赤ちゃんが日焼けしてしまった!日焼け後のお肌ケア3ステップ

赤ちゃんの日焼け止めは外出前にしっかり塗っていたとしても、汗などで流れやすく、こまめな塗り直しが必要です。しかし、赤ちゃんの日焼け止めはその特性上落ちやすいので、ママが気づかないうちに赤ちゃんの肌が赤く日焼けしていた!なんてことも。皮膚の厚さが大人の半分ほどである赤ちゃんの肌は、日焼けの影響が大きく、赤くなった赤ちゃんの肌を見て胸が痛むママも多いはず。そこで今回は、赤ちゃんが日焼けをした時の症状やアフターケアの方法をご紹介します。

赤ちゃんの日焼けの症状は?

プールサイドにいるサングラスをかけた赤ちゃん

ひと昔であれば、赤ちゃんや小さな子供の日焼けは健康の証だと考えられてきました。

しかし、学会で紫外線の有害性が報告されたことで、母子手帳から「日光浴」を勧める記述が削除されました。

赤ちゃんが過度に日焼けすることで、次のような症状が起こると考えられています。

  • 皮膚が赤くなる、ほてる
  • ヒリヒリとした痛みを感じる
  • 赤みがおさまると、色素沈着し皮膚が浅黒くなる
  • 皮膚がむける
  • 水ぶくれ
  • 発疹
  • むくみ
  • 発熱
  • 嘔吐
  • 免疫機能の低下によって感染症にかかりやすくなる
  • 将来の皮膚がんリスクが高くなる

赤ちゃんが日焼け!正しい対処法・アフターケアは?

赤ちゃん 泣く

まずは赤ちゃんに日焼けさせないことが大切です。

しかし、春・夏のお出かけでついつい油断してしまい、日焼けしてしまった・・・なんてときは、次のように適切なケアをしてあげましょう。

1.まずは皮膚を「冷やす」

日焼けは「火傷」の一種です。紫外線と太陽の熱でまさに皮膚は「焼けて」しまっている状態です。

そのため、日焼けのケア方法としては、火傷の時と同様にまず「冷やす」ことが大切。

少しだけ赤みをもつような軽度の日焼けの場合は、水に濡らしたタオルを当てて、熱を取り去る程度でも患部の状態は良くなります。

もしも、軽度以上に赤みを持っていたり、やや腫れをもつような時は、子ども用の熱冷まし用シートを利用したり、ケーキなどについてくる保冷剤をタオルやガーゼに巻いて患部を冷やすようにしてあげましょう。

2.熱が取れたら「保湿」

日焼けの経験がある人ならわかるはずですが、日焼け後の肌は乾燥しやすくデリケートになっています。

赤ちゃんの日焼けも、冷やして熱を取ったらしっかりと保湿をしておくことを忘れずに。

低刺激で保湿効果の高いオーガニック系のベビーローションなどで皮膚を潤します。ベビーローションは、冷やしたものをやさしくパッティングしてあげると、赤ちゃんは気持ちよく感じますよ。

症状が重い日焼けをした時は、冷やして熱を取った後に、馬油やオロナイン軟膏で保護力を増してあげるのもおすすめです。

3.肌だけでなく体の水分補給も重要

赤ちゃんの日焼けについては、「肌」のケアだけでなく、「身体」のケアもしっかりとしてあげましょう。

日焼けしている肌は水分を逃がしやすいので、身体の水分も失われやすくなっています。

赤ちゃんは新陳代謝が活発過ぎるくらい活発なので、日焼け後は肌の熱さましと同様に、体内の水分補給にも気を遣ってあげましょう。

水分補給と肌の熱さましを同時進行で早急にしてあげると、赤ちゃんの心身は早めに落ち着いてくれるはずです。

赤ちゃんの日焼けがひどい場合は迷わず病院

聴診器とカルテ

日焼け後の処置をしたけれど、何だか赤ちゃんの様子がおかしい時、または下記のような症状が見られる日焼けの時は、病院を受診しましょう。

  • 皮膚がガサガサになってきた
  • 日焼けした所を痒がっている
  • 湿疹が出てきた
  • 火傷のようにひどく赤くなり腫れている
  • 水泡になった
  • 発熱が続いている

日焼けはママ・パパ自身にも経験がある症状なので、「たかが日焼け」と、大げさに思わず病院に行くことをついついためらってしまうものです。

しかし、上記のような症状がある場合は、注意が必要となってくるので、病院で医師に相談してみましょう。

小児科、小児皮膚科、いずれでも構わないので、かかりつけのお医者さんに行くことをおすすめします。

また、日焼けをしてしまった日、昼間は元気だったけれど、夜になると症状が進み機嫌が悪い・・・という場合もあるので、日焼け後は赤ちゃんの様子をいつも以上に注意深く観察しておくことが大切です。

赤ちゃんの日焼け対策はしっかりと

赤ちゃん 日焼け止め

現在の赤ちゃんのお肌も、将来のお肌も、美しく健康に育ててあげるためには、日頃から日焼け止めで対策することが大切です。

特に紫外線の強い春~秋については、お出かけの際に、赤ちゃん用の日焼け止めを塗る、肌の露出をできるだけ控えるような衣服を身に付けさせる、帽子をかぶせる、日陰を選ぶ、といった基本の紫外線対策を心掛けましょう。

この際、UVカット効果のある帽子や衣服だとなお効果的です◎。

月齢の低い赤ちゃんの場合、抱っこ紐でお出かけする時は、ママも一緒にUV対策のできる日傘がおすすめ。

ベビーカーにはベビーカー用のサンシェードや、車ならチャイルドシートのある席の窓にUVカットのフィルムを装着するなども大切です。

赤ちゃん用のサングラスも現代の強い紫外線を考えるなら、有効な対策です。

加えて、暑い夏場は、朝10時~午後2時までの時間は1日で最も紫外線が強い時間帯のため、熱中症予防も兼ねて、不要の外出であれば控えた方が良いでしょう。

月別紫外線量グラフ
▲月別の紫外線量

赤ちゃんの肌で隠れない部分は特に日焼け止めを念入りに

赤ちゃんの日焼け止めは、紫外線吸収剤不使用、ノンケミカル、合成成分を配合していない100%天然由来成分の商品が肌に優しく安心です。

また、専用クレンジングは必要ない、ベビー石鹸やぬるま湯で簡単に落とせるタイプの日焼け止めがおすすめ。外出から帰ったら、出来るだけすぐに洗い流すようにすれば、肌への負担も少なく済みます。

赤ちゃんの紫外線対策としては、日常使いであればSPF15~20、PA++程度の日焼け止めで十分。

ただし、海や山にレジャーに行く時は、紫外線が強いことが想定されるため、レジャー用やウォータープルーフの日焼け止めを使用するのも良いでしょう。

効果の強い日焼け止めは、肌残りがないように帰宅後はすぐに洗い流すようにしてください。

また、赤ちゃんは汗っかきですぐに日焼け止めが流れ落ちてしまうので、汗をかいたらきちんと拭き取りをして、再度塗り直してあげてください。

赤ちゃんの日焼け止めおすすめ商品

アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

●容量:80ml
●SPF15、PA++
●税込価格:2,538円

紫外線吸収剤・ディートは不使用の100%天然由来成分でできた日焼け止め&虫除けミスト。楽天やAmazonランキングでも1位を獲得した人気商品です。

世界的オーガニック基準のエコサート認証を取得。新生児にも使えるほどやさしいのが特長です。

ミストタイプなので動き回る赤ちゃんにも塗りやすく、白浮きしにい。専用クレンジングは不要で、ベビーソープだけで洗い流せるなど、使いやすさが人気の理由。

アロベビーUV&アウトドアミストのバナー

※関連記事
赤ちゃん日焼け止め比較総合11選

赤ちゃんの日焼け対策とアフターケアはしっかりおこなおう

赤ちゃん ママ

赤ちゃんがもしも日焼けしてしまった時の処置方法は、意外と身近で簡単なものばかりです。

だからといって、紫外線対策を怠るのはやっぱりできません。

赤ちゃんの日焼けはしっかり防ぎ、健やかにお肌を育んであげたいもの。

まずは、しっかりと日焼け止め対策をおこない、赤ちゃんのお肌を紫外線から守ってあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加