曇りでも日焼け対策は必要?おすすめの紫外線の対策方法とは?

曇りの日でも日焼け止めを塗って、紫外線対策をしていますか?実は、曇りの日も紫外線が降り注いでいるので、晴れの日と同様、しっかりと対策をすることが大切。今回は、曇りの日にも日焼け対策が必要な理由と、紫外線の対策方法をご紹介します。

曇りの日でも日焼け対策は必要!なぜ?

曇り空

「曇りや雨の日は太陽光が弱いから」と日焼け対策を怠ると、知らぬ間に日焼けをしてしまいます。紫外線対策は、天候にかかわらずおこなうのがおすすめですよ。

曇りの日でも50%以上の紫外線量がある

快晴時の紫外線量を100%としたとき、うす曇り:約80~90%、曇り:約60%、雨:約30%となります。しかし、曇りの間から太陽が出ている場合、曇からの散乱光が加わり、快晴時よりも紫外線量が多くなることも(※1)。

曇りは快晴時より紫外線量が減りますが、50%以上は降り注ぐので、しっかりと紫外線対策をするのが大切となります。

UVA紫外線は曇を透過する

紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類に分かれ、そのうち私たちの肌に影響を及ぼすのはUVAとUVB紫外線です。

波長が短く、火傷や水ぶくれに似た症状を引き起こすUVB紫外線と比べて、UVA紫外線は、肌の奥深くの真皮層にまで届くほど波長が長く、ジワジワと肌にダメージを与えます。

UVA紫外線は曇り時にも降り注ぎ、ガラスやカーテンも透過するので、曇りや室内だから安心というわけではいきません。

UVA紫外線によって受けたダメージは、どんどん体内に蓄積され、将来的なシミやそばかすなどの肌トラブルだけではなく、皮膚がん、白内障などの疾病にかかる恐れも。

曇りや雨天、室内にいても、日焼け止めを塗るなど紫外線対策をおこないましょう。

曇り以外の反射した紫外線と冬の日焼けも対策しよう

反射率の高い雪と雪だるま

日焼けは曇りや雨などの天候だけではなく、地表面で反射をした紫外線による日焼け対策も必要です。

地表面の紫外線の反射率は、地表面の状態によって大きく異なります。新雪で80%、砂浜で10~25%、アスファルトで10%に達するようです(※2)。

また、怠りがちなのが冬の日焼け対策。冬の紫外線量は夏より少ないですが、太陽光からの紫外線は季節関係なく降り注いでいます。

夏場の日焼け対策をしっかりおこなっていても、冬も日焼け対策をおこなわなければ、後々のシミやそばかすの原因の1つとなってしまいます。

曇りのときに降り注ぐ上空からの紫外線対策と併せて、地表面からの反射による日焼け、また寒い冬も十分な対策をおこないましょう。

曇りでも日焼け対策!おすすめの方法は?

曇りの日にも大切な日焼け対策グッズ

日焼け止めを使う

曇りや雨天時のときも、日焼け止めを塗りましょう!おすすめの日焼け止めは、赤ちゃん用の日焼け止め。低刺激で安全な成分で構成されているタイプが多く、敏感肌など肌トラブルを起こしやすい人にもおすすめです。

また、日焼け止めは2~3時間おきに塗り直してください。サッと吹きかけるだけでOKのミストやスプレータイプの日焼け止めは、時間を掛けずに塗り直せるので、外出先での使用におすすめですよ。

当サイトでは、赤ちゃんに安心して使える赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

日傘・帽子も活用する

紫外線対策は日焼け止めだけではなく、日傘や帽子も併用して対策をおこないましょう。

日傘を選ぶときは紫外線カット率と、日除け機能もある遮光率もチェックするのがおすすめ。帽子を選ぶときはツバが広く、通気性のよいものを選ぶのがおすすめですよ。

室内でも日焼け対策をする

UVA紫外線は窓やカーテンも透過するため、室内にいるときも紫外線対策が大切。最近では、UVカット機能のカーテンなども展開しているので、窓から降り注ぐ紫外線をブロックしましょう。薄い長袖を着用するのもよいですね。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めは家の中でも必要?おすすめの紫外線対策方法

曇りの日も日焼け対策を徹底して美肌を目指そう

空

快晴時と比べると紫外線量は低いものの、曇りの日もしっかりと日焼け対策をおこないましょう。

また、室内にいてもUVA紫外線はカーテンなどを透過するので、のんびり過ごす日も日焼け止めは塗っておきたいもの。

日焼け止めにはさまざまな種類がありますが、オーガニックや紫外線吸収剤フリーなど、肌にやさしい日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

曇りや雨天時の日も日焼け対策をおこない、将来シミやシワで悩まないよう今から美肌を目指しましょう!

※1 参考文献:気象庁 紫外線に関する質問 紫外線の性質について Q1

※2 参考文献:気象庁 地表面の反射と紫外線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加