
●容量:30g
●税込価格:648円
●SPF/PA:SPF17/PA+
●紫外線吸収剤:不使用
●主な保湿成分:マカデミアナッツ油、ホホバオイル、カミツレエキス

太陽油脂のベビースキンケアライン・パックスベビーの日焼け止め。赤ちゃんに安心して使える優しさが特徴です。

日焼け止めの保湿成分には、マカデミアナッツ油、カミツレエキス、ホホバオイルを配合。赤ちゃんの肌を乾燥から守ります。

紫外線吸収剤を使用せず、伸びのよいクリームタイプの日焼け止めです。さらに無香料、無着色。

石けんで簡単に洗い落とせる点も、赤ちゃんに優しいおすすめポイントです。

しかし容量は少ない日焼け止めなので、持ち運びとして利用するのがよいでしょう。

パックスベビー UVクリームのおすすめポイント

皮膚への浸透力、保湿に優れているマカデミアナッツ油。人間の皮脂にも含まれる脂肪酸「パルミトオレイン酸」が20%も含まれています。

3.ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト
出典:www.amazon.co.jp

≪ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクトの商品詳細≫
●容量:50ml
●税込価格:2,484円
●SPF/PA:SPF38/PA++
●紫外線吸収剤:不使用
●主な保湿成分:スクワラン、グリセリン、オリーブオイル、ホホバオイル、エーデルワイスエキス、サンシキスミレエキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、アロエベラ液汁

世界中でもファンの多いオーガニックブランド・ヴェレダの日焼け止め。天然由来100%、オーガニック認証機関「ネイトゥルー」取得済みです。

エーデルワイスやアロエベラ、カレンドラなどの植物由来の保湿成分によって、赤ちゃんの肌にうるおいを与え続けます。

紫外線吸収剤、合成保存料、合成香料、鉱物油不使用のため、赤ちゃんにも安心して使用できますよ。

また、日本人向けに開発されています。白浮きしにくく、ママの化粧下地としてもおすすめ。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクトのおすすめポイント

生後1ヶ月の赤ちゃんから使える肌への優しさが魅力。ナノ粒子も含まれていません。敏感肌の人にもおすすめです。親子で使用できる日焼け止めですよ。

4.For fam(フォーファム) アウトドアUVミルク

フォーファム アウトドアUVミルク
出典:www.amazon.co.jp

≪For fam(フォーファム) アウトドアUVミルクの商品詳細≫
●容量:80g
●税込価格:2,700円
●SPF/PA:SPF30/PA+++
●紫外線吸収剤:不使用
●主な保湿成分:セラミド、ヒアルロン酸Na、ヨーグルト液、アルガンオイル、スクワラン、オリーブオイル、ヒマワリ種子オイル、コメヌカオイル

フォーファムの日焼け止めは、日焼け止め・虫除け対策・保湿ケアの3役をこなす優秀アイテム。

6種類のセラミドを中心に保湿成分を贅沢に配合し、日焼け止めにありがちな乾燥を防ぎます。

さらに、肌の柔軟性や保湿力に優れた5種類の植物由来オイルや、14種類の植物エキスを配合。

紫外線吸収剤、旧表示指定成分、鉱物油、石油系界面活性剤など9つのフリーで、抜群の赤ちゃんへの優しさ。

ウォータープルーフの日焼け止めでありながらお湯で落とせます。お出かけのときに重宝する日焼け止めです。

For fam(フォーファム) アウトドアUVミルクのおすすめポイント

贅沢な保湿成分が魅力。さらに汗や水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めです。家族で使える点もうれしいですね。

5.ピジョン UVベビーローション(ももの葉)

ピジョン UVベビーローション(ももの葉)
出典:www.pigeon.co.jp

≪ピジョン UVベビーローション(ももの葉)の商品詳細≫
●容量:25g
●参考価格:748円
●SPF/PA:SPF20/PA++
●紫外線吸収剤:不使用
●主な保湿成分:ヒアルロン酸Na、ももの葉エキス

さまざまな赤ちゃん用品を展開するピジョンの日焼け止めは、ロールオンタイプ。

お出かけ先でも塗り直しがしやすく、透明なので白浮きもしません。

保湿成分には、ももの葉エキスを配合。キメを整えて、しっとり肌にうるおいを与えます。

プチプラ派にうれしいお求めやすい価格。いつも使うバッグに忍ばせる日焼け止めとしておすすめです。

ピジョン UVベビーローション(ももの葉)のおすすめポイント

動き回る赤ちゃんにも塗りやすいロールオンタイプ。新生児の赤ちゃんから使用できるのもおすすめポイントです。

6.アトピタ 保湿UVクリーム

アトピタ 保湿UVクリーム
出典:www.amazon.co.jp

≪アトピタ 保湿UVクリームの商品詳細≫
●容量:90g
●税込価格:918円
●SPF/PA:SPF29/PA++
●紫外線吸収剤:不使用
●主な保湿成分:スクワラン、ヨモギエキス

敏感肌の赤ちゃんを持つママから長年支持されているアトピタの日焼け止め。天然ヨモギエキスを配合しています。

ウォーターベース処方のみずみずしいテクスチャで、赤ちゃんの肌にスッと伸ばしやすいですよ。

うるおいを補給する「ラノリン脂肪酸コレステリル」が、赤ちゃんの角質層にまで水分を補給し蓄えて、肌荒れを防ぎます。

プチプラ価格でありながら、紫外線吸収剤、鉱物油、香料、着色料などを使用していない、赤ちゃんの肌に優しい低刺激性です。

アトピタ 保湿UVクリームのおすすめポイント

赤ちゃんの肌に優しい石けんで落とせる6つのフリー。強力な紫外線から肌を守るのであれば「SPF50 PA++++」タイプがおすすめ。

7.ママバター UVケアクリーム 無香料

ママバター UVケアクリーム 無香料
出典:www.amazon.co.jp

≪ママバター UVケアクリーム 無香料の商品詳細≫
●容量:45g
●税込価格:1,296円
●SPF/PA:SPF25/PA++
●紫外線吸収剤:不使用
●主な保湿成分:シアバター、グリセリン

ママバターの日焼け止めは、天然保湿成分のシアバターを配合し、冷暖房による乾燥も予防。

クリームタイプの日焼け止めなので、しっとり肌を保湿し、肌のうるおいと、紫外線対策を同時におこないます。

新生児の赤ちゃんから安心して使えるように、紫外線吸収剤、鉱物油、シリコン、合成香料、合成着色料、パラベンフリーです。

肌をワントーン明るく見せてくれるので、ママの化粧下地としてもおすすめですよ。

ママバター UVケアクリーム 無香料のおすすめポイント

高保湿成分のシアバターを配合。しっかり保湿をする場合は、こちらの日焼け止めがおすすめ。塗りやすさで選ぶのなら、ママバター UVケアミルがよいでしょう。

赤ちゃんの日焼け止めは保湿力が高いものを選んでみよう

鼻先と両頬に日焼け止めを塗り置きこちらを見る抱っこをされた赤ちゃん

春夏はもちろんのこと、近年は、秋冬の紫外線対策の必要性も叫ばれています。

赤ちゃんが日焼け止めを塗ると肌が乾燥してしまうのは、もともとの肌のバリア機能の影響もありますが、保湿力の高い日焼け止めを塗るのも、乾燥を防ぐ1つの方法でしょう。

今回ご紹介した日焼け止めを参考にして、すぐ乾燥してしまう赤ちゃんにぴったりの商品を見つけてくださいね。

当サイトでは、当記事でご紹介した商品以外にも、赤ちゃんの日焼け止め比較総合11選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加