日焼け止めシートは紫外線対策に効果がある?おすすめ商品もご紹介

日焼け止めシートは、時間が無いときや、日焼け止めクリームを嫌がってじっとしない赤ちゃんにもサッと塗れてとても便利です。しかし、効果は普通の日焼け止めクリームと比べてどうなのでしょうか。今回は、日焼け止めシートの効果や、おすすめ商品についてご紹介します。

日焼け止めシートとは?

日焼け止めシート

日焼け止めシートは名前のとおり、紫外線対策の効果をもつ成分を配合したシートタイプの日焼け止めです。

ウエットティッシュや制汗シートのように、しっとりしたシートで全身を拭くことで、紫外線からお肌を守ることができます。

手軽に紫外線対策ができるので便利ですが、赤ちゃんや敏感肌のママ・パパにとって、刺激の強い成分が含まれていることもあるので注意が必要です。

日焼け止めシートのメリット・デメリット

疑問 ?

日焼け止めシートのメリット

日焼け止めシートのメリットは、やはりそのお手軽さでしょう。

日焼け止めクリームのように、手に取って塗るという手間が省けるため、使った後に手がベタつきません。

そのため、外出先での塗り直しなど、お出かけシーンにも便利です。

また、動き始めた赤ちゃんや、走り回る子供に塗りやすい点もママ達に人気です。

細かい部分や広い範囲にサッと塗ることができるので、じっとしてくれず、日焼け止めクリームを塗るのは難しい…というお子さんにも最適です。

首筋や耳、足の甲など、意外と日焼けしやすいのに日焼け止めクリームが塗りづらいところも、日焼け止めシートなららくちん。

また、日焼け止めシートだと、シートで拭いたときに乾燥するのでは?と心配するママの声も少なくありません。

しかし、最近では成分にヒアルロン酸などの保湿効果が配合されている商品も多いので、安心。

お肌に合った日焼け止めシートを選びましょう。

日焼け止めシートのデメリット

短時間の外出程度であれば、日焼け止めシートでも十分です。

しかし、しっかり紫外線をカットしたいときは、やはりお肌に塗るタイプの日焼け止めクリームの方がおすすめです。

日焼け止めシートは手軽に使える分、持続時間がやや短いので、お出かけ前に使うよりも塗り直しに向いています。

日焼け止めクリームの補助的な役割として使うことをおすすめします。

おすすめの日焼け止めシート

石澤研究所 紫外線予報 子どもとつかえるさっぱりUVシート

石澤研究所 紫外線予報 子どもとつかえるさっぱりUVシート
出典:www.rakuten.co.jp

●容量:30枚
●税込価格:1,296円
●SPF30、PA++

1歳から使える日焼け止めシート兼 汗拭きシートです。顔にも体にも全身に使えます。

汗や皮脂汚れをさらさらにしながら紫外線をカット。

コラーゲンやヒアルロン酸、7種類の植物エキスを配合し、お肌の乾燥を防ぎます。

普段使っているボディソープや石鹸で落とすことが可能です。

家族で使える!無印良品 日焼け止めシート

無印良品 日焼け止め シート
出典:www.muji.net

●容量:12枚
●税込価格:300円
●SPF12、PA+

外出中、日差しが気になるときにサッと1枚1枚取り出せるので、塗り直しに便利です。

12枚で300円とお手頃価格のため、コスパもいい日焼け止めシートです。

SPF12と低めの設定で、お肌に優しく、日常使いにもぴったり。

カバンに入れておいても邪魔にならないサイズで、おすすめです。

ママにおすすめ!UV COOL

UVCOOL 日焼け止め シート
出典:kinousozai.co.jp

●容量:20枚
●参考税込価格:498円~
●SPF5、PA+

名前のとおり、冷感効果を兼ね備えた日焼け止めシートです。

ひんやり冷たい拭き心地で、暑い夏には嬉しい効果だとママ達に人気です。

また、厚手のシートが採用されているので、肌を擦らずに服ことができます。

メントール成分を配合していたりするので、肌への刺激を考慮して公式サイトでは乳児やアルコール過敏症人への使用はおすすめされていません。

お肌に合うかしっかり確認してからの使用をおすすめします。

日焼け止めシートを上手に使おう

赤ちゃん ママ

日焼け止めシートは、手軽でとても便利なアイテムです。日差しの強い季節のお出掛けに、ぜひ活用してみてください。

今回ご紹介したように、配合成分によって肌に合う・合わないは個人差があります。

必ずパッチテストをしてから、全身に使うようにしましょう。

当サイトでは、他にも赤ちゃん日焼け止め比較総合11選をご紹介しています。赤ちゃんに安心して使える日焼け止めをお探しのママは、ぜひご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加