敏感肌の大人にもおすすめの赤ちゃんの日焼け止め ドクターシーラボベビーUVクリーム

少しの刺激でも反応してしまうデリケートな赤ちゃんのお肌。紫外線が年々強くなっていると言われる近年では、あまり季節を問わずに日焼け止めが必須になっていますよね。今回は赤ちゃんにもおすすめの日焼け止め、「ドクターシーラボベビーUVクリーム」をご紹介します。

CMでもお馴染みのドクターシーラボとは

赤ちゃん 日焼け止め ドクターシーラボ
出典:www.ci-labo.com

ドクターシーラボでは、エステや健康食品、化粧品など広い分野に製品を展開している、人気のコスメブランド。

特に化粧品事業では、「お肌に負担をかけない」をコンセプトに、低刺激化粧品から、大人向けのアンチエイジングにこだわった高機能化粧品まで3つのブランドを手掛けていて、何かひとつは今までに使ったことがあるという人も多いのでは?

ドクターシーラボ製品は愛用している世代も幅広く、多くの人から支持を集めています。

中でも最も知名度があり、お馴染みなブランドと言えば「ドクターシーラボシリーズ」ではないでしょうか。

圧倒的人気の「アクアコラーゲンゲル」を持つ、メディカルコスメの先駆けですよね。

ドクターシーラボの製品は、大人女子はもちろん、赤ちゃんにも使える安全で安心なスキンケア商品として、今では様々なショップで取り扱われる人気コスメブランドになっています。

パッケージもかわいい赤ちゃんの日焼け止めドクターシーラボベビーUVクリーム

赤ちゃん 日焼け止め ドクターシーラボ
出典:www.ci-labo.com

ドクターシーラボと聞くと、まだまだ女性向けの化粧品メーカーと言うイメージが強いですが、実は赤ちゃん向けの日焼け止めも販売しています。

お肌のことを第一に考えて、長年研究を重ねてきたドクターシーラボだから実現できた、赤ちゃん用の日焼け止めはおすすめポイントもたくさん。

ただやっぱり人によっては合わないな、という点もあるので、ここではおすすめポイントともう少しなポイントを正直にご紹介していきます!

ドクターシーラボベビーUVクリームのおすすめポイント

ドクターシーラの日焼け止めには、3つのおすすめポイントがあります。

①優しさを徹底しながら紫外線をブロック

以前は母子手帳にも記載され、推奨されていた赤ちゃんへの「日光浴」ですが、現在では「外気浴」はあっても「日光浴」の記載はなくなりました。

そもそも日光浴は、紫外線を浴びることによって、体内で生成されるビタミンD不足を予防するためのものでした。

しかし、現在ではビタミンDは、食事からも摂る事が可能であることと、日光浴で得られる効能より紫外線での影響の方が怖いということで日光浴が「推奨項目」から消えたのです。

事実、紫外線でビタミンDを生成するためには、手の甲に15分ほどの日光を浴れば、1日当たりの充分なビタミンD量を得ることができるといわれています。

ドクターシーラボの日焼け止めは、まだまだ皮膚のバリア機能が未発達な赤ちゃんのお肌を考え、紫外線散乱剤のみを採用したノンケミカル処方

赤ちゃん 日焼け止め テクスチャー

紫外線ブロックの強さも、SPF30、PA++という高めの数値を実現し、日頃の紫外線をしっかりブロックしてくれます。

もちろん、香料、着色料、鉱物油、アルコール、防腐剤は全てフリー

いつものお風呂の石けん洗いで、しっかり落とせるのも嬉しいポイントですね。

②赤ちゃんのお肌を外的刺激からもブロック

赤ちゃんの肌は、バリア機能が未発達。

しかし新陳代謝は活発で汗もたくさんかくため、あせもや肌荒れなど、予期せぬ肌トラブルが起きることがしばしばあります。

ドクターシーラボの赤ちゃん用日焼け止めは、海藻から抽出したアルゲエキスが、赤ちゃんのお肌を外的刺激から保護してくれます。

みずみずしい潤いでお肌を健やかに保つサクラエキスと、代謝が活発なお肌を整えてつるつるのお肌に導くグリチルリチン酸2Kで、デリケートな赤ちゃんのお肌を優しくケア。

さらにインドでは、万能薬として欠かせない「ニーム」が虫除けと日焼け止めを両方実現してくれるという優れものなのです。

③3大保湿成分を贅沢配合

赤ちゃんのお肌は、特に角質層が未発達。

なんと皮膚の厚さは、大人の半分ほどしかないのです。このため、外的な刺激にも弱く、実は水分も逃げやすいです。

ドクターシーラボの日焼け止めには、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸の3大保湿成分がたっぷり配合されていて、乾燥しがちな赤ちゃんのお肌をしっとりとキープしながら、バリア機能を高めてくれる働きがあるんですよ。

ドクターシーラボベビーUVクリームのここがもう一歩

たっぷりの潤い成分と、ノンケミカル処方で、優しく紫外線をブロックするドクターシーラボベビーUVクリーム。

人気も支持も高いのですが、一部残念な点がないわけではありません。

白くなりやすい

まず1つ目は、「白くなりやすい」との声。

ノンケミカル処方により、紫外線をカットする成分は、紫外線散乱剤を利用しているのですが、こうした場合やはり白浮きしてしまいやすいという性質があるのです。

こまめに塗ると白浮きしにくいようですが、一気に出して塗り伸ばそうとすると白浮きしやすくなるようです。

赤ちゃん 日焼け止め 使用後

伸びが悪い

2つ目のポイントも紫外線散乱剤による難点で、テクスチャーの伸びが悪いとの声が聞かれます。

赤ちゃんや子供はじっとしていないので、白浮きしないようにササッと塗ることを求めるママには、ちょっと使いづらいようです。

今後、さらに伸び良い質感の日焼け止めになるよう、ドクターシーラボに期待ですね。

ドクターシーラボのベビーUVクリームを使ってみよう

赤ちゃん 日焼け止め

ドクターシーラボのベビーUVクリームは、メディカルコスメブランドの先駆けであるドクターシーラボが手掛ける、赤ちゃん用日焼け止めだからできた!という特徴がたくさんです。

中でも、赤ちゃんに安心して使えるのが嬉しいポイントですね。

パッケージもコンパクトなのでお出かけにも持ち歩きやすく、ママと一緒に使うのもおすすめ。

また、当サイトでは赤ちゃんの日焼け止めを徹底比較!赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。

赤ちゃんと一緒に日焼け止め対策をしたいママは、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加