日焼け止めパウダーで紫外線対策!おすすめ商品3選

日焼け止めパウダーは、クリームのベトつき感やテカリが苦手という人におすすめ!日焼け止めパウダーは、メイクの仕上げや、お直し用のパウダーとしても使えてとても便利です。今回は、日焼け止めパウダーについての情報や、おすすめ商品3選をご紹介します。

日焼け止めパウダーってどんなもの?

日焼け止め パウダー

日焼け止めといえばクリームタイプが一般的ですが、実はパウダータイプもあることを知っていましたか?

パウダータイプの日焼け止めは女性向けのものが多く、化粧品のおしろいのような形状で販売されています。

パウダーの中に日焼け止め成分が入っていて、パフやスポンジにパウダーを付けて肌にのせます。

色が付いたパウダーは、ファンデーションの替わりとしても使えます。

肌の表面にのせるタイプの日焼け止めなので、日焼け止めの成分が皮膚に浸透することがなく、洗い流しやすいので敏感肌の人でも安心して使えます。

日焼け止めパウダーの選び方

パウダー 日焼け止めパウダー フェイスパウダー

日焼け止めパウダーにも様々な種類があるので、何を基準に選べば良いのか迷ってしまうという人は多いです。

日焼け止めパウダーのパッケージには、成分表示が書いてあるので、参考にしてみましょう。

ここでは、日焼け止めパウダー選びのポイントについてご紹介していきます。

SPFとPA

日焼け止めのパッケージにSPFやPAという表示を見かけることがあります。

SPFは紫外線防御指数と呼ばれるもので、「SPF指数1に対して約20分紫外線(UVB)をブロックできる」という意味です。

たとえばSPF10なら、20分×10=200分(3時間20分)となります。SPFの数値が高ければ、日焼け止め効果が長時間持続します。

一方、PAはシミやほくろの原因となる紫外線(UVA)を防ぐUV-A防御指数と呼ばれているものです。

PAのあとには+が付いていて、+の数が多いほど防御効果が高くなっています。

SPF、PAともに日焼け止め効果が高い数値を選びがちですが、その分、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤というような肌に負担を与える成分が多く含まれているので、使い方には注意が必要です。

日焼け止めパウダーは、皮膚に浸透せず、落としやすいので肌への負担が軽減されます。

数値が高い日焼け止めを使いたい時には、パウダータイプがオススメです。

肌に優しいノンケミカルタイプを選ぶ

ほとんどの日焼け止めパウダーには、肌荒れやかぶれの原因となってしまう成分が含まれています。

せっかく日焼け止め対策をしても、肌トラブルが起きてしまっては本末転倒です。

日焼け止めパウダーを選ぶときには、刺激が強すぎる成分が入っている物は避けましょう。

最近では、ノンケミカルタイプの日焼け止めパウダーも増えてきています。

ノンケミカルタイプの日焼け止めパウダーは、原材料や配合成分にこだわり、肌への刺激も最小限に抑えてあるので安心です。

おすすめの日焼け止めパウダー3選

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン 日焼け止めパウダー(ツヤタイプ)

トゥヴェール 日焼け止めパウダー
出典:www.amazon.co.jp

●容量:4g
●税込価格:2448円
●SPF:50、PA++++

紫外線吸収剤や合成界面活性剤など、お肌の負担になりやすい成分は無添加のトコヴェールの日焼け止めパウダー。

ノンケミカル処方で、石けんで洗い落とすことができるので、敏感肌さんでも安心して使うことができます。

セフィーヌ シルキーUVパウダー

セフィーヌ シルキーUVパウダー 日焼け止めパウダー
出典:www.rakuten.co.jp

●容量:90回分
●税込価格:3132円
●SPF:30、PA+++

ノンケミカル処方で、何度も安心して塗り直せるセフィーヌの日焼け止めパウダー。

お顔の皮脂や汗を吸着するので、お顔のテカリをおさえてサラサラに仕上げます。

美容成分が8種類も入っているので、お肌の状態も整えてくれます。

DHC 薬用PWルーセントパウダー

DHC 日焼け止めパウダー
出典:www.dhc.co.jp

●容量:8g
●税込価格:1852円
●SPF:20、PA++

毛穴もキレイにカバーしてくれる、DHCの日焼け止めパウダー。

無香料・パラベンフリー・天然成分配合なので、敏感肌さんでも安心して使うことができます。

オイルコントロール効果を配合しているので、お肌をさらさらに保ちます。

日焼け止めパウダーを使ってみよう

女性 顔

日焼け止めパウダーは、女性のメイク直しのアイテムとしても活用できて、とても便利。

皮膚の奥に成分が浸透する心配もないので、赤ちゃんの日焼け止めにも活用できます。

お肌にやさしい日焼け止めパウダーを選んで、紫外線から肌を守りましょう。

当サイトでは、他にも赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加