赤ちゃんの日焼け止めにケープが便利?おすすめの紫外線対策方法

赤ちゃんの日焼け止めに、ケープを活用したことはありますか?赤ちゃんとの外出は、色々と気を遣うことが多いもの。肌に直接塗る日焼け止め以外にも、紫外線の対策方法は色々とあります!今回は、赤ちゃんの日焼け止めに便利なケープについて、ご紹介していきます。

赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由とは?

夏 ひまわり

毎日何気なく太陽の光を浴びていますが、日光は私たちの肌に想像以上にダメージを与えています。赤ちゃんの肌は、大人の肌に比べて繊細でとても敏感です。そのため、紫外線の影響も受けやすく、肌トラブルにつながらないような注意が必要です。

赤ちゃんが日焼け止め対策をせず、紫外線をたくさん浴び続けると起き得る危険性は、以下のとおりです。

  • シミ・しわができやすくなり、皮膚の老化を早めてしまう
  • 大人になって皮膚がんを発症する可能性が高くなる
  • 白内障、翼状片、網膜のメラノーマなどの目の病気が起こりやすくなる

このような健康への害が起きないように、赤ちゃんの日焼け止め対策は外出するようになったら、すぐに始めるべき大切なケアのひとつです。

赤ちゃんの日焼け止め対策にケープがおすすめ

赤ちゃん ママ ケープ

赤ちゃんの日焼け止め方法のひとつとして、注目を集めているのがケープです。

ケープとは、大きい布のようになっていて、上部の隅に付いたひもやクリップを抱っこひもやベビーカーに固定することで、紫外線対策をできるようになっています。

裾にも同様にひもがついているデザインが多く、すっぽりと赤ちゃんを覆うことができるようになっていて、直射日光を避けるのに効果的なアイテムです。

赤ちゃんの日焼け止めにケープがおすすめの理由

赤ちゃん ママ 手

ケープはベビーカー・抱っこどちらでも使える

抱っこひもの時やベビーカーの時、どちらの場合でも同じケープを使うことができます。

抱っこしたままでも、さっと手軽につけることができるのもケープのいいところです。

全身を覆うことができる

ベビーカーの日よけや、帽子をかぶせるだけでは紫外線から守ることは難しいもの。

ケープは、赤ちゃんを足元までしっかりと覆ってくれるので、安心して直射日光から守ることができます。

体温調節にも最適

特に夏場のお出かけでは、電車や室内などの外出先の冷房の強さは心配なポイントのひとつです。

赤ちゃんは大人に比べて、体温の調節機能も未熟なので、急な気温の変化で体調を崩してしまう可能性があります。

気温の変化が気になるときも、ケープがあれば体温を調節してあげることができるので、とても便利です。

赤ちゃんの日焼け止め対策にケープ選びのポイント

ポイント 要点

赤ちゃんの日焼け止め対策にケープを選ぶときにチェックしたいのが、ケープの素材です。

通気性がいい素材を使っていたり、UVカット効果のある素材を使ったケープを選ぶようにしましょう。

また、新陳代謝が活発で汗っかきの赤ちゃんのために、吸水性・速乾性に優れた素材を使ったケープを選ぶこともおすすめです。

素材を含めてケープを上手に選ぶことで、気温の上がる季節でも体調を崩さずに紫外線対策ができます。

赤ちゃんの日焼け止めにおすすめのケープ

ユグノー シャダンケープ

ユグノー シャダンケープ
出典:www.amazon.co.jp

●サイズ:着丈70㎝、身幅80㎝
●重量:180g
●税込価格:4536円

体感温度を3℃も下げられるような遮熱効果のある、ユグノー シャダンケープ。もちろんUVカット率95%の紫外線防止効果も兼ね備えているので、赤ちゃんの日焼け止め用にも最適です。

通気性の良いサラッとした肌触りが心地いいケープです。

エルゴベビー ベビーキャリア用サマーカバー(UVケープ)

エルゴベビー uvケープ
出典:www.dadway-onlineshop.com

●サイズ:W98×D0.2×H70cm
●重量:110g
●●税込価格:3780円

大人気のエルゴベビーから展開している、UVケープ。

虫除け・UVカット・遮熱の3機能が備わっているので、一枚あれば夏のお悩みから赤ちゃんを守ることができます。

夏用ブランケットとしても使えるので、外出先で赤ちゃんがお昼寝したときにも便利です。

赤ちゃんの日焼け止めに効果的!ケープと一緒にできる対策

赤ちゃん 夏

紫外線から肌を守るため、赤ちゃんの頃から日焼け止め対策をしっかりおこなうことは重要です。

ママは、赤ちゃんとの外出時の日焼け止め対策を、しっかりと身に着けるように意識しましょう。

ここでは、ケープと一緒におこなうと効果的な日焼け止め方法をご紹介します。

外出する時間帯

紫外線が一番強くなるのは、10:00~14:00の間です。

できれば、この時間帯は赤ちゃんとの長時間の外出は控えたほうが安心です。

どうしても出かけなければならない場合は、赤ちゃん用の日焼け止めを塗ってからケープをかけたり、しっかり対策をしてから外に出るようにしましょう。

長袖のベビー服や帽子

ベビー服は襟付きのデザインや長袖のタイプなど、肌を覆うようなデザインを選ぶことで、直射日光から肌を守ることができます。

また、つばが広めの帽子をかぶせることで、紫外線以外に熱中症も予防することができます。

赤ちゃん用日焼け止め

大人用の日焼け止めは、赤ちゃんには刺激が強い成分が含まれ散る可能性があるので、赤ちゃん用の日焼け止めを使いましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めでも、初めて使うときには必ずパッチテストをしてから使うようにしましょう。

当サイトでは、安心して使える赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

赤ちゃんの日焼け止めにケープを活用しよう

赤ちゃん 日焼け止め 屋外

赤ちゃんは、まだ自分一人だけの力で紫外線対策をすることができません。

ケープや赤ちゃん用の日焼け止めを活用して、我が子を紫外線ダメージから守るように注意してみてください。

将来の皮膚トラブルにつながらないよう、赤ちゃんの健康な肌づくりのサポートをしてあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加