赤ちゃんと一緒に運動会!日焼け止め対策はどうしたらいい?

兄弟がいる場合、赤ちゃんと一緒に運動会に行く機会もあると思います。運動会といえば春や秋の日中の時間帯に、屋外で過ごすため日焼け止めは必須です。今回は、赤ちゃんと一緒に運動会に参加する場合の注意点や、日焼け止め対策方法についてご紹介していきます。

赤ちゃんと運動会に行く場合の日焼け止め方法とは?

運動会 国旗

一般的に、ほとんどの幼稚園や保育園・学校では、運動会は春か秋におこなわれます。

春や秋といえど、日中の紫外線の強さは強いものです。

長時間屋外で過ごすことになるので、赤ちゃんと一緒に運動会に行く場合は、しっかり日焼け止め対策をすることが必要です。

体温調節のしやすい服装

運動会の時期は気温の変化が激しいので、赤ちゃんの体温調節にも気を配るようにしましょう。

服装は、半袖に脱ぎ着しやすい長袖のカーディガンやパーカーなどが便利です。

気温がそんなに高くない場合は、半袖よりも薄手の長袖を着せたほうが日焼けもしにくく、おすすめです。

帽子をかぶせる

赤ちゃんに帽子も被せてあげると、日焼け止め対策のほか、熱中症予防にもなります。

日傘を使っている人もいますが、運動会での日傘は応援の邪魔になりかねないので、使わないほうが無難です。

赤ちゃん用の日焼け止めを塗る

必ず、赤ちゃんに日焼け止めを塗るようにしましょう。

日焼け止めは、赤ちゃん用の低刺激の日焼け止めを選ぶようにして、赤ちゃんの肌に負担をかけないように注意してください。

こまめに塗り直してあげられるように、日焼け止めは塗り直しやすいものを持参することをおすすめします。

赤ちゃんを運動会に連れて行く時の日焼け止めおすすめグッズ

運動会 屋外

運動会に赤ちゃんを連れて行く場合、具体的にどのようなものが必要なのでしょうか。

ここでは、おすすめの日焼け止めグッズをご紹介します。

ベビーカー

運動会で赤ちゃんを抱っこしながら長時間応援するのは、意外と大変です。

ベビーカーがあれば、赤ちゃんが寝てしまったときでも安心です。

ベビーカーにサンシェードをつけておけば、赤ちゃんの日焼け止め対策にもなるので、おすすめです。

バスタオル

バスタオルや大判のタオルは、肌が露出している部分にかけると日焼け止め対策になります。

また、赤ちゃんが寝てしまった時のお布団代わりや、おむつ替えの時に赤ちゃんの下に敷いてあげるなど、屋外の運動会では様々な使い方ができます。

赤ちゃん用の日焼け止め

日焼け止めは、赤ちゃんと出かける前に塗ったら、それで終わりではありません。

運動会に参加している間も、赤ちゃんは汗をかいています。

こまめに日焼け止めを塗り直してあげるためにも、運動会には必ず持っていきましょう。

スプレータイプなどの日焼け止めは、手軽に塗れるのでおすすめです。

日焼け止めは、必ず赤ちゃん用の低刺激の製品を選ぶようにしてください。

つばが広めの帽子

顔や体に日焼け止めを塗っても、頭皮の日焼けを忘れてはいけません。

運動会では、長時間屋外で過ごすことになるため、頭皮の日焼け止め対策も大切です。

帽子も忘れずに持っていきましょう。つばの広めの帽子なら、顔や首の日焼けを防ぐ効果も期待ができます。

赤ちゃんとの運動会は日焼け止め対策をしっかりおこなおう

赤ちゃん 屋外

赤ちゃんと一緒に運動会に行く場合は、長時間屋外で過ごすことになるので、しっかり日焼け止め対策をおこなうように注意してください。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。

赤ちゃんの日焼け止め方法をお探しのママは、ぜひご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加