赤ちゃんの日焼け止めで去年のものは使える?気になる期限や注意点

赤ちゃんの日焼け止めが使いきれずに、去年のものが余っている…という声は少なくありません。去年の赤ちゃん用の日焼け止めは、まだ使っても大丈夫なのでしょうか。今回は、去年の赤ちゃん用の日焼け止めは使えるのか?また、期限や注意点についてご紹介します。

赤ちゃんの日焼け止めは去年のものを使っても大丈夫?

赤ちゃん 日焼け止め

まだ身体が小さく、外出の頻度もそこまで多くない赤ちゃん用の日焼け止めは、ワンシーズンですべて使い切れないというママの声が多いです。

また、買ったのに使う機会がなかった…という声も少なくありません。このような様々な理由で残ってしまった去年の赤ちゃん用日焼け止めは、使うことはできるのでしょうか?

まず最初に、去年の赤ちゃん用日焼け止めを使えるのか否かについて、知っていきましょう。

去年購入して未開封の場合

去年買ったものの未開封という場合、使用期限は製品によって異なります。

日焼け止めの種類によっても違いがあるので、ここでは平均的な使用期限をご参考までにご案内します

  • 乳液・ジェルタイプ:3年以内
  • スプレータイプ:3年以内

パッケージには使用期限が記されていないことも多いです。

なぜなら、薬事法によって「未開封で3年以内に品質が変わらず、問題なく使用できる」ようであれば、使用期限の記載は義務付けられていないのです。

そのため、基本的には去年の日焼け止めは未開封の場合、まだ使えるということになります。

しかし、少しでも開封してしまうと、どんどん酸化が進んでしまいます。

あくまで「未開封の場合」だということをしっかり理解してきましょう。

去年購入して開封した場合

去年の日焼け止めは、開封してからかなりの時間が経っています。

防腐剤が入っている日焼け止めでも成分の劣化、酸化が進んでいるということを覚えておきましょう。

平均的な日焼け止めの種類別の使用期限は、以下のようになります。

  • 乳液・ジェルタイプ:開封後1年以内
  • スプレータイプ:開封後3年以内

保管状態が悪かったり、高温多湿や直射日光が当たるような場所に保管していた場合は、成分が劣化しやすく、分離が早まってしまう可能性があります。

そのため、お肌への影響を考えると、去年の残りを使用するのは控えたほうが安心です。

赤ちゃんの日焼け止め去年の製品を使う前のチェック点

!

  • 変なニオイがしないか
  • 液体が分離していないか
  • 変色していないか

去年の赤ちゃん用日焼け止めの状態に、この中の項目がひとつでも当てはまる場合、成分が劣化している可能性が高いです。

紫外線から赤ちゃんの肌を守ってくれないどころか、お肌に負担をかけてしまいます。

このような場合は、期限内であったとしても、去年の残りを使わないようにしましょう。

赤ちゃんの日焼け止めで去年の残りを使う危険性とは?

赤ちゃん 泣く

大人の肌よりも敏感な赤ちゃんの肌は、少しの刺激がダメージにつながることがあります。

去年の残りを使った場合に考えられる悪い症状は、肌が赤くなる、湿疹ができる、肌のかゆみといったものがあります。

もしそのような症状が赤ちゃんの肌に現れたら、すぐに去年の日焼け止めの使用は止めて、皮膚科や小児科を受診するようにしましょう。

赤ちゃんの日焼け止めは去年の残りの使用は避けよう

赤ちゃん ママ

赤ちゃん用の日焼け止めは、肌への刺激をできるだけ少なくできるように、低刺激に作られています。

そのため、保存料や防腐剤などの化学物質を控えた製品が多く、品質を保ちながら長期保存することは難しいでしょう。

保管状態にもよりますが、赤ちゃんの日焼け止めは未開封で1~2年、開封したならできるだけ早くワンシーズンで使い切るようにしましょう。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加