赤ちゃんの肌は日焼け止めの影響で荒れる?原因や対処法とは?

赤ちゃんの大切なお肌を守るために、日焼け止めを塗ってあげているママは多いですよね。でも、もしも日焼け止めを塗ることが原因で、赤ちゃんのお肌が荒れるようなことがあったら、どうすればいいのでしょう?今回は、赤ちゃんの肌が荒れる原因や対策方法をお伝えします!

赤ちゃんの肌が日焼け止めで荒れる原因とは?

赤ちゃん

赤ちゃんや子供は、屋外で遊んだり、外出するのが大好きですよね。その時に、将来の皮膚がんや肌の老化・シミ・シワの原因につながりかねない、紫外線対策を怠ってはいけません。

赤ちゃんの頃から浴びている紫外線は、長年かけてお肌に蓄積し、大人になってから悪影響が出ることもあるのです。

そんな可能性を少しでも避けるために、日焼け止めを塗って、紫外線対策をしているママは多いですよね。

しかし、良かれと思って塗っていた日焼け止めが原因で、赤ちゃんの肌が荒れるようなことが起きたとしたら?赤ちゃんの肌が荒れる原因とは、どのようなことが考えられるのでしょうか。

些細な刺激を受けて荒れる

赤ちゃんのお肌は、大人の肌の半分の厚さしかありません。さらに月齢の低い頃は、まだまだ肌のバリア機能が未熟なので、ほんの少しの刺激にも敏感に反応します。

日焼け止めに使われている様々な成分が刺激となり、肌が荒れることがあります。また、赤ちゃんに使うベビーソープは洗浄成分が弱いものが多いため、日焼け止めを塗ったあと落とすのが甘く、肌に残ったままになってしまうことがあります。

すると、日焼け止めにはオイル成分が含まれているものが多いので、油分が毛穴に詰まり、荒れることもあります。

赤ちゃんの肌は、大人にとってはほんの小さなことでも、荒れることがあるのです。

赤ちゃんの肌が日焼け止めで荒れると起こる症状は?

赤ちゃん 疑問 ?

日焼け止めが原因となって赤ちゃんの肌が荒れると、具体的にどのような症状が出るのでしょうか。

日焼け止めに含まれている成分が肌に合わないと、ブツブツとした湿疹のようなものが出たり、かゆがったりします。

また、日焼け止めに含まれている油分が毛穴に詰まると、ニキビのような吹き出物ができて荒れることもあります。

赤ちゃんの肌が日焼け止めで荒れることがないための対策法

ポイント

お肌に優しい日焼け止めを選ぶ

赤ちゃんのデリケートなお肌は、なるべなら日焼け止めで荒れるようなことは避けたいですよね。

大人の使う日焼け止めでは刺激が強すぎてしまうので、必ずベビー用の日焼け止めを選びましょう。

紫外線吸収剤不使用など、肌に優しい成分でできている日焼け止めを選ぶことをおすすめします!

※関連記事
赤ちゃん日焼け止め比較総合10選

簡単に洗い落とせる日焼け止めを選ぼう

赤ちゃんの肌に日焼け止めが残らないように、お湯や石鹸で簡単に落とせる日焼け止めを選ぶこともポイントです。

赤ちゃんの体を洗う際は、決して日焼け止めを落とそうとゴシゴシ強くこするようなことはせず、たっぷりと泡立てた石鹸とぬるま湯を使って、優しく洗ってあげてください。

新しく日焼け止めを使う場合は、事前に赤ちゃんの腕の内側を使って、パッチテストをして荒れるかどうかチェックしておくと安心です。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めお湯で落とせるおすすめ比較3選!

外出の時間帯を意識しよう

一日の中で、紫外線の強さは変化します。正午前後は紫外線が最も強くなるので、できるだけ外を歩くのは朝夕の時間帯を選ぶようにしましょう。

また、アスファルトは紫外線を反射します。アスファルトよりも芝生や土の上の方が紫外線を反射する割合が低くなるので、お出かけの際にアスファルトを避けることも効果的です。

紫外線対策ができる小物を上手に活用しよう

赤ちゃんに日焼け止めが使えない場合は、帽子をかぶったり、長袖・長ズボンやレッグウォーマーを履かせるなどして、なるべく肌の露出を控えて対策をとりましょう。

ベビーカーや車で移動する場合は、サンシェードを使って日差しから赤ちゃんを守ってあげることも効果的です。

赤ちゃんが日焼け止めで荒れることのないように注意しよう

赤ちゃん 夏

幼い頃に紫外線から受けたダメージで将来我が子が困らないように、幼少期から日焼け止めを塗って対策をしっかりおこないましょう。

赤ちゃんの肌が荒れることなく健康に育つように、ママはしっかりサポートしてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加