ママアンドキッズの日焼け止め口コミ! 赤ちゃんにはいつから使える?

皮膚科専門医の協力のもとに開発された、ママアンドキッズのスキンケアシリーズ。デリケートな肌のために作られているので、安心して使えるのが嬉しいですね。育児雑誌5誌で口コミランキング1位を獲得するなど、人気の高さもうかがえます。今回は、気になるママアンドキッズの日焼け止めについてご紹介します。

ママアンドキッズってどんなブランド?

ママと赤ちゃん

ママアンドキッズは、「家族みんなで使える低刺激スキンケア」をキーワードに、子供や敏感肌のためのスキンケア商品を展開するブランドです。

特徴は、皮膚科専門医の協力のもとで開発していること。低刺激にこだわり、必要な成分だけを配合、アレルギーテストを行うなど、品質や安全性への意識も高いようです。大切な赤ちゃんの肌にやさしいスキンケアをしたいママに人気なのもうなずけますね。

ママアンドキッズからは、赤ちゃん用のボディーローションや日焼け止めをはじめ、妊娠中のママ向けのマタニティーケア商品も発売されています。

ママアンドキッズの日焼け止め情報!成分は?

UVと書かれた女性の腕と海

ママアンドキッズの日焼け止めは、現在3種類発売されています。

大きな違いはSPFの数値。普段使いやレジャー用など、シチュエーションによってぴったりな日焼け止めを選ぶことができるようになっています。

ママアンドキッズ UVライトベール

ママアンドキッズ UVライトベール

出典:www.amazon.co.jp

・90ml/2,592円(税込)

・SPF23 PA++

ママアンドキッズ サンスクリーンミルク(日焼け止め用乳液)

ママアンドキッズ サンスクリーンミルク

出典:www.amazon.co.jp

・55g/2,592円(税込)

・SPF32 PA+++

ママアンドキッズ パーフェクトサンスクリーン(ウォータープルーフ)

ママアンドキッズ パーフェクトサンスクリーン

出典:www.amazon.co.jp

・42ml/2,828円(税込)

・SPF50+ PA++++

気になる成分はどうでしょうか?

赤ちゃんや敏感肌の人にやさしい成分を配合し、石油系界面活性剤やパラベンなどの成分を含まない点は、どの日焼け止めにも共通しているようです。

赤ちゃん向け日焼け止めとして特に人気の「UVライトベール」は、3種類の中で最も低刺激な成分処方になっており、石けんで落とせるのが特徴。

日焼け止めを塗ると乾燥が気になる場合もありますが、ママアンドキッズの日焼け止めには植物性エキスやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分も含まれているため、乾燥による肌バリア機能の低下を防ぐことができます。

※関連記事
赤ちゃんの日焼け止めを徹底比較!赤ちゃん日焼け止め比較総合11選

ママアンドキッズの日焼け止めは、紫外線吸収剤を特殊加工

人差し指と電球マーク

ママアンドキッズの日焼け止めについて話題になっているのが、「カプセルインUVシールド処方」。赤ちゃんの肌に使う日焼け止めとして、どんなメリットがあるのでしょうか?

日焼け止めには、紫外線吸収剤を使っているものと、紫外線散乱剤を使っているものがあります。

紫外線吸収剤は、紫外線を取り込み化学反応を起こして、赤外線や熱などに変換します。化学反応の際の熱や、化学反応自体が肌への刺激となるため、一般的に敏感肌の人や赤ちゃんは、紫外線吸収剤を成分に含まない日焼け止めを使うことが望ましいとされています。

ママアンドキッズの日焼け止めは、この紫外線吸収剤をカプセルで包み、肌に直接触れない状態にしています。そのため、紫外線吸収剤系の日焼け止めにありがちな肌刺激が軽減され、かつ紫外線散乱剤にありがちな乾燥を防ぐことができるのです。

この技術はまだ新しいので、「本当に肌に優しいの?」と心配になるママもいるかもしれませんが、理論上は従来のものよりも刺激を抑えた成分処方になっていると考えていいでしょう。

ただし、人によっては特定の成分に対してアレルギー症状を示すこともありますので、サンプルやテスターで試してから使うと安心でしょう。

ママアンドキッズの日焼け止めはいつから使える?

シマウマとクエスチョンマーク

ママアンドキッズの日焼け止めは、いつから使っていいのでしょうか?

ママアンドキッズを展開するナチュラルサイエンス社の公式サイトによると、ママアンドキッズの日焼け止めは生後すぐに使えるということです。

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚の約半分の薄さであることや、子供の頃に過度の紫外線に露出することが将来的な皮膚病のリスクを増大させることを考えると、紫外線対策はきちんと行ってあげたいところ。

ただし、あまりに月齢の低い赤ちゃんには、日焼け止め以外の紫外線対策を行う方がよいとする説もあります。アメリカの政府機関であるFDA(アメリカ食品医薬品局)は、月齢6カ月以下の赤ちゃんに対しては、洋服などによる紫外線対策を行い、日焼け止めを塗る前には医師への相談が望ましいとしています(※)。

赤ちゃんの年齢に合わせて、適切な日焼け止めの使い方をしたいですね。

ママアンドキッズの日焼け止めの口コミ評価は?

赤ちゃんの顔に日焼け止めを塗るママ

ママアンドキッズの日焼け止めの口コミはどうでしょうか?

今回は、「ママアンドキッズ UVライトベール」を対象に、口コミサイトやオンラインショッピングサイトなど、公式サイト以外に掲載されている口コミをチェックしてみました。

高評価の口コミ

・全然ベタつかないので、子供を抱っこした時にお互いベタベタして嫌だな……ということにもならず、オススメです。

・乳液のようで塗りやすく、白くならないので重宝していました。

・塗りやすくて、肌がしっとり保湿されます。

・6ヶ月の息子はアトピーの疑いありで皮膚科のお世話にもなっていますが、こちらを塗っても特に荒れたことはありません。

・娘が赤ちゃんの頃から、ずっとリピートしています。

低評価の口コミ

・子供の顔に塗った時、日焼け止めが目に入ってしまったのか、子どもが大変目を痛がりました。

・ものの10分で1歳の娘の腕が赤くなり、あわてて2度塗りしましたが、1日でしっかり焼けてしまいました。

・匂いがきついです。

口コミまとめ

高評価の口コミは、塗りやすくて白浮きしない、保湿効果があって肌が潤う、肌荒れしないなどの理由がメイン、低評価の口コミは、目にしみる、SPF値が低いので焼けやすい、などの理由がメインでした。

「ママアンドキッズ UVライトベール」はサンプルもあるようですので、現品を買う前に使用感を試してみてもいいですね。

ママアンドキッズの日焼け止めで、赤ちゃんの紫外線対策は完璧!

赤ちゃんを高い高いするママ

ママアンドキッズの日焼け止めについて、ご説明しました。

赤ちゃんのデリケートな肌を考えて作られているので、ママにとっては嬉しいですね。新技術を使った紫外線吸収剤が成分に含まれているのも面白いポイントではないでしょうか。

敏感肌の人からの好意的な口コミも多く、家族そろって使える日焼け止めのようです。

アカチャンホンポやイオンなどの店舗での扱いもあるようですので、近くに取扱店があれば、テスターで試してみてもいいでしょう。

大切な赤ちゃんにぴったりの日焼け止めが見つかるといいですね。

※参考文献:FDA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加