赤ちゃんの日焼け止めドラッグストア・薬局で買える市販のおすすめ9選!

赤ちゃんに使う日焼け止めは、安全性や肌への優しさにこだわりたいもの。でも、市販のドラッグストアや薬局で購入できるプチプラ品だと、なおうれしいですよね。そこで今回は、ドラッグストア・薬局で手軽に購入可能な、赤ちゃんの日焼け止めをご紹介します!

赤ちゃんにも日焼け止めを塗ろう!

塗ってもらった日焼け止めを見ている赤ちゃん

ママやパパが子供の頃は、「日焼け=健康の証」と言われていたかもしれません。

しかし、昨今はオゾン層の破壊により、紫外線の量が年々多くなっています。

赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟なため、ちょっとした外部刺激にも赤みや肌荒れを起こしてしまいますが、紫外線もそのひとつ。

大人には問題ない日焼けも、赤ちゃんにとってはヤケドと同じようなもの。

紫外線ダメージをダイレクトに受けてしまうため、赤ちゃんの頃から紫外線対策をおこなう必要があるのです。

また、小さい頃から紫外線を多く浴びるとダメージが蓄積され、大人になってからシミやシワなどが現れます。

さらに、皮膚がんや白内障を起こす可能性もあるため、赤ちゃんの頃から日焼け止めを塗り、紫外線対策をおこないましょう。

赤ちゃんに使用する日焼け止めの選び方

日焼け止めとサングラスと帽子

紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)の日焼け止め

赤ちゃんには、紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)の日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

紫外線吸収剤は、化学的な仕組みによってエネルギーを吸収し、熱エネルギーに変換して紫外線を予防します。

この熱エネルギーに変換する際、赤ちゃんの未熟な肌に刺激となる恐れがあるため、紫外線吸収剤は避けるのがよいとされているのです。

低刺激性の日焼け止め

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。せっかく紫外線の脅威から肌を守るのに、日焼け止めを塗って肌荒れを起こしてしまっては、意味がありません。

無香料や無着色、アルコールフリーの日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

「赤ちゃん用」「低刺激性」と表記されている日焼け止めを参考にするとよいでしょう。

赤ちゃん用の日焼け止めは、お湯や石けんで落とせるタイプが多く、専用クレンジングが必要ないので、簡単に洗い流せます。

また、天然由来やオーガニック成分、保湿成分を配合した日焼け止めを選ぶのもおすすめです。

塗りやすいテクスチャーの日焼け止め

じっとしていられない赤ちゃんには、伸びがよく塗りやすい日焼け止めを選ぶのがおすすめ。

柔らかいテクスチャーの日焼け止めは、赤ちゃんの全身に塗りやすく、塗り直しも簡単です。

ドラッグストアや薬局で購入できる日焼け止めは、テスターができる場合も多いので、ベタつきや白浮きの確認ができますよ。

赤ちゃんの日焼け止めはSPFとPAに注目しよう

人差し指と!マーク

日焼け止めに表記されている「SPF」と「PA」。それぞれの意味を知り、上手に日焼け止めを活用しましょう。

普段の日常使用と、レジャー用の日焼け止めをそれぞれ用意しておくと、効率的に紫外線ブロックができますよ。

また、日焼け止め効果を保つために、2~3時間おきに塗り直すのがベスト。

しかし、赤ちゃんは汗っかきなため、汗を拭いたりタオルで拭き取ったりしたら、その都度塗り直してください。

SPFとは

肌表面を赤く炎症させる原因となるUVB(紫外線B派)の、防止効果を表す目安の数値です。

数値は、「日焼け止めを塗ると、何も日焼け止めを塗っていないときと比べて、何倍遅らせることができるか」という意味。

SPF1=約20分、UVBを防止すると考えられているため、例えばSPF30の日焼け止めは、素肌のときと比べて、30倍の紫外線防止効果があるということです。

「20分×30=400分」。つまりSPF30の日焼け止めで、10時間の紫外線防止が可能となります。

しかし、紫外線を浴びてから日焼けをするまでにかかる時間は、個人差があり、必ず防げるものではないということを意識しましょう。

赤ちゃんの日焼け止めのおすすめのSPF値は?

SPF値が高くなるほど日焼け止めをブロックできますが、その分、肌への負担も大きくなります。

デリケートな赤ちゃんの普段使いの日焼け止めであれば、SPF10~20程度で、充分紫外線を防ぐことができます。

PAとは?

クエスチョンマーク ?

肌の奥深くの真皮層にまで届き、将来のシミやしわの発生に大きく関わるUVA(紫外線A波)の、防止効果を表す目安の指数です。

PA値の指数は、以下の4段階となっています。

  • PA++++(極めて高い効果がある)
  • PA+++(非常に効果がある)
  • PA++(かなり効果がある)
  • PA+(効果がある)

赤ちゃんの日焼け止めのおすすめのPAは?

SPF同様、指数が高くなるほどUVAをブロックできますが、日常使いであればPA+~++で充分。

なお、UVAは雲や窓ガラスも通り抜けます。晴れている日や天気がよく窓越しにいるときも、できれば日焼け止めを塗るのがよいでしょう。

ドラッグストア・薬局で買える!赤ちゃんの日焼け止めおすすめ9選

気軽に試せて購入できる、ドラッグストア・薬局のおすすめ日焼け止めをご紹介!赤ちゃんに使用する前は、必ずパッチテストをおこなってくださいね。

1.和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用

和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用
出典:www.amazon.co.jp

●容量:30g
●税込価格:702円
●SPF/PA:SPF21/PA++

100年以上の歴史を誇る「和光堂」スキンケアシリーズの日焼け止めです。

赤ちゃんの肌のことを考えて、水分と油分のバランスに着目。

水溶性の保湿成分とうるおい脂質成分を配合し、肌のうるおいを守りながら、紫外線をブロックします。

紫外線吸収剤不使用。白浮きしにくく、石けんで落とせる日焼け止めです。

マツモトキヨシなどで、購入可能。

2.ニベアサン プロテクトウォータージェル 子ども用

ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用
出典:www.amazon.co.jp

●容量:120g
●参考価格:734円
●SPF/PA:SPF28/PA++

青缶で有名「ニベア」の赤ちゃんにも使える日焼け止めは、石けんで落とせます。コスパのよい日焼け止めですよ。

じっとしていられない赤ちゃんにもサッと塗れるジェル状。ベタつかず白浮きもしません。

日焼け止めにありがちな乾燥を防ぐため、うるおい成分のヒアルロン酸と天然ユーカリエキスを配合。

「ポンプ式だと子どもが遊んでしまう」の声に答え、片手で使えるキャンプ式を採用しました。

こちらの日焼け止めには、紫外線吸収剤が含まれています。赤ちゃんの様子を見ながら使用しましょう。

全国のドラッグストアや薬局で、購入可能です。

3.丹平製薬 アトピタ 保湿UVクリーム

丹平製薬 アトピタ 保湿UVクリーム
出典:www.amazon.co.jp

●容量:30g
●税込価格:918円
●SPF/PA:SPF29/PA++

「アトピタ」の日焼け止めは、ウォーターベース処方でみずみずしく、なめらかな使い心地。

紫外線吸収剤フリー、無香料、無着色、無鉱物油など、赤ちゃんへの優しさは抜群。

うるおい補正成分が肌に水分を補給し、天然ヨモギエキスが保湿をおこないます。

アレルギーテスト済。石けんで洗い落とせます。全国のドラッグストア・薬局で、購入可能です。

4.ピジョン UVベビーウォーターミルク

ピジョン UVベビーウォーターミルク
出典:www.pigeon.co.jp

●容量:60g
●参考価格:811円
●SPF/PA:SPF15/PA++

さまざまなベビー用品を取り扱う「ピジョン」の日焼け止め。

スーッと伸びる乳液タイプ。白残りしにくく、UVカットをしながらスキンケアもおこないます。

有機系紫外線吸収剤、香料、着色料は含まれていません。

皮膚科医による、皮膚の刺激性テスト実施済み。全国のドラッグストア・薬局で購入できます。

5.キュレル UVエッセンス

キュレル UVエッセンス
出典:www.amazon.co.jp

●容量:50g
●参考価格:1,620円
●SPF/PA:SPF30/PA+++

乾燥性敏感肌向けブランド「キュレル」の日焼け止めは、赤ちゃんもOK。家族で安心して使えておすすめです。

セラミドケアをしながら、紫外線の脅威から肌を守ります。うるおい成分や有効成分も配合。

みずみずしく軽い付け心地のエッセンスタイプ。顔や全身に伸ばしやすく、サラッと肌になじみます。

紫外線吸収剤フリー、アルコールフリー、無香料、無着色。白浮きしにくい日焼け止め。

ドラッグストアのクリエイトや、マツモトキヨシ、ココカラファインなどで購入できます。

6.ロート ベビーセバメド UVミルク

ロート ベビーセバメド UVミルク
出典:www.shop.rohto.co.jp

●容量:28ml
●税込価格:1,080円
●SPF/PA:SPF16/PA++

皮膚科学の研究に基づいて開発されたスキンケアブランド「ロート」ベビーセバメドの日焼け止め。

紫外線吸収剤フリー、アルコールフリーで、弱酸性。赤ちゃんにも安心して使用できますね。

SPF16と低い数値のため、家の近くを散歩するときに使用するのがおすすめ。

石けんで簡単に落とせますよ。ドラッグストアのココカラファインなどで、購入可能です。

7.マミー UVマイルドジェルN

マミー UVマイルドジェルN
出典:www.amazon.co.jp

●容量:100g
●税込価格:972円
●SPF/PA:SPF33/PA+++

食品成分90%「マミー」の日焼け止めジェル。クマのシルエットボトルが可愛らしいですね。

アロエエキスやホホバオイルなど、うるおい成分を配合しているので、キシみません。

赤ちゃんや子どもに優しい使い心地の低刺激性。ポンプ式で使いやすいさも◎。

こちらの日焼け止めには、紫外線吸収剤が含まれています。肌の弱い赤ちゃんは、様子を見ながら使用しましょう。

石けんで洗い流せます。全国のドラッグストアで購入可能です。

8.ユースキンS UVミルク

ユースキンS UVミルク
出典:www.amazon.co.jp

●容量:40g
●参考価格:1,000円
●SPF/PA:SPF25/PA++

「ユースキンS」の日焼け止めは、うるおい成分のシソの葉エキスを配合。

パッケージにデザインされたミッフィーが可愛らしいですね。

紫外線吸収剤不使用、無香料、無着色の低刺激で、赤ちゃんにも優しい弱酸性です。

持ち運びに便利な小容量。落とすときは、石けんを使用してくださいね。

クリエイトなどのドラッグストアにて購入可能です。

9.ロート メンソレータム サンプレイ ベビーミルク

ロート メンソレータム サンプレイ ベビーミルク
出典:www.amazon.co.jp

●容量:30g
●税込価格:756円
●SPF/PA:SPF34/PA+++

ドラッグストアや、薬局で見かけるママ・パパも多いのではないでしょうか?

ころんとした形の黄色のフタが特徴「ロート メンソレータム」の日焼け止めです。

赤ちゃんにも安心して使えるノンケミカル処方。無香料、無着色です。

日焼け止め独特の匂いもなく、気持ちよく使える点は、赤ちゃんに使う上で重要なポイント。

ウォータープルーフタイプなので、海やレジャー時におすすめです。

全国の薬局・ドラッグストアで購入可能。

赤ちゃんに塗った日焼け止めの落とし方

泡まみれになってこちらを見る赤ちゃん

赤ちゃんに日焼け止めを塗ったら、その日のうちに洗い落として、肌トラブルを未然に防ぎましょう。

赤ちゃんの日焼け止めの多くは、専用クレンジング不要です。普段使っているベビー石けんや、ベビーソープ、中にはお湯で洗い落とせます。

たっぷりのモコモコ泡で優しく撫でるように洗ってください。顔や首まわりも忘れずに。

すすぎ残しに注意して、お風呂上がりには保湿ケアをおこない、赤ちゃんの肌を乾燥から守りましょう。

ドラッグストア・薬局で買える赤ちゃんの日焼け止めで紫外線ブロックをしよう

赤ちゃんの脚に日焼け止めを塗っている様子

赤ちゃんの日焼け止めは、できるだけ肌に優しいものを使いたいですよね。

ドラッグストアや薬局で販売している市販の日焼け止めは、比較的お求めやすいので、気軽に試せるのがポイント。

また、購入しやすく試しやすいだけではなく、しっかりと成分にもこだわっています。

今回紹介した日焼け止めを参考にして、赤ちゃんの肌に合う商品を見つけてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加