赤ちゃんの日焼け止めは顔に塗っても大丈夫?日焼け止めは舐めても大丈夫?

春先からの紫外線対策に欠かせない、赤ちゃんの日焼け止め。とはいえ、「赤ちゃんの日焼け止め」というとお肌に負担がかかる気がして、毎日塗るのは少し躊躇してしまいますよね。一番日光が当たりやすい顔となると、洗い方にも工夫が必要です。また、赤ちゃんが顔を触った手を口に入れると、間接的に日焼け止めを食べることにもなるなど、気になる点は少なくありません。今回は、赤ちゃんの日焼け止めに関して、気になるポイントをまとめてみました。

日焼け止め選びに迷うママのイラスト

赤ちゃんの日焼け止めは顔に使っても大丈夫

赤ちゃんの皮膚は、大人の半分ほどの厚みしかありません。毎日の赤ちゃんのお世話を通して、赤ちゃんのお肌のデリケートさを痛感しているママも多いことでしょう。

赤ちゃんのデリケートなお肌には、乾燥を防ぐためのこまめな保湿や、肌に直接触れる物を清潔に保つなど、何かと気を遣います。

特に、赤ちゃんの健康に直結するスキンケアにあたっては、紫外線カットのためとはいえ、日焼け止めを塗ること自体に不安を感じるママも少なくないでしょう。

日焼け止めのイラスト

赤ちゃんの日焼け止めはいつから使う?

子供時代に過剰な紫外線に肌をさらすことは、将来的な皮膚がんのリスクを増加させるとわかっているからです。一方で、皮膚がんの症例のうち5分の4は、適切な紫外線対策によって防ぐことができたという研究結果が出ています(※1)。

子供時代の正しい紫外線対策で、将来の肌の健康を守ってあげることができるのです。

日焼け止めを使った紫外線対策を始める時期としては、一般的に、お散歩の機会が増える生後6カ月以降の赤ちゃんであれば問題ないとされています。

紫外線はお出かけすれば横からも上からも降り注いできます。1番日光にさらされやすい顔の紫外線対策は、特に重要です。

赤ちゃんの顔に日焼け止めを塗った上で、更に帽子を被せてあげるなど、身体の他の部位よりも厳重な紫外線対策をするくらいがちょうどいいと言えるでしょう。

かくれる赤ちゃん

赤ちゃんの紫外線対策!日焼け止めの塗り方は?

赤ちゃんへの日焼け止めの塗り方は、大人と同じでいいの?と疑問に思ったことはありませんか?赤ちゃんの顔は小作りなだけに、うっかり塗り残してしまう部分も。ここでは、赤ちゃんの顔を紫外線からしっかり守る、日焼け止めの塗り方のポイントをご紹介します。

①日焼け止めを塗る前に

まずは日焼け止めの使用期限をチェックしましょう。

防腐剤の含まれている日焼け止めは、時間がたつにつれて防腐剤の効き目が弱まります。開封後1年以内を目安に交換するようにしましょう。

また、防腐剤などを含まない無添加の日焼け止めの場合は、使用期限も短くなります。開封後半年を目安に使うのがおすすめです。

一度開封すると、空中にいる細菌が混入して、容器内の衛生状態に影響します。日焼け止めを使いきるのはなかなか難しいものですが、赤ちゃんのお肌のことを考えて、去年の使い残しなどは塗らないようにしたほうがいいでしょう。

②顔への塗り方のポイント

まず、適量の日焼け止めを手に取ります。量は、500円玉1枚分くらいを目安にしましょう。

額、頬、鼻、あごなどに日焼け止めを置いたら、やさしく塗りのばします。この時、「内から外」に向けて日焼け止めをのばすようにするといいでしょう。

特に皮膚が薄い目の周りは避けながら塗っていきましょう。

③塗り残しやすい部分に注意

髪の生え際、小鼻、耳、首の後ろは、日焼け止めを塗り残しやすい部分です。細かい部分なので塗りにくいですが、指先で丁寧に塗ってあげましょう。

顔以外にも、服から出ている部分には忘れずに日焼け止めを塗ります。鼻や頬など、特に日光の当たりやすい部分には重ね塗りをしてあげるといいですよ。

④日差しが強い日は塗り直しを忘れずに

お天気のいい日の外出では、汗をかいて日焼け止めが落ちてしまうこともあります。赤ちゃんの汗を拭いたら、日焼け止めも随時、塗り直してあげましょう。

日焼け止めを塗った赤ちゃんの顔の洗い方は

赤ちゃんの日焼け止めは、天然成分で出来ていたり、ノンケミカル処方でお肌への刺激が少ないものが主流です。購入する時は成分表示に加え、パッケージに「お湯で落とせます」「石けんやベビーソープで簡単に落とせます」などの表記があることを確認してから買うことをお勧めします。

しかし、日焼け止めを塗ることが赤ちゃんのお肌に負担をかけることも事実。お出かけから帰ったらすぐに、赤ちゃんの顔を洗ってあげるといいでしょう。

洗い方の手順としては、まず赤ちゃんをタオルなどの上に寝かせます。次に、お湯を軽く絞ったタオルでポンポンと赤ちゃんの顔を濡らします。

次に、よく泡立てたベビーソープを額、両頬、鼻の頭、あごに置いてクルクルとマッサージしていきます。お湯で乳化した日焼け止めを泡で巻き取るようなイメージで洗ってあげましょう。

顔全体の日焼け止めが浮いてきたら、柔らかいガーゼなどを絞ってやさしく拭きとります。これを、赤ちゃんの顔がきれいになるまで繰り返しましょう。

たいていの赤ちゃん用日焼け止めは、この手順で落とすことができます。

赤ちゃんの写真

ベビーソープなど、いつもお風呂で使っている石けんが目にしみないものだったり、豪快に洗っても嫌がらない赤ちゃんだったりという場合は、お風呂場に入りながら洗ってしまうのが、最も簡単に日焼け止めを落とせる方法です。

赤ちゃんのお肌がきれいになった後は、たっぷりと保湿することも重要です。

日焼け止めを赤ちゃんが舐めちゃった?!大丈夫?

指しゃぶりをしている赤ちゃん

赤ちゃん用に開発されている日焼け止めは、天然の植物エキスや天然成分を利用して紫外線を防止するタイプが主流です。

赤ちゃん用日焼け止めのほとんどは、低刺激で、赤ちゃんのお肌にも安心な成分を配合しています。中には、「食べても安心」などと宣伝できるレベルの安全な天然成分を使用しているオーガニック日焼け止めもあります。

そういった日焼け止めを選んでいれば、万が一、日焼け止めを塗った手を赤ちゃんが舐めてしまっても大丈夫。安心して使えますね。

※関連記事
赤ちゃんが日焼け止めを誤飲してしまった!もしもの場合の対処法

赤ちゃん用日焼け止めの選び方

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶときは、成分表を確認しましょう。化粧品であれば、成分表示は、商品パッケージやウェブサイトで見つけることができます。その際、紫外線吸収剤や合成界面活性剤、合成ポリマー、シリコンなどが含まれていないものを選ぶといいでしょう。「ノンケミカル処方」「紫外線吸収剤不使用」などと書かれていれば、さらに安心です。

ただし、どんなに優しい成分で作られていても、赤ちゃんによってはアレルギーなどを引き起こすこともあります。使用前には必ずパッチテストを行うようにしてくださいね。

赤ちゃんの顔に塗っても安心の日焼け止め

アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビーUV&アウトドアミスト商品画像
出典:www.alo-organic.com

●容量:80ml
●税込価格:2538円
●SPF・PA:SPF15 PA++

1本で日焼け止めと虫除けの2役をこなす便利アイテム。100%天然由来成分で新生児から使用できます。

ディートや紫外線吸収剤、そのほか刺激となる成分は含まれておらず、赤ちゃんの顔に塗っても大丈夫。

もしも赤ちゃんが日焼け止めを塗った手などを舐めてしまっても問題ない処方でつくられています(ただし、食品物ではないので、食べ物のように食べたり飲んだりしないでください)。

ミストタイプなので、顔に塗る際は、まずママの手に吹きつけてから手指でなじませてあげてください。

アロベビーUV&アウトドアミストのバナー

赤ちゃんの顔に湿疹が出ている時の日焼け止め

湿疹が出ている赤ちゃんの顔

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、少しの刺激で炎症を起こしてしまうこともあります。

ちょっとした炎症から湿疹になることも多いため、日焼け止めを塗る際にも、「湿疹の部分に日焼け止めを塗っても大丈夫?」と心配になるかもしれません。

まず、湿疹が出ているときや、炎症が強い時は、紫外線の影響を受けないように、外出を控えるのがベストです

湿疹の出ている箇所に紫外線が当たると、湿疹の症状が悪化する可能性があります。どうしても外出する必要がある時には、湿疹の薬を塗った上に、日焼け止めを薄く塗りましょう

また、日焼け止め以外の紫外線対策を並行するのもおすすめです。

日焼け止め以外の紫外線対策も活用しよう

ジュクジュク系の湿疹や炎症が出ている場合は、日焼け止め以外の紫外線対策を行いましょう。UVカットの洋服を着せる、帽子を被せる、ベビーカーのひさしを下すなどの紫外線対策は、お肌の負担にはならないのでおすすめです。

また、日差しの強い時間帯(日中10時~15時くらい)を避けて外出するといいでしょう。

赤ちゃん ママ

赤ちゃんの顔に使う日焼け止めは成分をチェック!正しい紫外線対策を

いかがでしたか?今回は、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ際に気になるポイントをご紹介しました。

赤ちゃんの日焼け止めは、顔に塗ったり、万が一舐めてしまう時の事を考えて選びたいもの。そのためにも、商品の成分に注意を払う習慣をつけたいですね

紫外線カット力と赤ちゃんのお肌への負担とのバランスを考えて、赤ちゃんのデリケートなお肌を健やかに保ってあげましょう。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止め比較総合11選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

※1 参考文献:WHO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加