肌に優しい日焼け止めを赤ちゃんのために選ぶ基準と必要性

肌に優しい日焼け止めといえば、敏感肌の人や赤ちゃん向けの製品に多いですが、どのような成分の日焼け止めを肌に優しいといえるのでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんにも安心して使える肌に優しい日焼け止めを選ぶ基準や、その必要性について、成分や効果の面からみていきます。

肌に優しい日焼け止めとは?

肌に優しい日焼け止め クリーム

一言で肌に優しい日焼け止めといっても、乾燥肌の人にとってよいのか、敏感肌の人にとって肌に優しいのか、はたまた赤ちゃんにとって最適なのかはわかりません。

大人の肌に優しい日焼け止めであっても、その成分が赤ちゃんにとっても肌に優しい日焼け止めかどうかはわからないのです。

そこで、ここからは赤ちゃんにとって肌に優しい日焼け止めとはどのような日焼け止めを指すのか、成分や紫外線カット効果(SPF・PA)の観点において、肌に優しい日焼け止めを選ぶポイントをご紹介します。

肌に優しい日焼け止めポイント1:ノンケミカル・紫外線吸収剤不使用

敏感肌で肌荒れを起こしやすい赤ちゃんが使う日焼け止めは、肌に優しい日焼け止めであることが必至ですよね。とにもかくにもノンケミカルの日焼け止めを選びましょう。

「ノンケミカル」というのは、日焼け止めに配合されている成分として、まずは紫外線吸収剤を使用していないとことがポイント。

大人用の日焼け止めの場合は、肌に優しい日焼け止めと謳い文句にしている製品にも、ケミカル仕様の日焼け止めは多数あります。

しかし一方で、赤ちゃん用の日焼け止めであれば、「肌に優しい日焼け止め」と謳っている場合、ほとんどの製品はノンケミカル処方となっているはずでしょう。

日焼け止め成分である紫外線吸収剤は、化学成分によって紫外線を熱に変えて体外に放出する成分です。

紫外線カットの効果は、紫外線吸収剤を含んでいる製品の方が強めであるものの、その反面で肌への負担も大きくなります。

赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶ際には、紫外線吸収剤が成分として配合されていない肌に優しい日焼け止めを選ぶようにしましょう。

ノンケミカル、つまり紫外線散乱剤しか使われていない日焼け止めであれば、紫外線散乱剤使用・酸化チタン使用・紫外線吸収剤フリー・ノンケミカル処方というような記載がどこかにしてあるはずです。

赤ちゃんのために、肌に優しい日焼け止めを選ぶ最初のポイントはノンケミカル処方であることが大切です。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めに良い紫外線吸収剤不使用や紫外線散乱剤って何?

肌に優しい日焼け止めポイント2:SPF・PAが弱め

赤ちゃんとママ 日焼け止め

赤ちゃん用の肌に優しい日焼け止めを選ぶ2つ目のポイントは、紫外線カット効果の強さです。

繰り返しになりますが、紫外線カット効果の強い日焼け止めというのは、それだけ肌に負担のかかる成分が配合されている可能性が高いです。

そのため、肌に優しい日焼け止めを選ぶときには、赤ちゃん用ならSPFとPAという紫外線カット効果の数値が低いものを選びましょう。

ちなみにSPFというのは、紫外線UV-Bを、PAというのは紫外線UV-Aを防ぐ効果のことを表しています。

赤ちゃん用の肌に優しい日焼け止めであるなら、SPFとPAの数値はSPFが10~20PAについては+~++くらいで、普段使いの日焼け止めとして十分の効果があります。

ノンケミカル処方の日焼け止めであっても、このくらいのSPF・PA数値のものはたくさんあるのでご安心を。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止め選び、SPFとPAはどのくらいがいいの?

肌に優しい日焼け止めポイント3:お湯・石けんで簡単に落とせる

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

▲100%天然由来成分でできているアロベビーのUV&アウトドアミスト

赤ちゃんはもちろん、敏感肌の子供にも使えるような肌に優しい日焼け止めは、基本的にお湯や石けんで落ちる程度の、低刺激の成分が配合されている日焼け止めがほとんどです。

特に赤ちゃん向けの肌に優しい日焼け止めの場合は、パッケージにお湯で落ちる・石けんで落とせるというような記載がある低刺激成分の日焼け止めが多いですね。

ただこの点は、肌に優しい日焼け止めというポイントをクリアしていても、パラベンやアルコール、石油系界面活性剤など、紫外線吸収剤など以外の肌に負担がかかりやすい成分が配合されていることも…。

そのため、ポイントとして成分や記載をチェックしたいのは無添加・パラベンフリー・アルコールフリー・酸化チタン(紫外線錯乱剤使用)・ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)・石油系界面活性剤フリー・弱酸性・無鉱物油という点もあることをおさえておきましょう。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めお湯で落とせるおすすめ比較3選!

肌に優しい日焼け止めは無添加オーガニックで赤ちゃん・子供にも安心!

オーガニック 日焼け止め

肌に優しい日焼け止めは、赤ちゃんや小さな子供にも安心して使えるのが嬉しいですよね。

上記でご紹介したポイントのほかにも、肌に優しい日焼け止めを選ぶ際にはオーガニック由来原料を使っているのかを確認しましょう。

特に敏感肌の赤ちゃんには、100%が天然由来でできている製品を選ぶと、不要な肌トラブルを避けられます。

また、無添加オーガニックで有機栽培された植物を使用しているオーガニック由来成分の日焼け止めは、赤ちゃんが万が一日焼け止めを塗った肌を舐めても化学成分のような害があることはほぼありません。

肌に優しい日焼け止めを選ぶときは、ノンケミカル処方の成分とSPF・PAという紫外線カット成分の強さ、そして洗いやすさ(落としやすさ)にその他の化学成分について、最後に成分がオーガニック由来がをチェックして購入すると、間違いなく肌に優しい日焼け止めに辿り着けるはずでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

※関連記事
赤ちゃん日焼け止め比較総合10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加