【アルトラサン】0歳児から使える赤ちゃん用日焼け止めの特徴とは?

2017年4月に本格的に日本に上陸したばかりの「アルトラサン」は、赤ちゃん~敏感肌の大人まで安心して使える日焼け止め専用のスイス発のブランドです。今回は、アルトラサンの赤ちゃん用日焼け止めの効果や特徴について、詳しくご紹介していきます。

アルトラサンの赤ちゃん用日焼け止めの特徴

日焼け止め UV

ヨーロッパの皮膚科や薬局で取り扱われている

アルトラサンは、美容医療先進国・スイス発のブランドです。アルトラサンの日焼け止めは、開発~製造におけるすべてをスイスでつくられています。

こだわりの100%スイスメイドのアルトラサンの日焼け止め製品は、ヨーロッパの皮膚科や薬局でも幅広く取り扱われ、多くの人々に認知されています。

肌になじみやすい

アルトラサンの日焼け止めは、お肌に素早くなじんで表皮に密着するように、層状になった構造のゲル製剤が採用されています。皮膚の深部には成分が浸透しないようになっているので、肌への負担も与えないように考慮されています。

皮膚が老化しないよう防ぐ

アルトラサンの赤ちゃん用日焼け止めには、独自の近赤外線を防ぐための集合体成分を採用しています。

皮膚の深部にある皮下組織を壊してダメージを与える力を持つ近赤外線を防ぐことで、肌が老化しないように防いでくれます。

UVA・UVBの害から守る耐光性を実現

アルトラサンの赤ちゃん用日焼け止めは、新しいミネラルフィルターコンビネーションを採用することで、UVA・UVBの与える皮膚への様々な害から赤ちゃんを守る耐光性を実現させました。

これによって化学フィルターも減っているので、皮膚の受ける負担も軽減され、より肌へやさしいつくりになっています。

無添加へのこだわり

アルトラサンの赤ちゃん用日焼け止めは、皮膚にトラブルを与える可能性があるとされる、以下の成分はすべて無配合でつくられています。

  • 鉱物油、乳化剤:UVAや乳化剤と結合することで光アレルギーを引き起こす可能性があるため
  • 防腐剤:敏感肌の人にまれに肌トラブルを引き起こす可能性があるため
  • 香料:日光にあたることでシミの原因となる可能性があるため
  • アルミニウム:人間の体への悪影響が議論されているため
  • シリコン:肌に成分が残るとトラブルの原因となる可能性があるため
  • PEG/PPG:肌に有害物質が浸透する原因となる可能性があるため
  • オクトクリレン、アボベンゾン:紫外線吸収剤の成分のひとつで、アレルギーを引き起こすという実例の報告があるため
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル:紫外線吸収剤の成分のひとつで、皮膚への負担だけではなく環境ホルモンにも悪く作用する可能性があるといわれているため

アルトラサンの赤ちゃん用日焼け止めの商品詳細

アルトラサン 赤ちゃん 日焼け止め
出典:ultrasun.jp

●容量:100ml
●税込価格:4860円
●SPF50、PA++++

アルトラサンの赤ちゃん用日焼け止めの配合成分

水、酸化亜鉛、イソノナン酸セテアリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、BG、酸化チタン、グリセリン、ジポリヒドロキシステアリン酸ポリグリセリル-2、ホホバ種子油、シア脂、オレイン酸グリセリル、酢酸トコフェロール、硫酸Mg、合成ミツロウ、パンテノール、水酸化AI、エチルヘキシルグリセリン、ステアリン酸、ヒマワリ種子油、フェルラ酸エチル、トリオレイン酸ポリグリセリル-5、ローズマリー葉エキス、ウリジンリン酸2Na、トコフェロール

アルトラサンの赤ちゃん用日焼け止めを試してみよう

赤ちゃん 夏

アルトラサンの赤ちゃん用日焼け止めは、美容先進国のスイスが展開している日焼け止め専用ブランドだけあって、こだわってつくられた製品です。

リッチな価格設定で自宅用に購入して続けるのは少し難しい…という声もあるので、プレゼントに贈ってあげるアイテムとしてもアルトラサンの日焼け止めはおすすめです。

当サイトでは、アルトラサン以外にも様々な赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加