紫外線を浴びると赤ちゃんにどんな影響がある?日焼け止めは必要?

紫外線による日焼けは、赤く炎症したり発疹が出たりするだけではなく、将来の肌の健康にも影響が出ます。そのため、紫外線対策は赤ちゃんのときから始めましょう!今回は、紫外線が赤ちゃんに及ぼす影響と対策方法、そして日焼け止めの選び方をご紹介します。

赤ちゃんに紫外線対策はいつから必要?影響は?

ジリジリと紫外線が強い太陽

赤ちゃんの肌を守るために紫外線対策は必要

オゾン層の破壊が進み、年々強まる紫外線量ですが、デリケートな赤ちゃんの肌は大人の約半分程度しかありません。紫外線などの外的刺激から肌を守るバリア機能も未熟なため悪影響を受けやすく、新生児の頃からしっかりとした紫外線対策が必要となります。

赤ちゃんはデリケート肌なので紫外線の影響を受けやすく、赤ちゃんが日焼けをすると、大人の約2倍の影響が出るといわれています。

赤ちゃんが長時間紫外線を浴びて、首の後ろや手の甲に重度の日焼けを起こし、湿疹やアレルギー反応が出る場合もあるようです。

※関連記事
赤ちゃんは紫外線が原因で湿疹が出る?症状や対策方法とは

大量の紫外線を浴びると、将来の健康に影響が出る

赤ちゃんは敏感肌なので紫外線の影響を受けやすく、日焼けをすると大人の約2倍の影響が出るといわれています。皮膚が赤くなったり、ひどいときは水疱や湿疹が出たりします。

赤ちゃんの頃から多くの紫外線を浴び続けると、皮膚の老化が進み、皮膚のシミやしわ、そばかすが出やすくなります。ほかにも、紫外線による影響は、皮膚がんや白内障の原因にもなるといわれています(※1)。

将来の健康にも影響が出る紫外線。このような影響をできるだけ減らすためにも、赤ちゃんの頃から上手に紫外線対策をおこないましょう。

紫外線はビタミンDを形成するメリットもある

赤ちゃんが過度な紫外線を浴びるのは危険ですが、その一方で、紫外線はカルシウムを吸収するときに必要不可欠な栄養素「ビタミンD」を成形する働きがあります。

ビタミンDが不足すると、赤ちゃんの発育の妨げになったり、骨が変形した「くる病」を発症したりするので注意が必要です。

ビタミンDの合成は、1日10~15分程度、日に当たるだけでも十分量とされているため、適度な赤ちゃんとの外出を楽しんでください(※2)。

赤ちゃんを紫外線から守る対策方法とは?

海の砂場で遊んでいる帽子を被った赤ちゃん2人

対策1.紫外線量の強い時間帯の外出は避ける

日中の10時~15時は紫外線量が多いので、その時間帯の赤ちゃんとの外出は控えましょう。また、気象庁のHPでは「紫外線情報分布図」を毎日発表しているので、紫外線量の確認をしてから赤ちゃんと外出をするのもよいでしょう。

対策2.帽子の着用、ベビーカーに日除けカバーをする

帽子を着用することで、直射日光の紫外線を20%減少させることが可能です。赤ちゃんに被せる帽子は、つばが広く首周りまで保護してくれる帽子を着用しましょう。また、直射日光を避けるためにベビーカーには日除けカバーを付けましょう。アスファルトの照り返しも避けてくれますよ。

対策3.抱っこ紐の移動時には日傘を差す

最近では、晴雨兼用の日傘や紫外線カット率の高い日傘が販売されています。日傘の内側は、アスファルトの照り返しを吸収する黒がよいです。

対策4.日焼け止めを活用する

赤ちゃんにも日焼け止めは必要です。皮膚の厚さが薄く、紫外線ダメージを受けやすい肌を守るためにも、日焼け止めを上手に活用しましょう。できるだけ、新生児からでも使える日焼け止めを選ぶのがよいですよ。

赤ちゃんを紫外線から守る日焼け止めの選び方は?

子供に日焼け止めを塗るママ

赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟なため、日焼け止めを塗って紫外線対策をおこないましょう。赤ちゃんの日焼け止めには、紫外線吸収剤が入っていないものや、肌に負担の少ない天然由来成分を使用したものを選ぶのがおすすめです。

1.紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル処方)日焼け止め

日焼け止めには紫外線防止剤が配合されており、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」に分けられます。

紫外線吸収剤は、伸びがよく白浮きしにくいですが、肌への刺激が強いため、アレルギー反応を起こす人もいます。

その点、紫外線散乱剤は伸びが悪く白浮きしやすいのがデメリットとして挙げられます。しかし、アレルギー反応を起こす人は少ないため、赤ちゃんにも安心して使うことができます。

2.石けんやベビーソープ、お湯で落とせる日焼け止め

耐水性の強い日焼け止めは、専用のクレンジングで落とす必要があるため、肌に負担がかかりやすくなります。赤ちゃんの日焼け止めは、石けんやベビーソープ、またはお湯で落とせるものを選ぶようにしましょう。

3.SPF:15~25程度、PA:+~++程度の日焼け止め

UVB紫外線の防止力を表す「SPF」と、UVA紫外線の防止力を表す「PA」の数値によって、日焼け止めの効果を判断することができます。それぞれの数値が高いほど紫外線をカットしますが、赤ちゃんのお出かけ時には低い数値の日焼け止めで十分。

赤ちゃんの使う日焼け止めの目安として、「SPF」値が15~25程度、「PA」値が+~++程度を選ぶようにしましょう。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めを徹底比較!赤ちゃん日焼け止め比較総合11選

赤ちゃんを紫外線から守るために日焼け対策をしよう

海辺で赤ちゃんを抱っこしているママ

パパやママが子供の頃は「日焼け=元気な証拠」という考えが一般的でしたが、現在は、紫外線による肌への悪影響が判明し、赤ちゃんの日焼け止めが重要視されるようになりました。

赤ちゃんの皮膚はデリケートで、なおかつ外敵刺激に弱いです。帽子や日傘を利用しつつ、日焼け止めを塗って紫外線をカットしましょう。

※1 参考文献:環境省 紫外線環境保健マニュアル2015
※2 参考文献:秋山こどもクリニック 乳幼児のくる病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加