赤ちゃんに日焼け止めはいらない?適切な紫外線対策とおすすめ日焼け止め

日差しが強くなると気になる日焼け。自分の顔や体に日焼け止めをつけながら、「赤ちゃんに日焼け止めはいらないのかな?」と感じたことはありませんか?ママ・パパが子供の頃は、「真っ黒に日焼けしているのが健康的でいい」という価値観が一般的でした。しかし最近では、自然環境の変化に伴い、赤ちゃんへの日焼け止めの使用がすすめられる傾向にあります。今回は、赤ちゃんの日焼け止めに関する疑問を解決していきましょう。

赤ちゃんに日焼け止めはいる?いらない?

クリームを塗られている赤ちゃん

赤ちゃんに日焼け止めはいるのか、いらないのか、判断するのはなかなか難しいですよね。

昔は「子供は、真っ黒に日焼けをしている方が健康的」、「日焼け止めなどいらない」というような風潮がありました。

最近では、ママ・パパ世代が赤ちゃんに日焼け止めを塗っていると、祖父母世代から「日焼け止めなんていらない、体に悪い」と批判されるケースもあるようです。

紫外線によるダメージと日焼け止めそのものによるダメージ、どちらが肌に悪いのか、板挟みになったように感じることもあるでしょう。

そもそも、「赤ちゃんにも日焼け止めを塗る必要がある」と言われ始めているのはなぜなのでしょうか?

赤ちゃんが紫外線を浴びすぎることによるリスクとは?

驚く赤ちゃん

「赤ちゃんに日焼け止めはいらない」という常識が変わったのは、紫外線量の増加が原因です。

近年、自然環境の悪化によるオゾン層破壊が原因で、地上に届く紫外線量が増加傾向にあります。このことから、親世代が子供だった頃に比べて、紫外線対策がより重視されるようになってきました。

WHO(※)による2009年の調査結果では、子供時代(18歳以下の時期)に紫外線を浴びすぎると、将来の皮膚がん発症リスクが高まるという結果が出ています。

また、体内に蓄積された紫外線のダメージが、大人になってから免疫力の低下やシミ・シワなどのかたちで表れるともいわれています(※1)。

日焼け止めの成分による肌への影響

一方、日焼け止め自体が肌の負担になるという理由から、赤ちゃんの日焼け止めはいらないという祖父母世代の主張も、まったくの見当違いとは言いきれません。

赤ちゃんの皮膚は大人の半分ほどの厚さしかなく、非常に敏感で刺激に弱い特徴があります。大人用の日焼け止めに含まれているような、刺激の強い成分が多い日焼け止めをけると、赤ちゃんの肌の負担になったり、肌荒れの原因となったりすることもあるでしょう。

特に、日焼け止め成分の一種である「紫外線吸収剤」や、テクスチャーをよくする「シリコン(ジメチコンなど)」、化粧品の肌への浸透をよくする「界面活性剤」などは、赤ちゃんの肌に使うには適していません。

日焼け止めなどいらないと言う人は、このような成分面でのリスクを理由としていることが一般的です。

赤ちゃん用日焼け止めの選び方は?

日焼け止めを塗った赤ちゃん

「赤ちゃんに日焼け止めを塗りたい、でも日焼け止めが原因で肌荒れさせてしまうのは嫌」という場合は、赤ちゃんでも使える、肌にやさしい成分の日焼け止めを選びましょう。ここでは、主なポイントを4つご紹介します。

「紫外線吸収剤不使用」の日焼け止め

日焼け止め成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して化学反応を起こし、熱エネルギーなどに変えて放出します。皮膚の上で化学反応が行われるため、肌への負担が大きいとされています。

「紫外線散乱剤」は、紫外線が皮膚に届く前に反射・ブロックします。化学成分による皮膚への負担は比較的小さい一方、肌が乾燥しやすいという特徴もあります。

赤ちゃんに使う日焼け止めは、「紫外線散乱剤」タイプを選ぶといいでしょう。

「お湯で落とせる」日焼け止め

日焼け止めの成分が落としきれず、肌に残ってしまうと、肌荒れの原因になります。赤ちゃん用の日焼け止めは、「お湯で落とせる」「石けんで落とせる」タイプを選びましょう。

海水浴や屋外プールなど、特別な必要がない限り、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは使わないほうがいいでしょう。

「SPF/PA」が低い日焼け止め

日焼け止めの効果の指標となる「SPF」と「PA」。紫外線ブロック効果が高いほど、肌への負担は大きくなります。

赤ちゃん用の日焼け止めは、SPF10~20、PA+~++程度が安全です。

新陳代謝の活発な赤ちゃんは、汗や皮脂の影響で日焼け止めが落ちやすく、時間がたつにつれて日焼け止めそのものも劣化しますので、効果を維持するには2~3時間おきに塗り直しをしましょう。

アレルギーの有無をチェック

国内でも定番化しつつある、オーガニック系日焼け止め。

「日焼け止めは絶対いらないとも言いきれないけど、なるべく肌にやさしいものを」と考えるママ・パパから支持されています。

オーガニック系日焼け止めに関してひとつ気を付けなくてはいけないのが、天然成分へのアレルギーの有無。

いくら肌にやさしい日焼け止めでも、体質に合わないために肌荒れを起こしてしまっては使えませんよね。

日焼け止めの成分表示を確認し、赤ちゃんがアレルギーを持っている植物などが含まれていないか、チェックしましょう。

赤ちゃん用日焼け止め おすすめ5選

乳液と女性の手

ここでは、赤ちゃんでも使える、おすすめの日焼け止めをご紹介します。

1.アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

●容量:80ml
●税込価格:2350円
●SPF15、PA++

紫外線散乱剤使用。100%天然成分配合で、赤ちゃんがなめても安心な日焼け止めです。

1本で日焼け止めと虫除けができるタイプなので、キャンプやBBQなど、夏のアウトドアで遊ぶときにもおすすめ。

国内の工場で作られていて、生産過程の安全性が保証されている点も嬉しいですね。

2. パックスベビー UVクリーム

パックスベビー UVクリーム

出典: www.taiyo-service.co.jp

●容量:30g
●本体価格:600円
●SPF17、PA+

敏感肌向けのスキンケアブランドとして有名な「松山油脂」のベビーライン、「パックスベビー」。

紫外線散乱剤使用。成分のシンプルさも、肌へのやさしさのポイントです。マカダミアナッツ油やカミツレエキスなど、肌にやさしく保湿する成分入りで、乾燥しやすさを解消しています。

小さくて持ち運びやすいので、出先でもすぐに塗りなおしてあげられますね。

3.ピジョン UVウォーターミルク

ピジョン UVウォーターミルク

出典:www.amazon.co.jp

●容量:60g
●本体価格:オープン価格
●SPF15、PA++

赤ちゃん用品で知られる「ピジョン」の日焼け止め。

有機系紫外線吸収剤不使用・無着色・無香料で、0ヶ月の赤ちゃんでも使うことができます。

ヒアルロン酸やセラミドを配合し、保湿力の高い、さらっとしたテクスチャーが特徴です。

4.アトピタ 保湿UVクリーム

アトピタ 保湿UVクリーム

出典:www.amazon.co.jp

●容量:30g
●本体価格:850円
●SPF29、PA++

ベビークリームでも有名な、アトピタから出ている日焼け止めです。

紫外線散乱剤使用。無香料・無着色・無鉱物油・ノンアルコール・パラベンフリーの安心処方です。

シリコン(ジメチコン)が配合されているので、小さな赤ちゃんの肌には負担が大きいかも知れません。生後6カ月を過ぎてから使うようにしましょう。

5.ヴェレダ エーデルワイスUVプロテクト

ヴェレダ エーデルワイスUVプロテクト

出典:www.weleda.jp

●容量:50g
●本体価格:2300円
●SPF38、PA++

人気の海外オーガニックコスメブランド「ヴェレダ」の日焼け止め。日本限定発売です。

2018年よりリニューアルし、SPFがアップ。紫外線散乱剤使用の点は変わりありません。

生後1カ月の赤ちゃんから使用可能。いい香りがすると好評で、日焼け止め独特の匂いが苦手なママにもおすすめです。

※関連記事▶赤ちゃんの日焼け止めを徹底比較!赤ちゃん日焼け止め比較総合11選

日焼け止め「いらない派」の紫外線対策は?

「赤ちゃんに日焼け止めはいらない」というママ・パパは、どのような紫外線対策をしているのでしょうか?ここでは、日焼け止め以外の紫外線対策方法をご紹介します。

帽子を被る赤ちゃん

紫外線量の多い時間帯の外出を避ける

お出かけの時間を工夫することも、立派な紫外線対策。1日のうちで特に日差しが強い10時~14時頃のお散歩は、できるだけ避けるようにしましょう。

また、なるべく日陰を選んで歩く、ベビーカーならサンシェードを使用するなど、小さな工夫で日焼けを防ぐことができます。

帽子や服でUVカット

特別暑い時期を除いて、通気性のいい長袖・長ズボンで肌の露出を減らすのもおすすめです。

UVカット素材の服ならさらに効果的でしょう。

つばの大きい帽子や、首を保護する「たれ」付きの帽子をかぶると、顔まわりの日焼けを防ぐことができますよ。

赤ちゃんの日焼け止め:「いる派」も「いらない派」も紫外線対策はしっかりと!

青空と太陽

紫外線量の増えた現代では、子供の頃の日焼け対策が昔よりも重要視されるようになってきました。

「まだ小さいから日焼け止めはいらないだろう」と思いがちですが、油断せずに日焼け対策を意識しましょう。

日焼け止めを使わない場合は、着るものやお出かけの時間帯などを工夫して、赤ちゃんの肌が紫外線にさらされるリスクを減らしてあげてくださいね。

※参考文献:WHO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加