【ベビーボーン】東原亜季さん・高橋ミカさん共同開発の日焼け止め

ママモデル・タレントとして有名な東原亜季さん、人気エステティシャンの高橋ミカさんが共同開発して誕生した、赤ちゃん用ブランドのベビーボーン。ベビーボーンから、待望の日焼け止めが発売されました!今回は、新作の日焼け止めの特徴や口コミについてご紹介します。

ベビーボーンの日焼け止めのコンセプト

赤ちゃん ママ

紫外線が年々強くなっていく中で、赤ちゃんにも紫外線対策は必須だという認識がママ達の中で浸透してきました。

ですが、ベタつく日焼け止めは赤ちゃんが嫌がってつけてくれなかったり、SPFやPAが高い日焼け止めだと肌への負担が心配で赤ちゃんに使えない…という2点は常にママ達の悩みの種。

そこで、ベビーボーンは前述の悩みをふまえつつ、赤ちゃんでも使える「SPF50+、PA+++」の日焼け止めを開発!

お肌に負担のかけない、安心して使える日焼け止めで、赤ちゃんとママ一緒に紫外線からお肌をケアできます。

ベビーボーンの日焼け止めの特徴

日焼け止め UV

UV吸収剤が肌に触れないような処方

赤ちゃん用の日焼け止めで懸念されているのが、UV吸収剤の存在。

UV吸収剤はお肌に膜状のバリアを作ってくれるので、お肌を紫外線のダメージから守ることができますが、そのUV吸収剤から発生する物質が赤ちゃんの皮膚に直接触れると、刺激になる可能性があります。

ベビーボーンの日焼け止めは、気になるUV吸収剤をパウダー内に閉じ込める処方を採用。そのため、UV吸収剤が直接皮膚に触れてしまう心配がありません。

刺激を受けなくて済むようにガードしてくれるので、負担が少なく、デリケートな赤ちゃんにも優しい日焼け止めです。

摩擦による刺激・水に強い

ベビーボーンの日焼け止めは、汗っかきの赤ちゃんにも安心なウォータープルーフ処方。海やプールに行く場合でも安心して使うことができます。

さらに、お洋服やタオルによる摩擦が起きても落ちにくくなっています。こまめに汗を拭いてあげても、頻繁に塗り直してあげる必要が減るので便利な日焼け止めです。

ベビーソープや洗顔料で落とせる

ウォータープルーフでSPF50+、PA+++と効果の高い日焼け止めは、どうしても成分がお肌に残ってしまうイメージを持ちやすいです。しかし、ベビーボーンの日焼け止めは、ベビーソープや洗顔料で落とすことができます。

お肌をゴシゴシ擦って落とす必要が無いので、皮膚を傷つけずに洗い上げることができます。

無添加でナチュラルな日焼け止め

ベビーボーンの日焼け止めは、赤ちゃんへの安全性にこだわり、以下の成分を無添加で低刺激な製品へのこだわりをもっています。

  • 着色料
  • アルコール
  • シリコン
  • 合成香料
  • パラベン
  • 動物由来香料

ベビーボーンの日焼け止め詳細

ベビーボーン 日焼け止め
出典:mother-inc.jp

●商品名:ベビーボーン フェイス&ボディミルク サンスクリーン
●容量:30g
●税込価格:2916円

ベビーボーンの日焼け止めの口コミ

レビュー 評価

ベビーボーンの口コミ1

優しい使い心地で、伸びが良かったです。低刺激で日焼け止め独特の臭いがほとんどなく、(ラベンダーの香りはしますが)顔でも大丈夫でした。

ただ、容量が少ないので、大容量でお家用もあると良いかなと思いました。

ベビーボーンの口コミ2

わかってはいたものの、やはり小さくて驚きました。

持ち運びに良いといっても、そもそも持ち運びに困る大きさの日焼け止めってあるのかな…と疑問に感じました。

使い心地も香りも良いですが、コスパを考えたら使い続けるのは難しいです…。

ベビーボーンの口コミ3

クリームがサラサラしていてとてもつけ心地が良かったです。

量は少なめですが、日焼け止めのもちは良く感じました。

ベビーボーンの日焼け止めをチェックしてみよう

赤ちゃん

ベビーボーンの日焼け止めの口コミ評価を見ると、容量の少なさを惜しいと感じているママが多いよう。

お値段も特別お手頃なわけではないので、リピートするのは経済的に難しいという声が挙がっています。

ですが、使用感を気に入っているという声も挙がっているので、シーンに応じて上手に使うのが良さそうですね。

ベビーボーンは、注目の赤ちゃん向けブランドのひとつです。

新しい日焼け止めをお探しのママは、候補のひとつに入れてみてください。

当サイトでは、他にも様々な赤ちゃん日焼け止め比較総合10選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加