【ビオレ】親子で使える低刺激の日焼け止めの特徴や口コミとは?

スキンケアブランドとしても有名なビオレから、大人用だけではなく、親子で一緒に使えるお肌にやさしい日焼け止めが展開されていることを知っていますか?今回は、家族で紫外線対策ができるビオレの日焼け止めについて、特徴や効果・口コミをご紹介していきます!

ビオレの日焼け止めの特徴

赤ちゃん 顔

お肌にやさしい使い心地

ビオレの日焼け止めは、人間の素肌と同じ弱酸性でつくられています。

さらに、赤ちゃんのお肌に刺激となるような香料や着色料、アルコールはすべて無配合。

お肌のデリケートな赤ちゃんでも安心して使うことができます。

さらに、紫外線吸収剤が肌へ直接触れないように、小さなカプセルにUVカット成分が閉じ込められています。

そのため、お肌に刺激となる成分が肌へ浸透しないように

保湿成分配合

ビオレの日焼け止めには、保湿成分であるワセリンが配合されています。

そのため、お肌のうるおいを保ちながら日焼け止めを伸ばすことができます。

汗・水・こすれで落ちにくい

ビオレの日焼け止めの中でものびのびキッズミルクは、SPF50・PA++++と小さな子供が使える日焼け止めにしては、紫外線防止効果が高い日焼け止めです。

紫外線吸収剤が含まれたカプセル同士がくっつき合い、皮膚の細かい凹凸にもしっかり密着。

汗や水、こすれに負けないベールを作り出します。

水遊びのときや、汗をかくようなアウトドアのシーンなど、長時間お肌を守ってくれるのでおすすめです。

ビオレ UV のびのびキッズミルクの商品詳細

ビオレ UV のびのびキッズミルク
出典:www.amazon.co.jp

●容量:90g
●価格:オープン価格
●SPF50+/PA++++

ビオレ UV のびのびキッズミルクの口コミ評価

口コミ1

出かける前にササッと塗れるように、伸びのいいタイプを探していました。

その点では、普通の乳液タイプよりは良かったように思います。

肝心の日焼け止めの効果は、毎日炎天下で遊ぶ子供は何を塗っても焼けてしまうので、イマイチ分からずです…(笑)

口コミ2

じっとしていない子供につけるには、伸びが良くないとだめなのですが、これは伸びがいいのでつけやすいです。

毎日のことなので、それが一番ですね。

口コミ3

白くならないし、軽いし、スキントラブルも出ないので気に入っています。

惜しいと感じる所は、塗った後にテカテカすることです。塗った後に、UVパウダーで抑えています。

ビオレ UV マイルドケアミルクの商品詳細

ビオレ UV マイルドケアミルク
出典:www.amazon.co.jp

●容量:120ml
●価格:オープン価格
●SPF30 PA++

ビオレ UV マイルドケアミルクの口コミ評価

口コミ1

ちょっとしたお出かけくらいなら、これで良いと思います。夏の強い日差しには…足りないかな。

でもベタっとした不快感がないし、石鹸で落ちてるみたいだし、乾燥しすぎて肌がザラザラしたりしないので助かります。

日焼け止め特有の変な匂いもしないので、気軽に使えます。

口コミ2

アルコールフリーで気に入ってますが、後半になると水っぽくなってしまいます。よく振ってから使っているのですが…。

口コミ3

サラッとして使い心地は良いのですが、黒い服に触れると白くなってしまいます。

付ける時には服の工夫が必要なので、少し惜しく感じます。

※関連記事
赤ちゃん日焼け止め比較総合10選

ビオレの日焼け止めを使ってみよう

赤ちゃん ママ

ビオレの日焼け止めには、使用感や紫外線のガード力が異なる日焼け止めが2種類展開されています。

必要に応じて、使いやすいほうを選ぶのもおすすめです。

初めて使う前には必ずパッチテストをおこなって、お肌との相性を見ながら上手に使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加