赤ちゃんの日焼け止め対策はどうする?バーベキューの時の注意点

赤ちゃんがいると、日焼け止め対策を気にするママは多いです。特に、バーベキューなど屋外レジャーに赤ちゃんを連れていきたい場合、我慢したほうがいいのか悩むという声も少なくありません。今回は、赤ちゃんとのバーベキュー時の日焼け対策法や注意点をご紹介します!

赤ちゃんに日焼け止めをすればバーベキューに連れて行っても大丈夫?

バーベキュー

青空の下で仲間と集まって楽しむバーベキューは、気分転換になるものですよね。とはいえ、赤ちゃんを連れて行っても何か悪い影響がないか心配になるというママは少なくありません。

バーベキューに連れて行くことができる赤ちゃんの月齢に決まりはありません。最近では、0歳からつけられる日焼け止めも普及しているので、日焼け止めの観点からも安心です。

基本的にはパパやママがバーベキュー時の環境でも、柔軟に対応する力があれば問題はないといわれていますが、赤ちゃんの未熟な身体のことを考えると、1歳前後になってからがおすすめとされています。

ここでは、赤ちゃんをバーベキューに連れて行く場合、どのような注意が必要なのかご案内していきます。

赤ちゃんの日焼け止め・熱中症対策!バーベキューの時の持ち物は?

赤ちゃん 屋外

赤ちゃんとバーベキューに行く際は、日焼け止めはもちろん、日焼け止め以外にも様々なケアが必要となります。

1歳前後の赤ちゃんは、まだ暑い・寒いなどの要求を伝えることができません。そのため、バーベキュー場で直射日光に長時間当たらないよう注意する以外にも必要な対策方法について、持ち物と一緒にご紹介していきます。

赤ちゃん用日焼け止め

赤ちゃんの皮膚の厚みは大人の半分程度しかないため、バーベキューや海などの日焼けしやすい環境では、日焼け止めを塗って紫外線を防ぐことが大切です。

日差しの強い環境で赤ちゃんに日焼け止めを塗らないと、将来白内障や皮膚がんなどの恐ろしい病気を引き起こす可能性もあります。

バーベキュー当日に初めてその日焼け止めを使ってみたら肌がかぶれてしまったということのないよう、事前にパッチテストをおこなって確認しておくことも忘れないようにしてください。

なお、バーベキュー場のように暑い場所では、汗っかきな赤ちゃんはさらに汗をかきやすいです。日焼けめはこまめに塗り直すことも忘れないようにしてください。

屋外のバーベキュー場は虫刺されなども心配なので、虫除け効果も含まれた日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

※関連記事
赤ちゃん日焼け止め比較総合10選

水分

汗っかきな赤ちゃんは大人よりも水分を必要とするので、こまめに水分を与えてあげましょう。また、ミルクで育てているという場合には、調乳グッズの持参をおすすめします。使い捨ての哺乳瓶などを活用すると便利です。

母乳で育てている場合には、人目につかないところで授乳する必要もあります。車の場合には車の中で目隠しを使って授乳できますが、そうでない場合には簡易テントなどがあると安心です。

水分を補給するタイミングで、併せて日焼け止めを塗り直してあげてもいいですね。

日傘・パラソル・テント

バーベキューではどうしても煙が発生します。また、タバコを吸う人もいるでしょう。それらの煙の中には、赤ちゃんにとって刺激となる物質が多く含まれているので、赤ちゃんは風上にいるようにするなどの配慮が必要です。

その際に日焼けをしないように、パラソルや日傘などを使うと紫外線からも熱中症からも赤ちゃんを守ることができます。

また、もし自宅にテントがある場合は、授乳や休憩場や日焼け止めを塗り直す場所としても活用できるので、便利です。

着替えや冷却グッズ

基本的に屋外でバーベキューをおこなうことが多いと思うので、暑い場合には汗をよくかくでしょうから、着替えを持っていきましょう。

また、バーベキュー場が暑かった場合のために、アイスノンや冷えピタなどの冷却グッズも持っていくと尚おすすめです。

うちわなど、手軽にあおいで涼めるような暑さ対策グッズもあると、風のない日でも涼しく感じられます。

赤ちゃんの日焼け止め対策以外に!バーベキュー時の注意点

! 注意点

同行者への配慮

赤ちゃんに日焼け止めを塗ってケアするのはもちろん、同行する人達に事前の了解を得ておくことは大切です。

赤ちゃんに不測の事態が起きたり、赤ちゃんを置いてバーベキュー場から少し離れたお手洗いなどに行く必要があるかもしれません。

そのような時に柔軟な対応ができるよう、バーベキュー参加前に同行する人達に事前に一言伝えておくようにしましょう。

近隣の病院をチェックしておく

日焼け止めなどに気を取られるばかりでなく、基本的な持ち物にも気を付けましょう。赤ちゃんが突然体調を崩してしまうかもしれないので、保険証と母子手帳も持参しましょう。

すぐに駆け付けられるよう、バーベキュー場の近隣の病院を調べてくと安心です。

赤ちゃんに正しく日焼け止め対策をしてバーベキューを楽しもう

バーベキュー 屋外

赤ちゃんと一緒にバーベキュー場に行く際には、屋外で長時間過ごすことも考えられるので、いつも以上に日焼け止め対策は万全に整えておくと安心です。

併せて熱中症にならないようにケアしながら、赤ちゃんの様子を見つつ楽しいバーべキューをの時間を過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加