大人用の日焼け止めを赤ちゃんに使うのは危険?

大人よりもずっと繊細な赤ちゃんのお肌は、紫外線の影響をすごく受けやすいので、できれば日焼け対策は新生児からしておくのが大切。ただ大人用の日焼け止めを赤ちゃんに使うのは基本的にNG。大人用の日焼け止めはなぜ赤ちゃんに使わない方が良いのでしょうか?赤ちゃんに赤ちゃん用の日焼け止めを使った方が良い理由をしっかり理解して、赤ちゃんの日焼け止めは正しく選びましょう。

赤ちゃんの肌は傷つきやすい!日焼け止めで紫外線対策

晴天の空

一昔前まで、日焼けは健康な子供の証とされていました。しかし、近年の研究では、紫外線の影響は身体にとって毒になることの方が大きいとされています。

もちろん、太陽の光を浴びることで体内でのビタミンDを生成したり、殺菌消毒効果があるという良い面もあるので、太陽光を浴びるのはゼロの方がいいというわけではありません。

しかし、美容という観点では紫外線は肌に悪影響をもたらすことから、赤ちゃんから大人まで紫外線対策は必須です。

また、生まれたばかりの赤ちゃんと大人では、皮膚の薄さや肌の強さが全く異なるので紫外線対策は基本的に異なります。赤ちゃんの皮膚は大人の半分から1/3程度の厚さしかありません。

このようなデリケートな肌ゆえに、赤ちゃんの肌は傷つきやすく、トラブルが起こりやすいのです。

外部の刺激から肌を守り、肌の内側からの水分蒸散を防ぐバリア機能も弱いため、幼い赤ちゃんほど入念な紫外線対策が必要になります。

紫外線対策として一番手軽な方法は、日焼け止めです。急な外出時に赤ちゃん用の日焼け止めを持っていなければ、つい「大人用でもいいかな」と思ってしまうかもしれません。

しかし、できれば赤ちゃんに大人用の日焼け止めを使うのは、辞めておきましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めと、大人用の日焼け止めには成分に大きな違いがあります。

うっかり大人用の日焼け止めを赤ちゃんに使ってしまうと肌トラブルを招きかねないので注意が必要です。

大人用の日焼け止めに含まれる成分

日焼け止め UV

○シリコーン系合成ポリマー

大人用の日焼け止めは洗顔だけでは落ちず、メイク落としや専用のクレンジング剤が必要なものが多いですが、これは大人用の日焼け止めに強力な合成ポリマーが配合されているからです。

メチコン・ジメチコン・シクロメチコンなどという表示がされているシリコーン系の合成ポリマーは、撥水性を持つ強力な皮膜剤で、他の油脂と混ざりにくいのが特徴です。

  • メリット:崩れにくい
  • デメリット:クレンジング剤が肌のバリア機能を破壊し、うるおい成分を失うことで老化の原因になる

○紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線を一旦吸収して熱エネルギーに変換して放出させる成分です。

紫外線吸収剤が配合されていると、肌が紫外線を吸収してしまうわけではなく、吸収剤自体が紫外線を吸収するため紫外線は肌に届かず、吸収剤も肌には浸透しません。

SPF値の高い日焼け止めの多くに使われている成分です。

紫外線を防ぐ力は強いですが、これは肌の上で化学反応が起きていることなので、お肌(皮膚)への負担は大きくなります。

  • メリット:SPF値が高い、サラサラで塗布しやすく白浮きしにくい
  • デメリット:肌への負担が大きい

日焼け止め 紫外線吸収剤 紫外線散乱剤

○紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線を反射させて皮膚を防御する成分です。

「微粒子酸化チタン・酸化亜鉛」などがよく用いられていて、紫外線散乱剤が配合されている日焼け止めは、紫外線吸収剤配合の日焼け止めよりも肌への負担が少ないと言われています。

赤ちゃん用の日焼け止めでも配合されているものは多いです。

  • メリット:肌への刺激が少ない
  • デメリット:質感重め、白浮きしやすい、汗に弱いため塗りなおしが必要

赤ちゃんには赤ちゃん用の日焼け止めを使おう

赤ちゃん 背中 日焼け止め

紫外線吸収剤が入っている日焼け止めは大人の肌でも、肌荒れやかぶれを引き起こすことがあります。

そのため、紫外線カット効果を求めすぎて、SPF数値の高さだけに注目するのは危険です。

SPFはよほどの場合でない限り、SPF30以下で十分に足りるため、最近では、紫外線吸収剤フリーの日焼け止めやノンケミカル(散乱剤のみ)天然成分100%の日焼け止めが注目されています。

日焼け止め 紫外線吸収剤 紫外線散乱剤

大人でも肌が荒れることのあるような強い日焼け止めなどは、赤ちゃんのお肌には大人よりもっと刺激が強くなるので、避けたほうが無難です。

赤ちゃん用の日焼け止めでも製品によっては紫外線吸収剤が入っている場合はあるので、天然由来の成分をほとんど使用していないという日焼け止めもあります。

赤ちゃんには、天然由来の成分を使用しているオーガニック日焼け止めがおすすめです。

赤ちゃんの繊細な肌に負担をかけることなく、紫外線から守ってくれます。

そして、毎日使う日焼け止めはお湯や石けんで簡単に落とせるものがおすすめです。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加