赤ちゃん・子供も夏はサングラスで有害な紫外線をカットする!

夏の紫外線対策に、大人の場合はサングラスはマストアイテムですよね。おしゃれアイテムとして年中使う人もいます。しかし、赤ちゃんや子供となると紫外線対策でもサングラスはどうなのでしょうか…?今回は、赤ちゃんのお出かけ時の紫外線対策として、ベビー・子供用のサングラスの役割についてまとめました。

赤ちゃんにサングラスは必要

サングラスの赤ちゃん2人

紫外線が厳しくなる春先から秋にかけては、念入りに日焼け止めを塗って紫外線対策をすることは、大人も赤ちゃんももはや常識となっています。

敏感肌の赤ちゃん用の日焼け止めも数多く販売されています。一方で、赤ちゃんの目の紫外線対策についてはいかがでしょうか?

紫外線対策先進国オーストラリアの場合

赤道に近く、強い紫外線による被害が国民の健康を脅かすこともあるオーストラリアでは、大人は自ら率先して、また小中学生などの子供については、紫外線の強い季節の外出時にサングラスの着用を義務付けています。

授業の中でも紫外線対策の必要性を教えることを積極的におこなっており、紫外線対策に意識をもつよう体制ができています。

特に目の紫外線対策についてはおざなりになりがちな一方で、紫外線の被害を受けやすく深刻な被害にもなりやすい部分です。

目に対する紫外線の被害には、軽い炎症から白内障の原因になったり、視力低下に繋がったりと深刻な被害があります。

そのため、サングラスはオーストラリア国民にとって必須アイテム。

アジア人よりも目の色素が薄い人の多いオーストラリアでは、こうした観点からもまだ成長途中の赤ちゃんや子供に対するサングラスの着用を奨励・義務化しているのです。

目のヒリヒリ感は実は危ない

紫外線の影響が目に出てきた場合、目が乾燥したようにヒリヒリすることがあります。

これは日差しが強い時期にサングラスなどをかけずに、おでかけやアウトドアレジャーを楽しむとよく起こりがちな症状。

実はこの目のヒリヒリは、単なる乾燥などではなく、紫外線の影響で目に軽い炎症が起こっている状態です。

大人は自覚症状として目の違和感を意識できますが、赤ちゃんや子供は目の違和感より外遊びの楽しさが上回って痛みを訴えることが少なくなります。

悪化すると赤ちゃんや子供は、紫外線の影響で目に軽い角膜炎を起こすことも。

赤ちゃんや子供の目を守るためにも、レジャーシーズンの外遊びでは、ママ・パパが意識して赤ちゃんや子供にサングラスの着用をさせるようにするとよいでしょう。

赤ちゃんのサングラスの紫外線防止効果

赤ちゃん 顔

お肌の紫外線対策は日焼け止めでおこないますが、サングラスという紫外線対策がなされなかった目は、紫外線の影響を直に受けてしまいます。

目に入った紫外線は角膜で吸収され、体内でメラニン生成の指令を出します。

そうなると、いくら肌で紫外線対策をしても、目から入った紫外線のせいで、体内ではメラニン生成が進むようになることも。

つまり、目に紫外線が入ると、肌の日焼けが進む可能性があるのです。

目は周囲のものを見るだけではなく、紫外線センサーの役割も果たしています。

赤ちゃんの肌をいくら日焼け止めを塗ってしっかり守っていても、目が無防備では紫外線対策効果は半減するかもしれません。

特にレジャーに出かける時や、長時間紫外線にさらされる場合は、赤ちゃんは月齢の低いうちからサングラスをかけて、目の紫外線対策を欠かさないことも必要なのです。

赤ちゃん・子供のサングラスはいつから使う

紫外線

赤ちゃんの紫外線対策として日焼け止めに関しては何とか塗ることができても、サングラスを大人しくかけ続けてくれる赤ちゃんは少ないかもしれません。

目の周りの違和感はもとより、視界が遮られる感じや色味を邪魔する感じのあるサングラスは、赤ちゃんにとって好印象のアイテムではないかもしれません。

少しずつ無理のない範囲で構いませんので、サングラスの使用は月齢の低いうちからかけ慣れさせておくと良いでしょう。

ただ、すでに自意識がしっかり出てきた子供がサングラスを使用し始める、ということもありますよね。

そうした場合には、お出かけ用にかけるサングラスと、遊びで使うサングラスを用意して、日常の遊びの中でサングラスをかける機会を増やすのがおすすめです。

そもそも赤ちゃんや子供は眼鏡が好きなので、サングラスの存在に慣れさえすれば、お出かけでもサングラスを嫌がらずにかけるようになります。

また、ママ・パパが一緒にサングラスをかけてお出かけするのも、赤ちゃんや子供がサングラスを好きになってくれるポイントです。

赤ちゃん用サングラスを選ぶ時のポイント

ポイント 要点

目の紫外線対策、また目から入った紫外線による肌への影響を抑えることにもなるサングラス。

購入時には、以下のポイントについて考慮しましょう。

紫外線透過率を確認

赤ちゃん用サングラスは紫外線透過率0.1%以下(UV400nm/紫外線カット率99.9%)のサングラスを購入・使用しましょう。

赤ちゃんの顔へのフィット感

実際に赤ちゃんにかけてみて、顔にきちんとフィットするかは重要なポイント。赤ちゃんの顔の幅、鼻の高さで付け心地が変わるので、店舗で購入する際には顔へのフィット感をしっかり確認しましょう。

サングラスの色が濃いことだけに安心しない

赤ちゃん用のサングラスでも大人用のサングラスでもそうなのですが、サングラスの色が濃い=紫外線透過率が低い(紫外線カット効果が高い)というわけではありません。赤ちゃん用のサングラスはおしゃれと言うよりきちんと紫外線対策になることが大事なので、サングラスの色や見た目のおしゃれさだけにこだわらず、しっかりと紫外線カット効果があるかを大事にしましょう。

赤ちゃん用サングラスが買えるショップ

日本でも赤ちゃんへの紫外線対策アイテムとして、徐々に着用が推奨され始めてきたサングラス。

ただ、大人用のサングラスならいざ知らず、子供用・赤ちゃん用のサングラスなんて一体どこで購入すれば良いのでしょうか?

赤ちゃん用のサングラスに関しては、サイズや顔へのフィット感を確かめることが重要なので、できれば実店舗で購入するのがベストですよ。

「すでに眼鏡を着用している子供の紫外線対策はどうするの?」という声もあるのですが、実は現在、眼鏡に使用されているレンズのほとんどには、最初から紫外線対策がなされているので、透明に近いレンズでも安心。

赤ちゃんや子供が使用している眼鏡に、UVカット効果があるかどうか知りたい場合は、購入店舗で一度確認してみましょう。

JINSやZoff

JINSサングラス 子供用

CMでもお馴染みの「JINS」「Zoff」では、赤ちゃん用・子供用のサングラスを取り扱っていますし、店頭での試着ができることもあります。

また、赤ちゃん用品店でも赤ちゃん用のサングラスの取り扱いをしているお店はありますし、試着が可能なところも多いです。

デパートのベビー用品売り場でも取り扱いがあることは増えています。

BanZ

BanZサングラス

また、紫外線対策先進国オーストラリアのブランド「BanZ」の赤ちゃん用サングラスは、赤ちゃんに使いやすいようにマジックテープでのサイズ調節も可能です。

使いやすいだけではなく、紫外線対策をしっかりおこなえます。取扱店を調べて一度試着してみるのもおすすめです。

BanZのサングラスは、バンドタイプでもあるので、赤ちゃんが簡単に外したりすることもなく、サングラスの習慣づけにもぴったり。

赤ちゃんの目の紫外線対策にサングラスを活用してみよう

子供とサングラス

赤ちゃん用のサングラスと紫外線対策について、参考になりましたか?目はもちろん、肌の紫外線対策にも繋がるサングラス。

赤ちゃんの健やかな瞳と将来の美しいお肌を守るために、ぜひサングラス着用を習慣にしてみてください。

これから医療用の眼鏡を購入する場合には、透明のレンズでも紫外線カット効果があるか店舗で確認しましょう。

また、お肌には赤ちゃんの日焼け止めを塗ることも忘れずに。

赤ちゃんが将来、紫外線が原因のトラブルに悩まなくて済むように、日焼け対策を見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加