アトピーっ子の赤ちゃんや子どものための日焼け止めの正しい選び方とは?

紫外線が強くなる春から、少しずつ紫外線の弱まってくる秋にかけては赤ちゃんも大人も日焼け止めが必須ですね。しかしアトピー性皮膚炎で悩む赤ちゃんの場合、日焼け止めと言うものを肌に塗るのはアトピーに良くないのでは?と思うのも親としては当たり前。でも紫外線の影響でアトピーが悪化するのも心配だし…。ということで今回はアトピーっ子の赤ちゃんのために、アトピーっ子はどんな日焼け止めを選ぶべきか、またどういった塗り方がベストであるかなどをご紹介していきます。

日焼け止めを塗る赤ちゃん

アトピーの赤ちゃんにも日焼け止めを使ってOKなの?

疑問

アトピーっ子の赤ちゃんに日焼け止めを塗ること自体、大丈夫かなと心配になるとの声は多いですが、実際には紫外線の影響を直接肌に当ててしまう方がNG。

アトピー性皮膚炎の肌は、バリア機能が著しく低下しているので、紫外線が直接当たると、アトピー悪化の原因になることもあるのです。

そのため、アトピーっ子の赤ちゃんの方がしっかりと日焼け止めをする必要があるといえます。

そこで気を付けたいポイントが、アトピーっ子の赤ちゃんにも使える「低刺激」でお肌に負担が少ない日焼け止めを選ぶということ。

成分はもちろん、SPFやPAもしっかりと確認し、アトピーっ子の赤ちゃんでも安心して使える日焼け止めを選ぶようにしましょう。

アトピーっ子でも安心して使える日焼け止めの選び方

アトピーの赤ちゃんにこそ必要なしっかりとした紫外線対策。ここからはアトピーの赤ちゃんにも安心して使える日焼け止めの選び方をご紹介していきます。

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

※画像:アロベビー UV&アウトドアミスト

1.紫外線吸収剤フリーの日焼け止め

「ノンケミカルの日焼け止め」と呼ばれるのが、一般的に紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めのこと。

紫外線をきちんとカットするには、紫外線吸収剤か紫外線散乱剤が必要ですが、アトピーっ子のような敏感肌には紫外線吸収剤は刺激が強すぎます。

紫外線吸収剤にはベンゼン系の化学合成物質が多く使われているので、紫外線防止能力は高くても、アトピーっ子の赤ちゃんには使わない方が賢明。

一方で、紫外線散乱剤も、刺激がまったくないわけではありませんが、肌への負担は少ないので、アトピーっ子の赤ちゃんには紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

2.紫外線散乱剤なら何でもOK?いえいえ違います

上記でご紹介したとおりアトピーっ子の赤ちゃんには紫外線吸収剤はNG、でも紫外線散乱剤ならOKとしましたが、だからといって紫外線散乱剤ならどんなものが入っていてもよういのかと言うと、それは違います。

紫外線散乱剤でも、ナノ化した紫外線散乱剤を使っているものは選択肢から外しましょう。

なぜなら、ナノ化してある紫外線散乱剤は、粒子が小さいがゆえに、白浮きはしにくいのですが、一方で肌のバリア機能を通過して、肌のより深部にまで浸透する危険性があるからです。

アトピーっ子の赤ちゃんの肌は本当に繊細なので、ノンケミカル処方でノンナノ仕様の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

3.合成界面活性剤を使っていない日焼け止めは大前提

日焼け止めを「クリーム」状のして使用感を良く得するために、成分には乳化剤(水分と油分を混ぜ合わせやすくするための成分)として、界面活性剤が配合されています。

ただ、界面活性剤には種類があり、化学合成で作られたものは、アトピーっ子の赤ちゃんの肌にはとっても刺激が強くなります。

一般的に合成界面活性剤が配合されているものは、普通肌の赤ちゃんでも使用を控えるべきなのです。

具体的に、「セチルリン酸K」「ココイルサルコシンNa」「ステアリン酸PEG-100」「ポリソルベート80」などが配合されているものは控えるようにしましょう。

4.「化学合成成分不使用」の日焼け止め

基本的に石油由来の合成成分は、日焼け止めの「使用感」を良くしたり、日焼け止め効果の持続性をアップさせてくれたりします。

しかしこうした仕様のものは、アトピーっ子の赤ちゃんの肌には刺激が強すぎて、お肌への負担も高くなります。

そのため、アトピーっ子の赤ちゃんには、石油由来の合成成分が配合されていない日焼け止めを選ぶのがベスト。

わかりやすい表示としては、天然由来成分100%やノンケミカル、無添加、ノンシリコン、アルコールやエタノールフリーなどと書かれている日焼け止めが良いですよ。

また、アトピーで定期的に通院しているならば、医師に相談すると最適な日焼け止めを教えてくれれるので聞いてみましょう。

5.SPFが高ければ良いというわけではない

日焼け止めには必ず記載されている「SPF」や「PA」。一般的な見解としては、このSPFやPAの数値が高い=日焼け止め効果も高い、と思いがちですよね。

しかし、実はSPFは日焼け止め効果の持続時間を表す数値でしかないのです。

日焼け止め SPF PA

SPFとは

SPFは紫外線の中でも、肌を赤くし皮膚がんや白内障の原因になる紫外線B波を防御する数値で、例えばSPF50なら日焼けまでの目安とされる20分の50倍、約16時間もの間紫外線を防御し続けるという意味になります。

しかし、このSPFが高ければ高いほどお肌への負担も高くなりますし、上述の紫外線吸収剤を使用している割合も高くなるので注意しましょう。

PAとは

同じように、肌を黒くする紫外線で、しみやシワなどの原因を作る紫外線A波を防止するPAも、高いほどお肌への刺激が強いので注意して下さい。

SPFとPAはどの位の数値が理想的?

疑問 ?

日本皮膚科学会が明示する目安では、以下の数値を推奨しています。

  • 日常生活:SPF5、PA+
  • 野外での活動時:SPF10、PA++
  • 晴れた日のスポーツや海水浴:SPF20、PA+++
  • 熱帯地方での野外活動:SPF30、PA+++

アトピーの赤ちゃんにはSPF10~20、PA+~++程度の紫外線防止効果があれば、日常生活での紫外線対策は十分。

強すぎる物はできる限り避けましょう。

また、夏場に行楽地やレジャーで紫外線の強そうな場所に出かける際には、レジャー用のSPF30程度の日焼け止めを選び、しっかりと紫外線から赤ちゃんを守ることが大切。

この場合もできるだけ肌への負担が少ない物を選ぶようにして、服や帽子などで紫外線対策をするように心掛けましょう。

※当サイトでは、アトピーの赤ちゃんや小さな子供も安心して使える日焼け止めを比較してご紹介しています。ぜひ参考ください!

アトピーの赤ちゃんには状況を見ながら適切な日焼け止め対策をしよう

青空 紫外線

アトピーっ子の赤ちゃんや子どもは、お肌が外的刺激にも敏感なので、ベビーローションやベビークリーム、日焼け止め選びにもとても慎重になります。

しかし、正しい選び方、正しい日焼け止めをすることで赤ちゃんのお肌は確実に守られるため、いろいろと検討しながら自分の赤ちゃんに合う日焼け止めを見つけられるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加