赤ちゃんの日焼け止めウォータープルーフおすすめ比較5選

春から夏にかけてはお出かけに最適な季節ということもあり、赤ちゃんと色々な場所にレジャーに出かけますよね。ただこの時期は汗っかきな赤ちゃんがさらに汗をかくことと、海やプールなどで遊ぶことが増えることで、日焼け止めが「落ちやすい」のも気になるところ。そんな夏場の赤ちゃんの日焼け対策に役立つ「赤ちゃん用ウォータープルーフタイプ」の日焼け止めを比較形式でご紹介します。夏のレジャーを楽しい思い出とするためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの日焼け止めウォータープルーフおすすめ比較5選

No.1 アトピタ 保湿UVクリーム50

赤ちゃん 日焼け止め アトピタ
出典:www.tampei.co.jp

おすすめNo.1は、「アトピタ保湿UVクリーム50」。

乾燥肌の赤ちゃんにも使えるよう配慮した日焼け止めで、敏感肌の赤ちゃんをもつママからも長く支持をされるアトピタシリーズのUVクリームです。

商品名にあるとおり、保湿を重視しているので、赤ちゃんの肌の潤いを守った上で、夏の強い紫外線からも赤ちゃんの肌を守ってくれます。

もちろん無香料・無着色・紫外線吸収剤不使用で安心。

ウォータープルーフだけあって紫外線カット効果が高く、SPFは50!

それでもやっぱり「石けんで落とせる」ので、赤ちゃんの肌への負担も少ないのが嬉しいポイントですよね。

多くのママから支持を受ける人気安心のブランであることに加えて、コスパの良さもあり、おすすめNo.1となりました。

【日焼け止めデータ】

価格:850円(税抜)
容量:20g
紫外線カット効果:SPF50、PA++++

おすすめNo.2 ピジョン UVベビーミルク ウォータープルーフ

赤ちゃん 日焼け止め ピジョンベビーUVミルク
出典:
products.pigeon.co.jp

おすすめNo.2は、「ピジョン UVベビーミルク ウォータープルーフ」。

ピジョンも多くのママから長く支持をされている、赤ちゃん用品メーカーですよね。

ピジョン UVベビーミルク ウォータープルーフは、ウォータープルーフでありながら、生まれたての赤ちゃんにも使用できる低刺激処方がおすすめポイント。

SPFは最高値の50+で、強力な紫外線もしっかりブロック。

海やプールだけでなく、雪の反射による紫外線カットにも効果があります。

新生児にも使えるだけあって、もちろん紫外線吸収剤や着色料、香料は不使用

一方で、乾燥しがちな赤ちゃんの肌に潤いを与えてくれる「セラミド」「ヒアルロン酸」を配合。紫外線カットと保湿を見事に実現しています。

白浮きしにくいことから、敏感肌のママにも人気。

ウォータープルーフなので水だけでは落ちませんが、ベビーソープの泡を使えば簡単に落ちるのがありがたいです。

比較ではNo.2ですが、長年安定した人気を誇る日焼け止めです。

【日焼け止めデータ】

価格:1,398円(税込)
容量:50g
紫外線カット効果:SPF50+、PA+++

おすすめNo.3 メンソレータム サンプレイ ベビーミルク

赤ちゃん 日焼け止め メンソレータムサンプレイ
出典:jp.rohto.com

おすすめNo.3は、可愛いナースのキャラクターでお馴染みのメンソレータムから発売されている赤ちゃん用日焼け止め「メンソレータム サンプレイ ベビーミルク」。

赤ちゃんにはもちろん、敏感肌の大人にも人気の日焼け止めで、無香料・無着色・紫外線吸収剤不使用の乳液タイプの日焼け止めです。

敏感肌の大人の女性に人気があるのは、この日焼け止めには「ビタミンC誘導体」「プロビタミンB5」「ビタミンE誘導体」が配合されていてお肌の潤いケアに秀でているから。

さらに肌荒れ予防のためのグリチルリチン酸ジカリウムも含まれていて、日焼けによる乾燥で肌荒れを起こしてしまうことも防げるのがポイントです。

赤ちゃんをはじめ、家族全員で愛用しているという人も多いウォータープルーフの日焼け止めなんですよ。

【日焼け止めデータ】

価格:664円(税別)
容量:30g
紫外線カット効果:SPF34、PA+++

おすすめNo.4 日焼け止めミルク ミキハウスUV ベビー用

赤ちゃん 日焼け止め ミキハウスUV
出典:www.mikihouse.co.jp

おすすめNo.4は「日焼け止めミルク ミキハウスUV ベビー用」がランクイン。

ミキハウスは言わずと知れたベビーブランドの大手老舗であり、今も昔も人気と安心度の高い優良メーカーですよね。

そんなミキハウスが発売している日焼け止めは、キッズデザイン賞も受賞しているパッケージにもこだわった一品。

こちらの日焼け止めは、他社の製品のようにSPFやPAの値で紫外線カット効果は表示していませんが、有害紫外線は99%カットする効果を誇っています。

これはミキハウスのオリジナル成分である「微粒子酸化チタン(Yチタン)」が紫外線を捉え、紫外線A波、B波の両方を99%以上遮断することができるから。

しかもこの成分は低刺激なので、使用は0歳児からOK。
さらに「藍エキス」と「スクワラン」と言った保湿成分も含んでいるので、乾燥しがちな日焼けのお肌にしっかり潤いをキープしてくれます。

【日焼け止めデータ】

価格:4,104円
容量:18ml
紫外線カット効果:UV-A、UV-Bともに99%以上遮断(※ミキハウスのUVはSPF値、PA値としての紫外線カット率は公表していません)

おすすめNo.5 ビオソリス サンプロテクションミルク キッズ50+

赤ちゃん 日焼け止め ビオソリス
出典:www.omochabako.co.jp

おすすめNo.5は、この比較初の海外勢。ベルギー生まれの日焼け止め「ビオソリス サンプロテクションミルク キッズ50+」です。

PF50で強力な紫外線から赤ちゃんを守ってくれるのは、ナチュラルサンフィルター

何と全成分のうち99%以上が天然由来成分で、オーガニックの美容保湿成分「アロエベラエキス」はお肌をしっとり健やかに保つ効果も持っています。

紫外線吸収剤やナノ粒子、パラベン、シリコン、フタレート、合成香料、着色料、PEGとお肌に刺激のある成分は一切フリーと徹底した安心ぶり。

落とすときは、ベビーソープをたっぷりと泡立てて落とせば簡単に落ちます。

ただ海外製ということと、日常的に使うには価格がちょっぴり高めということで、今回はおすすめNo.5になりました。

【日焼け止めデータ】

価格:4,104円
容量:100ml
紫外線カット効果:SPF50+、PA++++

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めを徹底比較!赤ちゃん日焼け止め比較総合10選

赤ちゃんにウォータープルーフ日焼け止めを使用する時の注意

ポイント 要点

赤ちゃんとのレジャーには欠かすことのできない日焼け止め。

特に夏は、プールや海に入る機会も多いので、ウォータープルーフ仕様の日焼け止めは大切。

実際には赤ちゃんは汗っかきなので、夏場以外でもウォータープルーフの日焼け止めを使う場面はたくさんあります。

ただ、やはりウォータープルーフの日焼け止めというのは、通常の日焼け止めより肌への負担は大きくなるので、使う時は場面を考えて常用するようにしましょう。

例えば家を出てから、海に着くまではお肌への優しさにこだわったデイリー用赤ちゃんの日焼け止め、海に入る時はウォータープルーフの日焼け止め、など使い分けてみてください。

赤ちゃんに安心のウォータープルーフ日焼け止めを探してみよう

日焼け止め UV

赤ちゃんの日焼け止めは低刺激のものが主流なので、ウォータープルーフ仕様のものがあることにびっくりしたママもいるかもしれません。

ウォータープルーフでも赤ちゃん用のものは低刺激で、大人の日焼け止めよりずっと肌への負担は少ないので、赤ちゃんとのレジャーにはぜひ赤ちゃん用のウォータープルーフの日焼け止めを参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加