赤ちゃんにはスプレータイプの日焼け止めは危険?注意点は?

紫外線による健康への影響が叫ばれて久しい現在、1年にわたって日焼け対策が必要なのは、大人も赤ちゃんも一緒。中でも春から秋にかけての時期というのは紫外線量も多く、肌が弱い赤ちゃんの日焼け止めは大人以上に必要不可欠です。ただ、赤ちゃんや子供はどうしても「日焼け止めクリームを塗る」行為を嫌がることが多いもの。そこで、赤ちゃんや子供にスプレータイプの日焼け止めを使いたいと考えるママもいるのではないでしょうか。それでは、この「スプレータイプの日焼け止め」は赤ちゃんにとって本当に安全なのでしょうか?今回は、赤ちゃんにスプレータイプの日焼け止めを使う際の注意点などをご紹介します。

赤ちゃんにスプレータイプの日焼け止めは使って大丈夫?

疑問 ?

スプレータイプの日焼け止めを使ったことがある人はわかるかもしれませんが、スプレータイプの日焼け止めは、サッと吹きかけて肌に伸ばすのも簡単。

こまめな塗り直しが必要な赤ちゃんや子供には、便利なアイテムといえます。

しかし、実はアメリカでは、赤ちゃんや子供に対するスプレータイプの日焼け止めの使用を控える動きがあるようです。

2014年6月、市場に出回るサービスや商品の検証をおこなっているアメリカのコンシューマーズ・ユニオンによる情報誌「コンシューマー・レポート」にて、赤ちゃんや子供にスプレータイプの日焼け止めはを使用することは推奨しないという見解を示しました(※)。

注意 !

これは、「日焼け止めスプレー」という製品の特性上、スプレーをした際に、成分が通常の日焼け止めより拡散しやすいことがあるため。

成分が拡散しやすいということは、吸い込む危険性も高くなり、肺に炎症を起こす危険もあるということ。

さらに、吸いこんでしまった成分について、現在の状況ではまだその成分が「体の内側」にどう影響を及ぼしてくるかわからないことも理由として挙げられています。

日焼け止めスプレーについては、使用におけるリスクの調査が始まっていて、現状ではどのようなリスクがあるのか、結果が明らかではないため、赤ちゃんや子供への使用を控えるべきと呼びかけをおこなっている状況です。

日焼け止めスプレーを赤ちゃんに使用する際の注意点とは?

スプレー

スプレータイプの日焼け止めはそもそも使わないようにする

日焼け止めスプレーは塗り直しが簡単で、さらに手軽に使えるというメリットがある反面、成分を吸い込んでしまうこと、そしてその成分が人体にどのような影響を及ぼすか明確でないというデメリットがあります。

赤ちゃんや子供はスプレーをする間ですらじっとしていることはなく、大人のようにスプレーをする時に「上手に息を止める」ということもできません。

日焼け止めスプレーではないものの、虫除けスプレーなどを使う際、スプレーすることによって大人でも咳込んでしまうことがありますよね。

大人なら咳込むだけで済むような影響でも、小さな赤ちゃんへの影響が心配されます。

そのため、スプレーの成分を吸い込むことが、赤ちゃんや子供たちにどのような影響があるのかわからない間は積極的に使用するのは避けた方が良いでしょう。

大人が使うときは赤ちゃんがいない場所で使う

大人が日焼け止めスプレーを使用する際は、赤ちゃんがいない場所や距離が遠い場所で使うようにしましょう。

一旦大人の手のひらに出してから赤ちゃんに塗る

どうしても赤ちゃんにスプレータイプの日焼け止めを使わなければならない状況の場合は、スプレーを大人の手のひらに一旦出してから赤ちゃんに「塗る」ようにしてください。

塗りムラのないようにする

赤ちゃん用の日焼け止めは、全般的に、肌へのやさしさを優先しているため、「SPF・PAが低く」「落ちやすい」性質があり、1日に何度も塗り直さなければ十分な日焼け止め効果を得るのは難しくなります。

これに加えて、スプレータイプの日焼け止めはスプレーしただけでは「まんべんなく」肌に塗布することができず、「塗れていない部分」、いわゆる「塗り残し」が多くなる傾向があるとされています。

さらに、日焼け止めスプレーの種類によっては、注意書きに「SPF、PA表示は国際基準で1㎠当たり2mg塗布し、測定した値です」と書かれているものも。

この注意書きは、つまり「小さな範囲に長く噴射しないと」日焼け止め効果が得にくいということが考えられるのです。

考える女性

赤ちゃんや子供に、直接日焼け止めスプレーをすることができないので、塗りムラのないよう丁寧に伸ばす必要があります。

赤ちゃんにはミストタイプの日焼け止めが安心

ポイント 要点

ここまでスプレータイプの日焼け止めについて、どちらかと言うとネガティブな情報が多かったかもしれません。

ですが、赤ちゃんや子供の性格上、どうしても「吹きかける」タイプの日焼け止めの方が便利…というママも少なくありません。

塗りやすさや手軽さなどを考えると「吹きかける」タイプの日焼け止めは、使い勝手が良いのです。

赤ちゃんや子供に吹きかけるタイプの日焼け止めを使う場合は、スプレータイプの日焼け止めではなく、ミストタイプの日焼け止めをおすすめします。

実際に、日本では、赤ちゃんや子供に使える日焼け止めスプレー商品は見つける方が難しいものの、ミストタイプの日焼け止めは多く販売されています。

スプレータイプの日焼け止めと異なり、ガスを使用しておらず、天然由来成分のみでできているものがあるため、安全性がグッと上がります。

中には噴霧時の吸い込みや、塗布後に赤ちゃんが舐めてしまうことも考慮して食品基準の安全な原料を使用して作られた、ミストタイプの日焼け止めもあります。

基準が食品レベルの安全性なら、万が一赤ちゃんの体内に入っても、ひとまず安心です。

それでもやはり赤ちゃんの顔に塗りたいときは、直接吹きかけるのではなく、大人の手に一度出してから塗り伸ばしてあげても良いでしょう。

さらに、ミストタイプの日焼け止めにも色々な製品があるので、赤ちゃんや子供に使うなら低刺激であることに加えて、石油系の合成成分や香料、着色料、保存料の添加物が入っていない日焼け止めがおすすめです。

ここまで気を配ると、安価なスプレータイプの日焼け止めや、大人が使うミストタイプの日焼け止めに比べて、少し高めの値段設定のものが増えてきますが、赤ちゃんや子供の健康を考えるなら「安全性>価格」ではないでしょうか。

赤ちゃんにおすすめのミストタイプの日焼け止め

アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

●容量:80ml
●SPF/PA:SPF15 PA++
●税込価格:2,538円

赤ちゃんの肌へのやさしさにこだわり、100%天然由来成分でつくられた日焼け止めミストです。虫除け効果もあるので、夏のアウトドア対策がこれ1本で完了します。

赤ちゃんには刺激となる紫外線吸収剤やディートは配合されておらず、生まれたばかりの新生児から使えます。

白浮きにしくく、お湯だけで落とせるので、使い勝手も抜群。ママの化粧下地としても◎。

ミストタイプなので、動き回る赤ちゃんや子供にも塗りやすいと口コミで人気です。

Amazonや楽天ランキングでは常に上位にランクインしている夏のベビースキンケアの定番人気商品です。

アロベビーUV&アウトドアミストのバナー

ストローラー サスナ アロマローション

ストローラー サスナ アロマローション

出典:www.amazon.co.jp

●容量:100ml
●SPF/PA:SPF6
●税込価格:1,620円

100%天然由来成分の夏のアウトドア対策用アロマローション。UVカットと虫除けを同時にケアしてくれます。

月桃の葉や米ぬか成分を配合。保湿力が高いので、日焼け止めで乾燥しがち・・という人にもおすすめです。柑橘系のさわやかな香りで、ミストすることでリフレッシュ効果も。

紫外線吸収剤やディートは不使用。生後6カ月の赤ちゃんから使用可能です。

日焼け止めも虫除けもどちらも効果は高くないため、こまめに塗り直すのがポイント。

赤ちゃんにスプレイ―タイプの日焼け止めを使う場合は使い方に注意しよう

赤ちゃん ママ

赤ちゃんや子供に使う日焼け止めは、価格より安全性重視で選びたいものですね。

ミストタイプの日焼け止めも、最近では種類がたくさん増えてきているので、日焼け止めを選ぶ際には参考にしてみてください。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止め比較総合11選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

※参考文献:Consumer Reports Best Sunscreen for Babies and Kids

  • このエントリーをはてなブックマークに追加