赤ちゃんの紫外線対策、日焼け止めが必要な時期は?

赤ちゃんの肌を紫外線から守る日焼け止め。どのくらいの時期から塗り始めて、いつまで使い続ければいいの?と疑問に思いますよね。国内で観測される紫外線量は増加傾向にあり、今や夏だけでなく1年中日焼け止めを塗ることも一般的です。赤ちゃんの日焼け止めに関しては、肌のデリケートな子供の頃の紫外線対策が将来的な皮膚がんのリスク低下につながると言われています。今回は、紫外線の影響や時期ごとの紫外線量、適切な紫外線対策の方法をご紹介します。

紫外線って何?どうして日焼け止めが必要なの?

シマウマとクエスチョンマーク

紫外線の種類

太陽の光は、波長によって「赤外線」「可視光線」「紫外線」の3つに分けられます。

この3つのうち、最もエネルギーの大きい光が紫外線です。

光のエネルギーが大きいほど、物質に化学変化を起こさせる力も大きくなります。紫外線が日焼けを起こさせるのはこのためです(※1)。

紫外線は波長によって、さらに「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類に分類されます。

UV-A

UV-Aは、3種類のうち、最も光エネルギーが小さい紫外線で、太陽が出ている間は常に存在しています。

大量に浴びると日焼けを引き起こすほか、しわ、たるみなどを誘発し、肌を老化させる原因となります。

UV-B

UV-Bは、オゾン層破壊の影響で増加している紫外線です。

日焼けの原因となるほか、シミ、しわ、皮膚がん、白内障、免疫低下を引き起こすとされています。

UV-A と UV-B は、日焼け止めで防ぐことが可能です。

UV-C

UV-Cは、通常、地上には届かない紫外線です。

一般的には、殺菌灯などに用いられており、光を直視すると目を傷めるなど、大きいエネルギーを持つ紫外線です。

日焼け止めの必要性

赤ちゃんの背中に日焼け止め

人体に害を及ぼすこうした紫外線による影響を抑えるために使うのが「日焼け止め」です。

日焼け止めには「SPF」と「PA」という表示がされています。「SPF」はUV-Bを、「PA」はUV-Aを防ぐ値を示しています。

日焼け止めは、異なる種類の紫外線から肌を守るよう設計されているのです。

季節ごとの紫外量

紫外線の量は、時期によって変化します。

日本では、紫外線は3月~10月頃の時期に多くなります。

真冬以外の時期には、紫外線量に応じて適切なSPF・PAの日焼け止めを塗るなど、日常的な紫外線対策を行うことが望ましいでしょう。

年間を通じての紫外線量の推移(※2)

UVインデックス

天気ごとの紫外線量

紫外線量は、天気や時間帯によっても異なります。

晴れの日と曇りの日では、晴れの日の紫外線量が多いのはもちろんですが、曇りや雨の日でも、晴れの日の30~60%程度の紫外線が観測されています。

天気ごとの紫外線量

快晴時の紫外線量を100%とした場合(※3)

  • 晴れ……………約90%
  • 薄曇り…………約85%
  • 曇り……………約60%
  • 雨………………約30%

太陽が照っている日の紫外線量は10~14時の間で最も多く、その後、徐々に減少していきます。

日差しの強さを感じないと、日焼け止めを塗ることも忘れてしまいがちですが、肌のことを考えると、天候に関わらず紫外線対策を行った方がよいでしょう。

日焼け止めが必要な時期はいつからいつまで

帽子をかぶる赤ちゃん

赤ちゃんの紫外線対策には、可能な限り1年を通して、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を行うことが大切です。

ひと昔前までは「日焼けは健康的」という見方が一般的だったため、「紫外線対策をしなくても大丈夫では?」と考える人も少なくないでしょう。

現在では、将来的な皮膚がんなどの健康リスクを防ぐため、生後1年未満の赤ちゃんには、時期を問わず紫外線対策を行うことが推奨されています(※4)。

長袖長ズボンで日焼けを防ぐほか、日陰を選んで歩く、帽子やベビーカーのシェードを活用する、SPF15程度の日焼け止めを塗るなどの方法が望ましいとされています。

赤ちゃんの日焼け止めは時期を問わずに塗ってOK!

笑顔の赤ちゃん

赤ちゃんに日焼け止めを塗る時期についてご説明しました。

紫外線対策は、時期を問わず年間を通じて行うことで、赤ちゃんの肌を健康に保つことができます。

赤ちゃんの肌はちょっとした刺激で乾燥しやすいので、紫外線カットと保湿が同時にできるものを選ぶと、よりよいコンディションに導くことができるでしょう。

さらに、化学成分を必要以上に含まない日焼け止めや、オーガニック系の日焼け止めを選ぶと、肌に負担なく使い続けることができておすすめです。

当サイトでは、赤ちゃんの日焼け止めを徹底比較!赤ちゃん日焼け止め比較総合11選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

※1 参考文献:国立環境研究所「絵とデータで読む太陽紫外線」

※2 参考文献:気象庁「日最大UVインデックス(観測値)の年間推移グラフ」

※3 参考文献:気象庁「雲と紫外線」

※4 参考文献:WHO「Protecting children from ultraviolet radiation – archived, 11 December 2009」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加