赤ちゃんの日焼け止め対策にはどのような服が良い?月齢別にチェック

赤ちゃんが日焼けをしてしまうと、将来皮膚がんや白内障などの恐ろしい病にかかったり、シミやソバカスなどの原因に繋がる可能性があります。今回は、赤ちゃんに紫外線の害を蓄積させないように、日焼け止め対策に最適な服についてをご紹介していきます!

赤ちゃんが日焼け止めしないように服でも守るべき理由

赤ちゃん 日焼け止め 屋外

赤ちゃんと外出するときに、日焼け止めや紫外線対策に服装を気にしなければいけない理由は、なぜなのでしょうか?

それは、紫外線の与える刺激が人の皮膚に悪影響を及ぼす可能性があるためです。紫外線によって肌の奥の真皮まで傷つき、バリア機能が破壊されてしまいます。

一度受けたダメージは体内に蓄積されて、何十年後に大人になったとくにシワ、シミ、ソバカス、免疫力の低下、白内障、皮膚がんなど、様々な形で現れる可能性があるのです。

特に赤ちゃんの皮膚は大人の半分ほどしかなく、生まれて間もないのでバリア機能なども未発達です。

そのため、日焼け止め意外にも、パーカーやカーディガンなどの服にも工夫をして体を覆い、紫外線の害から守る必要があるのです。

赤ちゃんの日焼け止め対策に効果的な服とは?

ベビー服 赤ちゃん 服

赤ちゃんを日焼けから守るためには、具体的にどのような服を着せてあげればいいのでしょうか。

赤ちゃんとのお出かけのときに、こまめに日焼け止めや虫除けを塗り直すのも手間にが多く、塗り直しも大変です。

ここでは、赤ちゃんの日焼け止め対策に効果的な、服選びのポイントをご紹介していきます。

UVカット素材の長袖

服はなるべく通気性の良い長袖を選び、UVカットができる素材で作られた服を選ぶと、なお安心できます。糸と糸の隙間が少ない「綾織」の服がおすすめです。

服以外にもできる工夫

また、赤ちゃんの頭にはつばの広い帽子も着用させましょう。途中で取れてしまわないように、赤ちゃんの顎の下でしっかり留めることができるものが安心です。

日焼け止めとともに虫除け効果のある素材で作られている帽子もあるので、必要に応じて選びましょう。

最近では、赤ちゃんや幼児向けのサングラスも発売されているので、日差しが強い日にはできればかけさせるようにしてみてください。

※関連記事
紫外線対策や熱中症予防にも!赤ちゃんに上手に帽子を被せる方法
赤ちゃん・子供も夏はサングラスで有害な紫外線をカットする!

月齢別!赤ちゃんの日焼け止め対策におすすめの服のコーディネート

子ども 服

実際に紫外線対策を効果的におこなえるように、赤ちゃんのおすすめコーディネートを月齢別にご紹介します。

0ヶ月~3ヶ月の服装

生まれたての赤ちゃんは、まだまだ身体が未発達な状態です。窓から入り込む紫外線にも注意して、寝かせる場所も窓に近づけすぎないように、注意してください。

生後1ヶ月を過ぎたら、30分程度の外気浴から始めていきます。外気浴にも慣れたら、新生児の赤ちゃんから使える日焼け止めを塗り、UVカット素材でできたベビー服を選びます。

ただ、生後2ヶ月頃までは長時間の外出を避けて、日焼け止めを使わずにベビー服や日傘などで紫外線を避けたり、短肌着とドレスオールを使って、足先まで覆うだけでも対策になります。

外出時間と赤ちゃんのお肌の状態に合わせて、上手に対策を選んでいきましょう。

4ヶ月~6ヶ月の服装

赤ちゃんもこの頃になると、首も座り始めて、かなり動きが出てきます。コンビ肌着などを使ってお腹を守り、ロンパースを重ねましょう。

外出の際には、カーディガンやパーカーなどさっと羽織れるタイプの服を用意しておくと、寒暖差にも日焼け止めにも対応できます。

抱っこ紐での外出では日焼け止めを塗って日傘を活用したり、ベビーカーや車なら、サンシェードなどの日除け対策グッズを併用しましょう。

6ヶ月~1歳の服装

この頃の赤ちゃんは首も腰も座り、ハイハイやたっちなど自由自在に動ける子が増えるので、上下が別々になった洋服を選ぶと赤ちゃんも動きやすくなります。

日焼け止め対策もしつつ、冷房が強い場所に行く場合に備えて、カーディガンやパーカーを持っておくといいでしょう。公園で自由に走り回る子の場合には、帽子も忘れずに着用させてください。

日焼け止めも今までよりしっかり塗るように意識して「2~3時間に1度は塗り直す」など、こまめにケアすることをおすすめします。

1歳以降の服装

1歳を過ぎた赤ちゃんは、より活発になり生活リズムも定まります。

帽子や服装の対策はもちろん、日焼け止めの塗り忘れに気を付けて外に出ましょう。日焼け止めや虫除けを塗り直す手間を考えて、UVカット機能のついたカーディガンやパーカーを着用すると便利でおすすめです。

赤ちゃんの日焼け止め対策ができる服選びで肌トラブルから守ろう

赤ちゃん ママ

赤ちゃんの日焼け止め対策には、日焼け止め以外にも服や様々なグッズの活用もおすすめです。

肌に負担をかけないように日焼け止め対策をおこなって、赤ちゃんを紫外線から守りましょう。

当サイトでは、赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加