赤ちゃんの将来の皮膚がんリスクは紫外線が関係している?

赤ちゃんにもしっかり日焼け対策をしていないと、皮膚がんになる可能性が高まることを知っていましたか?昔は「子供は日焼けをしていたほうが健康的だ」と言われていましたが、上手に紫外線と付き合いたいもの。今回は、赤ちゃんと皮膚がんのリスクについてご紹介します。

赤ちゃんの皮膚がんの原因とは?

赤ちゃん

太陽の光をたくさん浴びると、人間のお肌は急激にダメージを受けます。

皮膚の最下層にあるメラノサイトという色素細胞がメラニン色素を作り出して、紫外線を吸収し、赤ちゃんの日焼けへと繋がります。

日焼けによる皮膚がんのリスクについて

「赤ちゃんだから、まだ大丈夫」と言って、日焼けを放っておくのは大変危険です。

一生に浴びる紫外線の半分以上は、18歳までに浴びると言われています。

幼い頃から太陽の光を浴びすぎていると、それが原因で将来皮膚がんになる可能性が上がります。

また、沖縄では紫外線の量が多いため、皮膚がんの発生リスクが本州に比べて、3倍~4倍も多くなっています。

赤ちゃんはまだ自分で紫外線対策を気を付けることは難しいので、周りの大人が肌を守るように注意しましょう。

※関連記事
赤ちゃんに日焼け止めがいらないのは嘘?必要な理由とは?

赤ちゃんの皮膚がん予防に紫外線対策は何をすればいい?

紫外線

帽子をかぶるのはもちろん、赤ちゃんにも日焼け止めクリームを塗って、紫外線対策をしましょう。

月齢の低い頃から日焼けに気を付ければ、赤ちゃんが大人になったときの皮膚がんリスクを低下させることができます。

夏だけではなく、春~秋までは紫外線の量が多いので、日焼け止めは1年中毎日塗ると効果的です。

日焼けの刺激による症状を予防し、皮膚がんになるリスクを減らせるようにしましょう。

赤ちゃん用の日焼け止め選びのポイント

できるだけ天然成分でつくられていて、赤ちゃんのお肌に優しい低刺激の日焼け止めを使いましょう。

最近では、赤ちゃん用として発売されている日焼け止めも多いので、ベビースキンケアブランドの製品から選ぶのもおすすめです。

また、どんなに口コミ評価が高くても、肌との相性には個人差があります。

初めて使う日焼け止めの場合は、全身に伸ばす前に必ずパッチテストをおこなってください。

お肌との相性をチェックすることで、肌トラブルを未然に回避することができます。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めを徹底比較!赤ちゃん日焼け止め比較総合10選
赤ちゃんの日焼け止めはパッチテストが必須!正しい方法は?

赤ちゃんの皮膚がんリスクを紫外線対策をして減らそう

ママ 屋外

赤ちゃんの皮膚がんリスクを下げるために、取り入れられる対策方法は工夫して積極的に取り入れましょう。

日焼け止めを塗る以外にも、紫外線の強い時間帯の外出をなるべく控えたり、夏場も肌の露出に気を付けるなども効果的です。

挑戦しやすい方法で、上手に対策して皮膚がんリスクを減らしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加