子どもが日焼け止めでかぶれを起こす?原因や日焼け止めの選び方

子どもは日焼け止めが原因でかぶれができる?とはいえ、外遊びをする子どもに日焼け止めを塗らないわけにもいきませんよね。かぶれが心配な場合、どのような日焼け止めを選べばよいのでしょうか?今回は、かぶれの原因や日焼け止めの選び方についてご紹介します。

子どもは日焼け止めでかぶれてしまうの?

泣きそうな表情の赤ちゃん

「かぶれ」は外部からの刺激やアレルギー反応によって、皮膚に赤みやかゆみ、湿疹などの炎症が起きてしまう症状のこと。

子どもや赤ちゃんの皮膚は、年齢や月齢が低いほど大人より未熟で厚さは薄く、外部からの刺激を受けやすい特徴があります。

そのため、よかれと思って塗っている日焼け止めの成分が、肌に合わないとかぶれの原因となることがあるのです。

低月齢の赤ちゃんにはできるだけ日焼け止めを塗らず、日陰で過ごす、日傘を差す、帽子をかぶる、などの方法で日焼け対策をすると安心です。

それでも、大きくなってくると公園遊びなどの機会が増えるため、赤ちゃんや子ども用の日焼け止めを使うことをおすすめします。

ただし、どんなに低刺激な日焼け止めでも、子どもに使用する際はかぶれが起きないか、まずパッチテストで試してみることが大切です。

かぶれの原因になる日焼け止めの成分とは?

虫眼鏡

日焼け止めでかぶれてしまう原因は人それぞれですが、刺激に弱い子どもは、紫外線吸収剤、パラベン、人工香料、人工着色料、アルコール、防腐剤、石油系界面活性剤、鉱物油といった肌への刺激となる成分が含まれる、いわゆる「ケミカル」な日焼け止めでかぶれを起こしやすいです。

特に、「紫外線吸収剤」は子どものかぶれの原因となりやすいです。

肌に刺激となりやすい成分

紫外線吸収剤は化合物自体が紫外線を一度吸収することで、肌に紫外線が届くのを防ぐ成分です。日焼け止めを塗ったときに、白浮きしにくいメリットがあります。

紫外線吸収剤は大人用の日焼け止めには一般的に使われている成分で、必ずしも悪い成分ではありませんが、子どもには肌への負担が大きく、かぶれやアレルギー反応が起きてしまう可能性があります。

効果の高い日焼け止めほど紫外線吸収剤が含まれているので気を付けましょう。

そのほか注意したい日焼け止めの成分

日焼け止めを選ぶ際には、紫外線吸収剤のほかにも、以下の成分が入っていないかチェックしてみましょう。

  • 紫外線吸収剤
  • ケイヒ酸
  • フェノール
  • ベンゼン
  • 安息香酸

ただし、「肌に優しい」といわれるオーガニック製品でも人によっては合わないことがあります。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めは紫外線吸収剤不使用がおすすめ!紫外線散乱剤との違いは?

日焼け止めでかぶれないために。子どもの日焼け止めの選び方

海 日焼け止め グッズ

紫外線散乱剤を配合した日焼け止め

子どもには、紫外線吸収剤に代わって、紫外線散乱剤が含まれている日焼け止めを選びましょう。

紫外線散乱剤は天然由来や無添加、オーガニックなものが多く、アレルギーを起こす心配がほとんどなく、一般的にはかぶれにくくなっています。

日焼け止めの成分表に「酸化亜鉛」や「酸化チタン」と表記されているものが、紫外線散乱剤に該当します。

お湯で落とせる日焼け止め

日焼け止めが肌に残っている状態はかぶれが起きやすいです。

日焼け止めを落とすときに専用クレンジングが必要なものは、油分が多く、また肌に残りやすいので負担が大きいです。

子どもには普段使っている石鹸で落とせるもの、さらにいうとお湯だけで落ちる日焼け止めだと安心です。

※関連記事
お湯で落ちる日焼け止めで赤ちゃんの紫外線対策!おすすめ人気5選

SPFやPAは高すぎない日焼け止め

UVBの防止効果を表しているSPF、UVAの防止効果を表しているPA。どちらも数値が高ければ高いほど、よいわけではありません。

SPFとPA値が高い日焼け止めは、その分肌に負担がかかるということ。赤ちゃんの肌には、大きな負担となるでしょう。

子どもの日常使いにはSPF15~20、PA+~++ぐらいで十分。SPFの値が高い日焼け止めを選ぶよりも、こまめに塗り直す方が大切です。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止め選び、SPFとPAはどのくらいがいいの?

子どもにも安心の日焼け止めおすすめ3選

1.アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト
出典:www.alo-organic.com

●容量:80ml
●税込価格:2,538円
●SPF/PA:SPF15/PA++

アロベビー UV&アウトドアミストは、紫外線吸収剤は不使用、100%天然由来成分でつくられているので、かぶれやすい子どもにも安心して使えます。

成分のやさしさだけでなく、お湯だけで簡単に落とせて、伸びやすく白浮きしにくい、と使いやすさも抜群。

さらに、日焼け止めにプラスして虫除け効果も含まれているので、これ1本で子どものアウトドア対策ができます。

子どもには注意したい虫除け成分のディートも含まれておらず、虫が嫌う天然のアロマ精油を使っています。

販売サイトで見るのバナー

2.ノエビア レイセラ ミルキーベビーUV

ノエビア レイセラ ミルキーベビーUV
出典:noevirstyle.jp

●容量:45g
●税込価格:3,240円
●SPF/PA:SPF28/PA+++

無香料・無着色・紫外線吸収剤無配合で、子どもにも安心の日焼け止めです。

小児科医の指導のもと、生後6ヶ月~6歳の赤ちゃん・子どもにパッチテスト、アレルギーテストをおこなっていて、安全性の高さも人気のポイント。

ぬるま湯で簡単に洗い流せて、便利さも兼ね備えています。ママの化粧下地としてもどうぞ。

3.パックスベビー UVクリーム

太陽油脂 パックスベビー UVクリーム
出典:www.rakuten.co.jp

●容量:30g
●税込価格:648円
●SPF/PA:SPF17/PA+

赤ちゃんの皮脂に近い成分で作られているので、子どもにも安心して使えます。

カミツレエキスとマカデミアナッツ油を配合しているので、保湿効果も抜群。

肌になじみやすく、子どものかぶれが心配なときも安心して使える日焼け止めです。

※関連記事
赤ちゃん日焼け止め比較総合11選

日焼け止めでかぶれたらすぐに洗い流そう!

赤ちゃん

子どもに日焼け止めを塗っていて、かゆそうにしている、赤くなる症状がある場合は、かぶれが始まっている可能性があります。

何らかの変化に気付いたときはすぐに洗い流して、日焼け止めを使うのをお休みしましょう。

日焼け止め効果が高いほど、皮膚に成分が残ってかぶれやすいので、帰宅したらすぐにベビーソープできれいに洗い流してください。

かぶれの症状がなかなか治まらず、炎症を起こしているようであれば、早めに皮膚科へ連れて行きましょう。

普段は大丈夫な日焼け止めでも、体調によって肌に合わずかぶれることもあります。こまめに子どもの肌が、かぶれていないか確認することがとても大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加