赤ちゃんの日焼け止めはパッチテストが必須!正しい方法は?

赤ちゃんの肌に紫外線は大敵。夏場は日焼け対策が必須です。しかし、有害なUVから守ってくれるはずの日焼け止めの成分が、かえって敏感肌にダメージを与えることも!肌トラブルを招かないためにもパッチテストを済ませてから使いましょう。パッチテストの必要性や方法をご紹介します。

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

赤ちゃん 日焼け止め 紫外線

生まれて間もない赤ちゃんは、とっても敏感肌。皮膚の厚みは大人の半分ほどしかなく、皮脂膜もまだ未熟なため、バリア機能も完全ではありません。

そんな赤ちゃんの肌に降り注ぐ紫外線は、日焼けによる赤みや痛みを引き起こすだけでなく、環境省によって「幼少期に受けた紫外線量は大人になってからの皮膚がんの発症率に影響する」ことをがわかっています。

また、大人になってからの色素沈着、しみ、白内障、動脈硬化、免疫機能の低下にも、子供の頃の紫外線量が影響するとも言われています。

つまり、乳幼児期からの日焼け止めによる紫外線対策はとっても重要だといえるのです。

日焼け止めの使用前にパッチテストが必要な理由とは?

日焼け止め パッチテスト

日焼け止めであれば、何でも使用しても良いわけではありません。

一般的に手に入る日焼け止めには、紫外線吸収剤や保存料など多くの添加物が使われていて、必ずしも赤ちゃんの肌に良い効果のみをもたらすとは限りません。

むしろ、敏感肌にとっては刺激の強い成分もあるため、負担になり、肌トラブルを招くこともあるのです。

選んだ製品に含まれる成分が、赤ちゃんの肌にトラブルなく使えるものかどうかを調べるために、使用前には必ずパッチテストをしてあげましょう。

パッチテストの方法

「パッチテスト」とは、成分に対するアレルギー反応の有無を調べるために、皮膚でおこなう簡易テストのことです。

赤ちゃんのお肌に日焼け止めのパッチテストをするときは、以下のような手順でやってみてください。

  1. ママの指に日焼け止めをほんの少し取る
  2. 赤ちゃんの腕の内側に、10円玉程度の大きさで薄く塗布する
  3. そのまま24時間放置する
  4. 翌日、皮膚に異常が出ないかを確認して拭き取る

上記の方法でパッチテストをおこなった際、日焼け止めを塗った部分の肌が赤くなったり、発疹、かぶれなどが出た場合は含まれている成分による刺激のサイン。

ただちに使用を中止しましょう。

赤ちゃんにはどんな日焼け止めが安全?

日焼け止め 成分

とはいえ、パッチテストで目に見えるトラブルの有無は、最低限の判断基準です。

パッチテストで炎症が現れなかったとしても、赤ちゃんの敏感肌には、目に見えない負担がかかっていることも想定しましょう。

日焼け止めは、安心できる成分で作られたのものを選んであげたいですね。

安全性のためには、できるだけ天然由来成分に近い素材のものを選びましょう。

紫外線を抑える効果としては、皮膚上で熱処理を起こすタイプの「紫外線吸収剤」が使われたものではなく、バリアによって紫外線を跳ね返す「紫外線散乱剤(酸化亜鉛や酸化チタンなど)」が使われているタイプのものを選んでください。

また、エタノールやDPGなど刺激の強い溶剤成分が使われているジェルタイプものは避けましょう。

赤ちゃんに初めて日焼け止めを使うときは必ずパッチテストをしよう

赤ちゃん 口 指しゃぶり

赤ちゃんが初めて使う化粧品だからこそ、安全な日焼け止めを選びとパッチテストで敏感肌を守ってあげたいですね。

お肌に負担のかからない日焼け止めでも相性には個人差があるので、低刺激の日焼け止めをパッチテストでより安全に使っていきましょう。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加