赤ちゃんの日焼け止めの正しい落とし方は?

紫外線から赤ちゃんのお肌を守ってくれる日焼け止め。日焼け止めを塗って紫外線カットをした1日の終わり、お風呂できちんと日焼け止めが落とせていますか?せっかく紫外線の影響を防げても、お肌に残った日焼け止めが原因で赤ちゃんのお肌が荒れては大変。今回は、赤ちゃんの日焼け止めの正しい落とし方をご紹介します。

赤ちゃんの日焼け止めの正しい落とし方

赤ちゃん お風呂

赤ちゃんのお肌は、とても弱くデリケート

もちろん赤ちゃんのお肌はバリア機能も未発達なので、どんなに低刺激で優しい成分の日焼け止めを使っていても、落とし方を間違えていると肌トラブルを招きかねません。

特に、日焼け止めを落としにくい「顔」は、体の中で特に肌荒れをしやすいので、注意が必要です。

赤ちゃんに塗った日焼け止めは1日の終わりにしっかり落として、清潔なお肌を保てるようにしましょう

そのために、ここからご紹介する顔の日焼け止めの正しい落とし方をマスターしてくださいね。

日焼け止めの落とし方

日焼け止め 落とし方

1.濡らしたタオルで軽く拭く

柔らかいタオルをお湯で濡らし、軽く絞って赤ちゃんの顔をポンポンと軽く拭いていきます。

赤ちゃんのお肌に潤いを与えることで、日焼け止めが落ちやすくなります。

ぎゅっと固く絞るのではなく、ある程度の水分を残したタオルで拭いた方が摩擦も少なく、日焼け止めも落ちやすくなるのでおすすめ。

2.よく泡立てたベビーソープで洗う

赤ちゃんの顔に塗った日焼け止めを落とす手順としては、赤ちゃんがいつも使っているベビーソープをよく泡立てて洗いましょう。

赤ちゃんのおでこ両頬鼻の頭に泡をのせていき、クルクルと優しく撫でていくのがベター。

このとき、ベビーソープが目に入らないように注意しましょう。

3.固く絞ったタオルで泡を拭き取る

次に、ガーゼや柔らかいタオルなどをお湯で濡らして固く絞り、赤ちゃんの顔についているベビーソープの泡を優しく拭いて、落ちた日焼け止めを拭き取っていきます。

特に皮膚が薄い目の周りは、ゴシゴシこすらず慎重に拭いてあげてください。

しっかりと泡が落ちて、日焼け止めのニオイがしないぬるぬるしないつっぱっていない状態になるまで、タオルを洗いながら何度か拭き、完全に日焼け止めを落とすようにしましょう。

4.仕上げに保湿ケアをする

日焼け止めがしっかり落とせたら、赤ちゃんの顔をベビー用の保湿クリームや、ベビーオイルでしっかりと保湿しましょう。

腕や足に塗った日焼け止めは、お風呂に入ったときに優しく洗って落とせばOKです。

お風呂では、よく泡立てた泡で丁寧に洗っていけば、赤ちゃんも気持ち良くてご機嫌になりますよ。

クレンジングシートは使ってもOK?

赤ちゃん用の日焼け止めクレンジングシートというものを目にしたことはありますか?

拭き取るだけで簡単に日焼け止めを落とせるので、便利なものではあります。

しかし、赤ちゃんのお肌への刺激という部分では、少し刺激が強いというのが一般的な見解です。

もちろん、赤ちゃん用のクレンジングシートは、成分や刺激に配慮して作られてはいます。

それでも中には、赤ちゃんの貴重なお肌の保湿成分まで奪ってしまい、肌荒れや乾燥の元になってしまうことがあるのです。

しかし、日常的な紫外線を防ぐ程度の日焼け止めを落とすために、しょっちゅう使用するのは、控えた方が良さそう。

長時間の外出や、海などに行く際に効果が強く、落ちにくい日焼け止めを使った時などにクレンジングシートを使ってしっかり落とすなど、必要に応じて上手に使いましょう。

注意

どうしても使用する必要があるときは、あらかたの日焼け止めをシートで拭き取るだけにして、その後は上でご紹介したような「正しい日焼け止めの落とし方」で残りの日焼け止めを落とし、保湿をたっぷり行うように意識してください。

できれば赤ちゃん用でも、クレンジングシートはなるべく使用せずに、日焼け止めを落とすことをおすすめします。

赤ちゃんにおすすめの日焼け止めは?

疑問 ?

水や石けんで落ちやすい日焼け止めがおすすめ

今回ご紹介しているような「正しい日焼け止めの落とし方」を身につけても、そもそもの日焼け止めがとっても落ちにくかったり、何より合成成分を含むようなものでは、日焼け止めの刺激で荒れてしまうかもしれません。

このような点から、まず赤ちゃんの日焼け止めで大切にしたいのは「簡単に洗い流せること」

水やベビーソープで簡単に洗い落とすことができれば、「お風呂に入ったのに、日焼け止めが落ちずに赤ちゃんのお肌が荒れた!」ということにならなくて済みます。

パッケージなどに「お湯で落とせます」と記載されていたり、「石けんやベビーソープ」で落とせますと書いてある日焼け止めなら、比較的安心でしょう。

ノンケミカルや低刺激のものを選ぶ

赤ちゃん日焼け止め アロベビー
出典:www.alo-organic.com

赤ちゃんの日焼け止めには「無香料・無着色・ノンケミカル」というものが多くあります。

ノンケミカルとは、紫外線吸収剤不使用のものを指す場合がほとんどで、最近では赤ちゃん用の日焼け止めはノンケミカルが主流です。

ただ、お肌に優しくする分、紫外線カット効果は大人の日焼け止めほどありません。

さらに落ちやすいものも多いので、できるだけこまめに(目安は1時間に1回程度)塗り直しをする必要があります。

しかし、こうした優しさが赤ちゃんの肌を健やかに守ることに繋がるので、しっかりとケアを続けるように心掛けましょう。

※関連記事
赤ちゃん日焼け止め比較総合10選

赤ちゃんの日焼け止めの落とし方を覚えて肌トラブルを防ごう

タオルと赤ちゃん

今回ご紹介した日焼け止めの落とし方は、お出かけから帰ってすぐ、タオルなどを下に敷いて、赤ちゃんを寝かせたままでも簡単に日焼け止めを落とせます。

紫外線対策もしっかりしたいけど、日焼け止めの成分がお肌に残るのはやっぱり心配なもの。

赤ちゃんの大事なお肌がトラブル知らずの清潔なお肌でいられるように、今回ご紹介した方法を参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加