赤ちゃんの皮膚もシミ対策が必要?正しい日焼け止め方法

近年、オゾン層の破壊による紫外線量の増加が指摘されています。

紫外線が皮膚に与える影響は、大人よりも赤ちゃんの方が大きいと言われています。皮膚の弱い赤ちゃんのために、正しい日焼け対策でシミの無いキレイな肌を守ってあげたいですよね。赤ちゃんの肌をシミから守る方法や、シミの原因となる紫外線対策についてご紹介します!

赤ちゃんが浴びた紫外線はいずれシミになる!?

野外で遊ぶ赤ちゃん

紫外線を浴びたからといって、すぐにシミになるわけではありません。

赤ちゃんのシミの原因となる紫外線は、長い時間をかけて少しずつ肌に蓄積されていき、数年後にシミやほくろ、乾燥肌などの症状が現れるのです。

赤ちゃんの肌は大人の半分ほどの厚さしかないため、紫外線によるダメージが皮膚の奥の組織まで届きやすいのです。

赤ちゃんが将来、シミやほくろなど、紫外線による肌トラブルで悩むことがないように、日焼け対策による赤ちゃんのシミ予防をしてあげましょう。

赤ちゃんのシミ予防に!おすすめの紫外線対策の方法とは?

うつむく赤ちゃん

シミ予防アイテム1:赤ちゃん用の日焼け止め

赤ちゃんのシミを防ぐには、日焼け止め対策が大切です。

赤ちゃんの肌は日常生活でも紫外線を浴びているので、しっかり日焼け対策をしないと、すぐに紫外線のダメージを受けてしまいます。

特に紫外線の多い時期には、短時間の外出でも、赤ちゃんの肌が露出している部分に日焼け止めクリームを塗ってあげると、シミ予防になるでしょう。

日焼け止めの選び方にもポイントがあります。赤ちゃんのデリケートな肌には、赤ちゃん専用の、刺激の弱い日焼け止めを選びましょう。

中でも、 お湯で落とせる日焼け止めは赤ちゃんの肌への負担が少なく、おすすめです。

落としきれなかった日焼け止めが肌に残ると、かぶれや色素沈着を引き起こし、赤ちゃんの肌を守るという目的に対して、逆効果になりかねません。

日焼け止めに含まれる成分も、忘れずにチェックしましょう。

日焼け止め成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。赤ちゃん用の日焼け止めには、「紫外線吸収剤」を含まないものが望ましいでしょう。

「合成界面活性剤」が含まれる日焼け止めも、肌の弱い赤ちゃんにはおすすめできません。

日焼け止めの商品パッケージやウェブサイトを確認して、「紫外線吸収剤フリー」や「ノンケミカル」、「合成界面活性剤不使用」などと書かれた日焼け止めを選ぶといいでしょう。

また、一般的に、赤ちゃんの日焼け止めはSPF10~20、PA++程度の日焼け止めで十分だと言われています。

SPFが高くなるにつれて、皮膚への刺激も大きくなりますから、注意しましょう。

肌への負担がかかりにくい日焼け止めを選んで、シミの原因となる紫外線から赤ちゃんのお肌を守りましょう。

シミ予防におすすめ!赤ちゃん用日焼け止め

アロベビー UVクリーム
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー UVクリーム
●容量:60g
●税抜価格:2400円

アロベビー UVクリームは、100%天然由来成分で出来ている純国産のオーガニック日焼け止めです。

顔にも体にも使える日焼け止めなので、赤ちゃんの全身の紫外線対策ができます。

敏感肌のママの化粧下地にもなるため、家族づかいができて便利ですね。

当サイトでは他にも、赤ちゃんのシミやほくろ予防に安心して使える赤ちゃん日焼け止め比較総合11選をご紹介しています。
シミ予防に便利な赤ちゃん用日焼け止めをお探しのママは、ぜひご参照ください

シミ予防アイテム2:帽子・カーディガン

日焼け止めを塗る時間がない時のシミ予防法として、赤ちゃんに帽子や薄手のカーディガンを着用させることも効果的です。

赤ちゃんが小さい頃から、外出時には帽子とカーディガンの着用を習慣化しておくと、物心がついてからも着用を嫌がりにくくなるようです。

帽子やカーディガンによるシミ予防は赤ちゃんの肌への負担もなく、おすすめです。

赤ちゃんのシミ予防におすすめの帽子

特に日焼けしやすい顔には、帽子を使った紫外線対策が有効です。顔にシミやほくろができると目立ちやすいので、紫外線カット力の強い帽子を選びましょう。

サングローブ帽子商品画像

出典:www.rakuten.co.jp

●商品名:Sunglobe UVカット帽子
●税抜価格:2592円

オーストラリア皮膚ガン財団認定のUVカット帽子。UPF(紫外線カットのオーストラリア規格)50+、紫外線の97.5%をカットする、パワフルなベビーハットです。

パタゴニア帽子商品画像

出典:http://www.patagonia.jp

●商品名:パタゴニア ガールズ・トリム・プリム・ハット
●税抜価格:3477円

アウトドアブランド・パタゴニアによるUVカット帽子。UPF50+に加え、耐水性と速乾性に優れているので、あらゆるシーンで使えます。蒸れを防ぐ通気孔がついているのもポイント。

ノースフェイス帽子商品画像

出典:www.amazon.co.jp

●商品名:ザ・ノース・フェイス サンシールドハット
●税抜価格:5100円

取り外し可能なサンシールドがついた帽子。UPF15-30。首周りの日焼け対策ができるので安心です。撥水性と通気性にも優れた素材で、日差しの強い日も快適。

赤ちゃんのシミ予防におすすめ!カーディガン

腕や襟ぐりの日焼け対策に便利なのが、カーディガンやパーカーなどの羽織もの。最近は、ラッシュガードを日常使いするママも多いようです。

赤ちゃんの肌コンディションがよくないなど、日焼け止めを塗りたくない時にも重宝しますよ。

ホットビスケッツカーディガン商品画像

出典:www.amazon.co.jp

●商品名:ホットビスケッツ カーディガン アイボリー
●税抜価格:5184円

紫外線遮蔽率80%以上。色違いの「グレー」と「ストームブルー」では遮蔽率90%以上と、可愛さと機能性を兼ね備えた紫外線カットカーディガンです。

シンプルフリーカーディガン商品画像

出典:www.amazon.co.jp

●商品名:シンプルフリー UVジャケット セーラー ブルー
●税抜価格:1278円

セーラーカラーが可愛いカーディガン。紫外線遮蔽率80%以上。ジップアップ式なので簡単に着脱できます。機能的なのにプチプラでお財布にも優しいですね。

ピクニックマーケットパーカー商品画像

出典:www.amazon.co.jp

●商品名:ピクニックマーケット パーカー
●税抜価格:2916円

紫外線遮蔽率80%以上のUVカットパーカー。フードを取り外しするとカーディガンに。袖をまくってボタン止めできるので、外遊びにも便利です。

紫外線対策をして赤ちゃんをシミから守ろう!

赤ちゃんと遊ぶママ

長期的な肌の健康のためには、皮膚が弱い子供の頃に紫外線を浴びすぎない方がいいとされています。とはいえ、外出は赤ちゃんの心身の健康と成長に欠かせないもの。適切な日焼け対策で、赤ちゃんを紫外線から守ってあげたいですね。

シミやほくろといった将来的な皮膚トラブルを予防するためにも、日焼け止めや帽子、上着といったアイテムを上手に使いこなしましょう。

赤ちゃんと一緒に外出するママにとっても、シミ対策は気になるところ。赤ちゃんと一緒にママも日焼け止めを塗れば、スキンシップの機会にもなりますよ。

親子で楽しくシミ予防を実践しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加